ホントに良い湯は、犬にも効く
なんだか、変わったお宿だなのよ。
b0067012_226538.jpg


お部屋と本館は離れてるし。でも、旅館の「離れ」ちう感じでもないし。ワンちゃんグッズはないし。あげく、
b0067012_2263744.jpg

後ろの山から、どんどん荷物担いだ人は降りてくるし。 でかい山だなのよ。 なんて言うのかしら。
飽きたコマ? はい? なんすか、その、コマは。    もー1度・・・・    
あ、秋田駒。駒ヶ岳ちう山なんですね。 へぇ~。

!!    も、もしかして、マリちゃん、これ登るなの?

(この登山口からは取り付きが長いのと、楽に登れる北側・八合目は車両規制があってめんどくさいので、
今回は、登りません)

あ、そ。そりは良かったなのよ。じゃ、安心して、中のご紹介ね。
b0067012_227253.jpg

ベッドルーム。 ちっちゃめだが寝心地ヨシ。 布団もふっくらしてます。(見てたら客が出たあと、すぐ干してました)
b0067012_2272610.jpg

意外に小洒落た、椅子とテーブル。 この他に、台所と改装したばかりのトイレと和室6畳で、ロッジ貸し切り。
何名様でも可。

最大、10名様まで泊まれるそうです。 ただ、ワン連れで10名様は、ムリかな~と。
犬の合宿みたいにひしめき合うこと、必至。
ちなみにここ、部屋のカギはございません。 どの部屋もないもよう。硫黄で錆びちゃうからではないか、と。
このあと、実感することが。。。


ま、おいといて。 そりでは、本館の方の案内に行くかな。 ここ、不思議な温泉だって聞いたなのよね。
b0067012_2292457.jpg

はい、こちらが、人間用(ホントにそう書いてある)の露天でございま~す。 
山宿・湯治場のお約束、露天は混浴です。
つい最近、脱衣所が男女別になりました。でも、「脱衣所 女」はかいてあるけど、「男」が書いてありません。
風呂の反対側にあるのは、行けば分かるんだけど、どこで脱いだらいいのか、男性が彷徨ってました。
こんな山奥まで来て律儀だなのよ。

この、壁板を挟んで、こちらが女性、むこうが男性更衣コーナーね。はっきり言って、向こうは丸見え。誰も気にしないようです。              
b0067012_2294538.jpg

このお湯。 みょーな色でしょう? お湯に溶け込んだ藻が、陽の光に当たると光合成を起こして、緑色になるんですと。
曇りの時は、濁った黄色なんだけど、晴れると色が変わるなのよ~ それはそれはビックリなのよ。

どれくらいの緑かっちうと、その、直ぐ下の岩盤をご覧下さいまし。
b0067012_2210682.jpg

こんな色でございます。硫黄の色だか藻の色だか、すげぇ緑・・・・・・ 知らないとペンキ撒き散らしたかと思っちゃう。

その露天風呂を見下ろすように、内湯の建物。     廃墟ではない。   ・・・・・・・・・似てるけど。
b0067012_22103744.jpg

そりでは、建物の中 行きましょうかね、中。 これがまた、変わってるなのよ~。


ほら。
b0067012_2211828.jpg

緑色の湯に、桜の花びらか雪みたいなのがいっぱい。   これ全部、湯ノ花です。

二時間ほども誰も入らないと、湯ノ花でお湯の表面が、カピカピになって、氷が張ったみたいになります。
b0067012_22113665.jpg

ちゃぱちゃぱ~って揺らすと、消えます。 んでまた、すぐ寄ってきます。 懐っこいなのよ。

さて、外に出るかな。

ここはね~、お山の冷たい水がいっぱい湧いてるし、自家発電だしで、瓶や缶はこんなんなってます。
b0067012_22163398.jpg


こちらも。
b0067012_2217115.jpg


よう冷えてまっせ~068.gif

さぞかし、ビールも旨かろう。


そして、ビールのお供に・・・・
b0067012_22121314.jpg


この方々が、佃煮にするのかっちうくらい、いる。
b0067012_22123556.jpg

ごちそう。

いや・・・・ イワナです。。
数時間後には、
b0067012_22142039.jpg

 このような姿で再会いたしました。 改めましてこんばんは。

んじゃ、いよいよ、今回の湯治の本命に行くかな。

こちら森山荘のワン風呂は、どこぞの「ワンちゃんもお風呂に入れます♪ 日頃の疲れを癒してね。でも皮膚病のワンちゃんははいらないで♪」なぁんて言う、おいっそれじゃ温泉の意味がないだろっただのお湯かっ的な、なんちゃって温泉とは違い、慢性皮膚病のワンちゃんもどんどん入って治してね~な本格派です。ワンだけでなく、ウサさんもフェレットさんも来ているようです。。。。
b0067012_22144453.jpg

ちっこい方は、ちょぺっと風呂。  ? 何の造語だ?   とにかくダックス・シーズーサイズ。
b0067012_22151197.jpg

でっかい方は。。。。 ま、入れりゃラブだろうがバーニーズだろうが、誰だって良いんだろうけど、かなりゆったり。

驚いたことに、犬と一緒におっさん2人が入っている写真も飾ってありました。「ヒト禁」じゃないんだ。 
おおらかっちうか。。。。
b0067012_22154042.jpg

着いた早々だったので、こちらにマリちゃんをぶち込む余力なし。 マリちゃん的には、覚悟を決めてたみたいだったけど。


風呂周り、俯瞰図。
b0067012_2216198.jpg

良くできた箱庭みたい。 きっと、みんな、手作りなんだろうなぁ。

今日一日は、良く晴れました(ホッ) マリちゃん旅行では、滅多にないことでございます。
b0067012_22175829.jpg

さ、じゃあご飯が終わったら、ゆっくりお風呂に入ろうか。それまで天気が持つと良いねぇ。



なんちってね。
b0067012_22183897.jpg

そんなはずはないのであった。

夕食の最中から、土砂降り(涙)。
だめだ〜今日は入れられない。諦めよう。と言ってたら、宿のご主人が、言いました。
「せっかく連れて来たんだから、入れてあげたら〜? パラソル、あるよ」

雨の中、巨大なパラソルを差しながらの露天風呂。。。。  なかなか、オツなものでしてよ(自棄)。


そして、ここで、ゲスト登場。
b0067012_2219399.jpg

東北までワン湯治に行くうちもアホだが、ここのご一行も相当なアホだと思う。

600キロ走って、この方々も湯治に来たのであろうか。 今もってナゾ。

                 
でも、ここから真の東北珍道中が始まるのでございました。。。。。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ 当然、つづく。 ガンバルなのよ。

by degipochi | 2009-08-06 22:12 | 国見温泉


<< 凛々しさと、情けなさと 爆走!! 569キロメートル。 >>