旅行は準備に始まり・・・
かのクンレン合宿の前夜。 他の皆さまはおそらく旅の準備もおわり、すやすやと安らかな眠りについたであろう頃。。。。
b0067012_23553751.jpg

ひめポチ家はまだ仕事も終わらず、当然なんの準備も出来ず、アレックス君が遊びに来てたりするのであった。



b0067012_23581471.jpg

ペット里親会さんから来たアレックス君は、ちょうど一歳。ちっちゃいころからマリちゃんと親しく、ま、甥っ子みたいなもんである。
マリちゃんの使わなくなったオモチャを譲って貰ったり、その辺に放置してあった「現マリちゃんのオモチャ」を、自分で「こんなの見つけちゃった♪」と持って帰ったり、なにくれと・・・大目に見て貰っている。
ところがしばらくぶりに来て見りゃ、なんだかすら~っとでっかくなって。。。 すっかりオトコマエなのであった。

と言っても、それは外見の話。 中身はまだまだ遊びたい真っ盛りの男の子。 サラっちに遊びましょうモーションをかけております。
しかも、サラっちよりちっちゃく伏せて。。。。 「兄ちゃんも小さいから、一緒に遊びましょうよ~」 でも、立ち上がればでかいんだから、
b0067012_055138.jpg
 
コワイモノ知らずのサラっち的にも、かなり迫力があると思う。 なにせおばちゃよりずっと背も高いし、動きもでかい。そりゃビビルでしょ。
おばちゃに習ったとおりお腹を出して、降参しました~も言い、立ち上がってちょっと挨拶して、匂い嗅いだりして、頑張ったんだけど、
ついにアレックス君の迫力に負けて、サラっち、逃亡したわけですよ。きゃーたーちけてーー言って。

ありゃ、サラっちにもコワイって感覚があったんだ、なんて、隣の部屋に消えたサラっちを呑気に見送る間もなく、
ものすごい勢いですっ飛んできたのが、ひめポチ。これまでの展開を見ていたわけでもないのに、いきなりアレックス君に飛びかかり、


あんた、何やってんのよっ!!



罵声と共に得意の必殺右カウンターを、いたいけな若人の横っつらにヒットさせたのであった。(犬のクセに必殺技が足技とは・・・・)

                      質問。 以下の写真の○○の中に、正しい言葉を入れなさい。
b0067012_0161740.jpg

                                     正解 舎弟。

ビックリしたのはアレックス君で、なんにもしてないのに、子犬には悲鳴を上げて逃げられるわ、罵られるわ張り飛ばさせるわ。。
呆気にとられて声もないのであった。

アレックス君、ひめポチは決して、グループのリーダー、もしくは家族愛からサラっちを守りに行ったわけではなく、日頃の直接発散できないうっぷんを、ただあなたが適当なポジションにいたからぶつけたモノと思われます。あなたは全然悪くありません。
この場を借りてお詫び申しあげます。懲りずにまた遊びに来てくれ~。

b0067012_113079.jpg

              これこれ、子犬のニュートリカルを「あるから」と言う理由だけで欲しがるんじゃありません。

                    で、何の話だったっけ。  あ。そうそう。今日のメインはこれではなく・・・・・。



                             058.gif クレートトレーニング 058.gif

マリちゃんはオール屋内解放・車内抱っこでメリハリ無く育ったために、いざクンレンでバリケンに入っていただこうとしたら鬼のような反発にあい、留守番はしないわ、うるさすぎて周りの顰蹙は買うわ、双方ともに疲労困憊だわの大失敗をしてきており、この二の舞はするまいとサラっちには最初からバリケンを準備。

ただし、バリケン到着は旅行前夜・・・・(冷汗) ・・・・・夜八時の最終便でございまして。。。。 いや間に合っただけでも良かった。

                                  ま、とりあえず置いてみる。

                         動物の本能から言っても、怪しい箱にはまず警戒を示すはず。。。
b0067012_1123792.jpg

                                 もう罠にかかったヤツがいる。

          動物の本能はどこかに仕舞った、と言うことにして~ こういうときに、この先輩はありがたい。
b0067012_11543100.jpg

                              頼まなくともいくらでも、模範演技をしてくださいます。

                              そりゃ、美味しいが仕込んであるからなんだけれども。
b0067012_116455.jpg

                         いつでも出られまち。 サラっぴ、だいじょぶだよ~ 罠じゃないよ。

                                        やってみるかね。
b0067012_1194847.jpg

マリちゃんを確保(ここ、意外に重要)、バリケン内に見えるようにトリーツを放り込み、サラっちを誘導する。
中でトリーツを食し、Uターンしたところで、褒めながらさらにトリーツを与える。
b0067012_1201010.jpg

すぐ出す。閉じこめられたんではないという安心感を与え、ふたたびトリーツを、今度は見えないように放り込んでおき、誘導する。
b0067012_1202481.jpg

追加のトリーツを2つ3つ放り込み、探している間にさり気なく扉を閉める。鍵はまだ閉めない。振り返ったところで、褒めながら扉を開ける。

三度、トリーツを使い、中を探させる間に、マリちゃんを解放。うしろから無言の圧力をかけていただく。
「あんたが出てくれば、マリちゃんが入れるなのに。。。。 早く出なさいよなのよ」
b0067012_1204351.jpg

人間の心理も犬の心理も似たようなものか、「出ろ」と言われると「出たくない」とつい言ってしまうのが人情というもので、
b0067012_1205767.jpg

外の焦った気配を感じるほどに、中のミニラは出てこないのであった。まだ何か落ちてんじゃないか、の正しいコッカー根性。

あんまりサラっちが中にしがみつくもんだからちょっと可哀想になって、マリちゃんに「ミニラにはナイショだよ」ってトリーツを見せたら、これまた何の気配を察したか、ささっと出てきた。
b0067012_121137.jpg

                              ま、いずれにせよ、こうなりゃしめたもんで、
b0067012_1212682.jpg

    ふたりして「ハウス」とも「はいれ」とも言わないのに、まだなにかあるだろうと片方が出れば片方が入る。

                                      終いには、  
b0067012_1214081.jpg

                       2匹まとめてはいって、中でひしめき合っているのであった。

                         はい、以上でインスタント・クレートトレーニング終了♪

これで、次の日の軽井沢までバリケン内で大人しくくれたらいいな~と期待したその旅が、大渋滞で5時間半に及ぶとは、まだ露ほども予想していない、旅行前夜11時半なのであった。いい加減、寝ろや。

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ あとで見返してみて、何かの参考になるかな、とじっくり書いている「子犬連れ初の旅行」
             特にハイパーな子犬をお飼いの方。居られましたら、ぜひご参考にしてくださいませ。次は、「屋内非解放編」
by degipochi | 2009-12-16 00:19 | ミニラの保育


<< 屋内解放への道 久しぶりのご新規さま >>