支援物資 あれこれ
6月17日~20日時点の情報として、見てください。

必要とされたり、とても喜ばれた物

072.gif自宅避難=大槌町桜木地区 
傘(かなりあったが好評)・スニーカー・団扇(多めに持っていったが完売(?))・Tシャツ(新品以外も可、できたら大きいサイズも)
食器(組み物がいい)、カトラリー(箸でもなんでも)、お盆、蠅取り紙、カバン(ウエストポーチなども)、ペットフード(ドライ・ウェット共)
嗜好品として キムチ・梅干しは最初から大好評でした。瞬時に完売。

この地区は、一階天井近くまで浸水した家が多く、ほぼ一階で生活していたため、電化製品を含む家財道具をすべてやられた家が多いとのことです。
そう言う意味では、全壊家屋と必要物資はそんなに違わないかも知れません。
b0067012_12583884.jpg


072.gif仮設住宅=陸前矢作地区
食器(すでに暑いのでガラス、素麺の器とか喜ばれた)、お盆、プラケース、カトラリー(これはどこでも喜ばれた)、カバン(エコバッグ)
ペットフード(猫も犬もあり、仮設は犬猫禁なので親戚に預けるケースも)、リード、女性の夏服(友達同士、背中に合わせたりして、ちょっとブティック感覚で)、蠅取り紙

並べ方が煩雑で、見えにくかったりすると、けっこうあとになって「あ、それあったんだー見えなかった」みたいな事になるので、最初の広げ方がなかなか重要。
フリマの経験があったりすると、いいかもね。ノウハウは必要。お代は頂かなくても、「擬似店舗」みたいなもんですから。
b0067012_12593337.jpg

ひめポチキャラバン、陸前矢作店、オープン。

その横に鎮座して、ぶあいそな看板犬を務める犬、あり。
b0067012_1259479.jpg

どこに行っても犬達は可愛がられております。

あと、こちらでいくつあってもと思い、みんなが持っていくのでさすがに足りているのが、軍手とマスク。使い捨てにせず、ていねいに使っているらしく、想像したより減らないようです。あと非常食も現場によっては余っている模様。
ボランティアの昼食時などにも使うプラ容器。洗う手間、水を考えれば使い捨てにしたいので持ってきて欲しいと要望されました。

以上、気仙沼市本吉町小泉浜ボランティアセンターにて。

まず、こんなところでしょうか。 参考になるようでしたら、ご活用下さいませ~。
by degipochi | 2011-06-24 12:20 | 大地震 | Comments(3)
Commented at 2011-06-24 16:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by romeo mamma at 2011-06-25 00:48 x
degipochiさん少しは体調よくなりましたか? 私は咳がひどい時トローチよりも「のど飴ハイC2000」を舐めると咳がおさまります。
支援物資報告ありがとうございます。現地でのお話が一番参考になります。Thank you ですm(_ _)m
Commented by degipochi at 2011-07-01 08:51
お返事が大層遅れておりますが、いまだ復活せずのdegipochiです。
鍵コメさん、私、帰ってきてからメールしましたっけ? 記憶が曖昧です。もし、してなかったら、使えると思います、と一言。
よろしくです。
romeo mammaさん、いろいろご支援いただきましてありがとうございました。
なのに、秋田紀行吹っ飛ばしてしまい、誠に申し訳ありません。また仕切直しだなのよ。
今後ともよろしくです~・・・・・ゲホゲホ・・・ウィーー・・・。


<< 帰宅のご報告 現在、帰京ちう >>