旅に出る春
それでも春は巡って来るんだよ
b0067012_21362454.jpg

暖かくなって、陽が長くなって、なのに、とつぜん冷たい風が吹いて季節はずれの雪が降ったとしても
b0067012_21332196.jpg

どこかでかすかに、春は歌ってる だれも見てなくてもタンポポは咲いている

それっきり終わってしまうものなんてないし、見えないからなくなってしまうんでもない
b0067012_21351925.jpg

ちっちゃい芽が、どこかにもうあるかもしれないよ

だから さぁ、春を捜しに行こう
b0067012_21353952.jpg

冬が去ったばかりの、この場所なら、駈け去っていく春の裾をつかめるかもしれないよ
b0067012_21355599.jpg

立ち上がって、空気の匂いをかいで、走り出せ
b0067012_2136869.jpg

ほら、春の尻尾はあったかな? ちょっとは春に、追いついたかな?
b0067012_2133622.jpg

ここは、「小岩井農場」 まきば園。

二週間前までは、3㍍を越す積雪が駐車場を埋めていたと言い、なお今も春の訪れを待ちわびる国見温泉とは様相ことなり、
b0067012_21333960.jpg

こちらは春爛漫。一面の花盛り。どこを向いても色鮮やかな花に囲まれ、、、、
b0067012_2132378.jpg

いや、だからここはひとつ、それは忘れなさいって。
b0067012_21341185.jpg

あぁ~・、、、だから、その、なんでそんなに視力がいいかな。 あっ ほら、あっちを見てご覧。
b0067012_2133547.jpg

もーもートレインが・・・・  って、これ、ペットはご遠慮くださいなんだよね。 乗れないものに興味なし。

乗れるとすれば、
b0067012_21342833.jpg

こちらかな。  踏みつけてて言うのもなんですが、深く深く、口蹄疫の早い収束を祈るものであります。
b0067012_21344332.jpg

こちら小岩井農場でも、ヒツジさんと牧羊犬の「シープドッグショー」が中止となっております。意外なところに被害拡大。

それにしても、久しぶりに訪れた(快晴の)小岩井農場は、そりはそりはもう、絵葉書のようで、
b0067012_21372940.jpg

どこに犬を置こうがモデルの写真会のようであります。
b0067012_21364120.jpg

こんなさりげない風景も、取って置きのスナップみたい。
b0067012_2135064.jpg

弘法筆を選ばず。 名所、モデルを選ばず。

だからと言って、そこに立たないでくれ。
b0067012_21371887.jpg

長い影と言い、不気味すぎる。十分ホラーだ。それが言いすぎなら、座敷わらしならぬ、アイスわらしみたいだ。
b0067012_21365996.jpg

結局、まきば園に入ったときから、ずーーーーーーっとソフト売り場をガン見しつづけたひめポチの粘り勝ち。
ちびっとだけソフトをゲットしたのであった。

このあと、喉のカイカイ部分など、経過観察。ま、これもひとつのパッチテストみたいなもんだっちうことで。

そそ、農場のそばの森には、こんなものも住んでいる。。。。
b0067012_21374833.jpg

と、見た人は思うかもしれない。

ワン製ころぽっくる。 嬉しいとチビったリガブったりします。運がよければ、会えるかもしれません。

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
会えたあなたにも幸運が訪れますように。 その際には、トリーツをお忘れになりませんように。


文頭、長い旅に出た、ある方に贈ります。会ったことも無いし顔も知らない。でも、旅立ちを見送った人を知っている。
旅を終えたところにも、春が来て花が咲きますように。こっちばかりにいっぱい咲いていたら、それは不公平ってもんです。
by degipochi | 2010-06-01 01:40 | マリちゃんとお花


<< ひめポチ、さらに北に 国見国境 冬景色 >>