それでも笑顔を
笑顔と好評のうちに終了した二本松仮設住宅の譲渡会。 あ~よかった、必要だって言ってもらえて。と思いながらも、
どうにもこうにも割り切れないもやもや感が、時間を追うごとに強くなってきまして。。。。
b0067012_16585361.jpg

《仮設一ヶ所目到着》

たとえば。出発前に、福島の「ふくふくプロジェクト」というNPOに問い合わせました。必要・不必要な物が分かればと思って。
そうしたら、物資はけっこう足りているし、洋服に関してはやはり余っていると。リサイクルしてなにか製品を作るにも多いので、
服は持ってこないで欲しい、という話でした。 ありゃ、そしたら持ってくの冬服が多いぞ。そう言えば二本松というのは内陸で、被災地ではない。買おうと思えばいろいろあるだろう。どうする? と困ったんだけど。。
b0067012_1753899.jpg

《到着。同時に集まる人々》

インター降りたら、しまむらはあるわコメリはあるわスーパーはあるわ、なんでもあるじゃない。
さすが二本松、けっこう揃ってるわーと反対側に曲がって、走ること数キロ。案内なんかほとんど出てないまま、なんとか仮設到着。

b0067012_1723176.jpg

《毛布を所望するおじさん》

とたんに展開する光景は、買い物に行くことが全く出来ない沿岸部の仮設とそんなに変わらない。
確かに、やることがないとは思う。ちょっとイベントがあれば、見てみたいかなとも思う。 でも、
「毛布はないかね」「もう一枚、毛布いただいていっても、いいですか?」「座布団ないかなぁ。長座布団・・・」
その真剣さは、とても近くで買えるから、という余裕を感じさせるものではありませんでした。
b0067012_1732544.jpg

《犬を愛でる。 関係なくかあしゃーーーんと吠え続けるりんしゃん》

そう言えば自転車は一台もない。もう一ヶ所の仮設で「待望の自転車です、みんなで大事に使いましょう」と書かれた自転車があり、
貸し出しの時間と名前が事細かく書いてありました。なにかちょっと、事前の情報と違いすぎる。。。

ちなみに、この仮設はペット可です。車の到着と同時に、あちこちから警戒する犬の吠え声が響きました。
b0067012_17314272.jpg

《頼もしき番犬 ブラッキーちうたか?》

当たり前の町の音なんだよね。 それが、なんだか物凄く新鮮で・・・ そう、犬も居ない猫も居ないあげく子供も居ない住宅って。
ペット不可の、しかも高齢化の進んだ仮設は、どれくらいしんと静まりかえっているか、それだけで気温がぐっと下がりそうです。
屋内では、けっこう猫もいるらしい。 猫ってねぇ・・・・ あったかいんだよ。私は猫の毛アレルギーがあるのでそんなに近くに寄れませんが、大猫一匹膝に乗せて、ブランケットで巻いてたら、そこそこの暖房にはなると思う。猫暖房。

そんな屋内。 見せていただきました。
b0067012_17393287.jpg

《断熱用タペストリー》

とにかく、薄い。壁はぺらぺらです。触ると20度近い外気温なのに冷たい。なんとか暖かく、すこしでも晴れやかにと、
b0067012_17413137.jpg

《この千代紙の向こうは、直に外》

いろいろと工夫をこらしてはおりますものの、これでは・・・・・・ 暖まるまい。

毛布なくなっちゃってから見える方もおります。 90才近いのかなぁ、おばあちゃんが毛布みたいなもんないのかねーて聞くので、
b0067012_1743549.jpg

《おばあちゃん一押しの掛け布団を抱く(多分)長男》

満載だった1.5トントラックの上をかき回し、ようよう引っ張り出したのがこの梅柄の掛け布団。お気に召したようで家族を呼んでました。
b0067012_17501595.jpg

《家族に掛け布団を渡した後のおばぁちゃん 杖を着いた方ね》

そう、そうなんだよ。 ここでもまず聞かれたのは、「本当にもらっていってもいいの?」でした。 しかも何人にも。
この掛け布団のおばあちゃんも言ってたし、他の人も、毛糸並べたら、ああ~これでやることが出来た~、て喜んで手にするけど、
こんなに持ってっちゃ○○だからー(ガメちゃ罰があたる、みたいな言葉)て置いてくんだ。 天罰なんかあたんないよ!

孫に、てビー玉の瓶を大事に抱えて帰るおばあちゃん。
b0067012_17533385.jpg

おかあしゃんが、福島のおばちゃんに横顔が似すぎてるっっと思わず叫ばせた、寂しい表情のおばちゃん。
b0067012_17542771.jpg

《紫、似合うよ。持って行こうよ》

けっこう人数も集まって参りまして、すでに仲の良いお友達になっているらしく、賑やか。 なんだか特に男性が賑やか。
b0067012_22315763.jpg

《けっこう格好いいおじさんが多かった》

お約束、「この犬らは置いてかんのか~」に始まり、「いくらで置いてく?」「なんだかみんな、良い犬みたいだから~30万ならどうだ?」
まぁ要するに、可愛がられてるわけですわ。おっちゃんたちに囲まれ、なでくりされ、レディース大もてであります。
おばちゃんたちも負けずと元気なんだけど、なかなかね、笑顔がね・・・・
b0067012_22121029.jpg

ポーズ取ってくれるのに、堅めなの。 表情筋が、ぎくしゃくする。

こういう場所では標準語ちうのは分が悪い。固ッ苦しいし行儀良すぎる。増して「ですます」はもってのほか。
4月の陸前高田では、「~ですか?」て聞いただけで、おっちゃんにしゅるしゅる・・・・ と逃げられた。

で、仙台のりんしゃんがその武器を存分に発揮し、負けずにおかあしゃんがどことも分からぬ福島弁もどきを使い、
だんだん雰囲気がうち解けてきて、写真撮るのにノリノリになってきて、しまいにゃこんなナイスショット。
b0067012_22124527.jpg

《カラオケでマイク放さないでしょう、ねえさん》

そう、私お洒落好きなんだよねぇ~という一言を、ついに引き出しました049.gif
b0067012_22303736.jpg

《♪ このまま踊りに行きましょう ♪》

物資が余るというのはどういうことか。服がもう要らないというのはどういうことか。

時期がずれたりちょっと汚れてたりは当然のこと、サイズが合わなかったり、置く場所がなかったり、様々な理由が言われていますし、
またその通りだろうとも思います。 しかし、そのうしろに見え隠れするのは・・・・特にこの浪江町の方々に・・・有ってもしかたがない、
色とりどりの物を見て楽しんだり、可愛らしいとこれまで思っていたものを、今見てもそう思えない。「欲」の喪失です。
押入もないし場所ふさぎだからといって、薄っぺらい布団しか無かったり、どうせ割れるからと一枚もお皿がなかったり、洋服もこれ
着れてるからと、ほつれているのを着続けて、ちょうど良いサイズの新しいものがあるのに、目も向けなかったり。
犬たちに声を掛け、元気に話し、よく笑っても、その奥に大きな空洞があるようです。

ここで必要なのは、まず「ひと」だと思いました。 外から来て話を聞いてくれるひと。じっくり話をして、お茶を飲んで、
それからお腹が空いて、立ち上がって何か美味しい物でも食べようか、て準備しようとして、あ~お皿が足りないねぇ、
調味料もこれじゃあねぇ、もっと美味しい物作れるのに、て言う。

物資に欲求が出てくるのは、それからではないでしょうか。そう言う「欲」が、生きる「欲」へと繋がっていくのですから。

・・・・まだ続きますね。

by degipochi | 2011-11-16 17:00 | 二本松 | Comments(22)
Commented by りんまま at 2011-11-17 00:29 x
田舎で標準語はアウトなんだよね^m^
うちの患者さんたちがそうですもん。
年寄りは特に・・ですね。
最初の視線がよそ者への警戒心の視線がビンビンだったから、あんなカンジで話したけどww
出来る事なら「お腹空いた~」って遊びに行きたいくらい。
田舎のお母さんには、ホントはこれが一番なんだけどな。


Commented by iimonoarukana at 2011-11-17 08:42
その場所まで取りに来るなら物は余るくらいあるけど、届けて配ってはあげてないよ。って事なのかしら…。動ける人、買い物に行ける人、新規に購入する目処が立つ人だけじゃない…のを現地でも把握出来て無いって事ですね…。100万円マリちゃん(笑)みんなを和ませてくれてありがとうね!
Commented at 2011-11-17 08:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 犬扱いの母 at 2011-11-17 10:08 x
Iさん、お餅いかがでした?
犬使い君相手に、よ~く笑っておられました。
冬休み、宿題片づけてブラッキーに会いに行かなくてはね。
Commented by なおみ at 2011-11-17 11:42 x
あぁ、また思い出して泣いちゃった。
岩手から帰った後、私もずっともやもやがありました。
でもまた、自分の普段の生活が続いてて・・・ここ3日ほど急に寒くなって、
そして、この記事を読んだら、あぁ~あのおばあちゃん達、寒いだろうなぁ・・・って。

確かに、あの時もそうでしたよね。いっくらでも持って行って欲しいのに、本当に最小限のものしか手を出さない。
遠慮や生まれ持っての我慢強さもあったかもしれないけど、
震災で「欲」が、奪われたのかもしれない。

だからこそ、ただ 荷物を広げてみてもらうだけじゃなくて、会話をしながら選んでもらう事が必要なのかも。
庄内弁だけど、なまりなら任せて下さい!(^-^)

あぁ~今、すっごく田老の食堂に、なわしゅうず着せて、ロクと一緒に行きたくなった。
Commented by 陸ママ at 2011-11-17 14:52 x
ひめポチキャラバン隊が届けるのは物資だけではなく笑顔。
お父さん達の楽しげな笑顔と緊張しながらもやっぱり楽しげなお母さん
達の笑顔。良いですね。

それにしても、情報って本当に生の声を反映していない事多いですね。

100万円の値が付くとは(*^。^*)
やっぱりマリちゃんはタダものではなかった。。。

Commented by smilingtail at 2011-11-17 16:05
聞かれれば湯たんぽとか何か言うだろうけど本当のところは何が欲しいのか分からないのよ、あまりに多くを失ってと大船渡の友人は言いました。 
でも毛布がまだ足りないんだね。 で、上の人に聞くと足りていると。
買い物が出来る場所があっても車がなくて行けなかったり先が見えないから買う事も出来ないのかも知れないし。
取材なんかでは忘れないでと言う人達が多くて、忘れていないよとどうやって伝える事が出来るのか考えてしまいます。
マリちゃんちでは大船渡や陸前高田の仮設の住所や名称ってわかりますか?
Commented by アクアママ at 2011-11-17 19:49 x
情報と現地ではやっぱり、差があるんですね。
なんか、悲しいですね。
段々、寒さも厳しくなるのに、断熱材もまだ、入っていない
仮設もあるとか・・・
エアコンを入れると光熱費が高くなるし、石油ストーブだって買わないといけないし、年金生活のお年寄りには厳しいですよね。これが現実なんですね。

マリちゃん達も頑張って来ましたね。
マリちゃん、100万円の値がついたとか?
さすがだね!
Commented by たまりん at 2011-11-17 20:20 x
はい、つまりそういう事・・・。仮設に住んでる友人で欲さえ出ない状況の子がいます。その子は震災前は読書が好きで買って(でも、なかなか読みだせずに後で読もう・・と部屋にいっぱい積んでた)映画も好きでDVDやTVを録画して録っておいたのが
たくさんあって・・・なかなか観切れないんだよ~って言ってました。
Commented by たまりん ・・・さっきの続き at 2011-11-17 20:21 x
けど、家がまるっと流されて両親と本人、3人で2部屋に台所のみの仮設に住んでます。本人の荷物(洋服、小物含め)はカラーケース2つのみって。そりゃ服だって他のいろんなのだってほしいよ、でも置く場所がないし、それどころじゃないのさぁ。
今は一番家がほしい(それはそうだろう・・・)と言ってた。その顔があまりに真剣でそれ以上、私は突っ込めなかった。
とにかく先が見えなすぎて希望が持てない、と。そういう人も多いと思います。
Commented by たまりん ・・・更に・・・ at 2011-11-17 20:22 x
smilingtailさんも言ってた あまりに多くを失って・・・とはほんとにその通りだと思います。先が見えずに希望を持てずにいるのに、がんばれとは言える筈もなく、そっかぁ~って
頷くしか出来なかった。。。
彼女は働いているし車もある。必要な物は買えるけれど買わない。欲しい!って感情が、とても今、出る状況ではないようです。
この状況、又、変わるかな、そのうち。
町の復興計画がはっきりしてきて家の再建(他の場所でも)
の目途が立つようになれば、少しは彼女の笑顔も見られるかな?
田舎のおばちゃん、おんちゃん達には訛りが一番(^○^)
この間、田老でびんびんに訛っておしゃべりしてましたぁ♪
警戒されなくっていいんだよね(爆)
Commented by りー at 2011-11-18 10:05 x
そうでしたか・・・無欲が無気力になってしまうのが怖いですよね。
メディアでは伝えられないこういう事をマリちゃんが伝えてくださって
本当にありがたいと思います。
支援の仕方、在り方というものを考えさせられます。

山田のおばちゃんとこへ毛布&座布団。遅くなりましたが
本日発送しました★

Commented by degipochi at 2011-11-18 19:46
りんまま さんへ
お腹空いた~ ばぁちゃん何か食わせて~ て言ったら、きっとすっごく喜んでくれるんだろうな~。
良いおばちゃんたち、良いおっちゃんたちでしたね。環境としては先行き含めて真っ暗なのに。。。
でも人間はスゴイ! まだ笑える。冗談も言える。 どこからでも立ち上がる事は出来るんだな。
ただ、それには夢を・・・ ほんのわずかな夢が、必要ですよね。。。  また、行こう♪
Commented by degipochi at 2011-11-18 19:53
iimonoarukanaさんへ
その通り。 まさに、その通りなのよ。 どうしてそこが分からないのであろうか。
いや、手も足りないんだろうとは思うよ? でも、考え方をもうちょっと変えたらどうなんかねぇ。。。。
それと、お地蔵さんがお供えされるのが、分かったような気がした。あの犬、存在感まさに地蔵・・・ 
その姿、ありがたいのかどうかさえ最早わからない(笑)。
Commented by degipochi at 2011-11-18 19:54
2011-11-17 08:47 さんへ
了解~。ありがとうございました。 もう、届いたな。
20日には、ぽん母部隊も最後の遠征で行くらしい。 頑張れ岩手支部!(今、付けた名)
Commented by degipochi at 2011-11-18 19:56
犬扱いの母さんへ
そう、ものすごく、彼の息子が居ないことを残念がっておられましたからね。
ぜひ行ってください。 子供のエネルギーは、大人では代用は効きません。
餅は届けた。ミッションは無事終了。
Commented by degipochi at 2011-11-18 20:01
なおみ さんへ
そう、そうなんです! なにより会話が大事!
はっきり言って、物資はダシでも良いと思う。 それを巡って似合うの色がいいの、温かいの、
そう言えばばぁちゃん日頃はどうしてんだ、の、いろんな会話をするのがもうブッチギリ大事です。
ほんとに、貰っていってもいいのかねぇ・・・・・ て言われても、うん、どんどん持ってきなーーって言うようにした。
だいじょうぶですよ~なんて言ってたら、ダメだと。でも上手くいかない分は、りんしゃんやぽん母さん、
ロクちゃん達に振る。だってその方が、ばっちゃんたち安心して喋るんだもん。 あぁ~言葉って大事だ。
ロクちゃんも、ぜひ次回参加の時は暑かろうが「なわしゅうず」を装着してお願いします。すっげー受けるよ♪
Commented by degipochi at 2011-11-18 20:03
陸ママ さんへ
ここのおっちゃんたちは声もでかいし元気だったなーー。冗談も言うし。
良かったですよ。 女性はステキな物を見るとだんだん元気が出てくるけど、男性は違うから。
なんか、あのおっちゃんたちだったら、頑張っていくような気がしました。
でも、マリちゃん100万で買ったら、すげぇ後悔すると思うけどな。 ほんとに地蔵みたいに動かなくて。
Commented by degipochi at 2011-11-18 20:40
smilingtailさんへ
たぶん、なくしてしまったのは、物ではないんでしょうね。
取り巻く環境、所持品というものが、記憶を呼び覚まし自分の位置を確立するものだとしたら、
津波が押し流してしまったのは自分の過去、自分自身なのかも知れない。確かにそれは「物」では埋まらないでしょう。。。
それでも、日々過ぎていく中で、必要な物があり有ったら便利な物がある。それを口にするのは難しいだろうけど、
物資を介して、人と人が繋がるなら、それもとっても大事なことだと思います。
忘れずにいる・・・・ ということは、ずっと関わっている、ということだと思います。離れていて日々思うほど、人間器用じゃない。
で、仮設のお話ですが、大船渡の方がここより遙かに大変、という陸前高田の仮設をただいま探索中。
現地より連絡有りましたら、すぐメールいたします。
Commented by degipochi at 2011-11-18 20:59
アクアママ さんへ
その石油ストーブは火災の危険ありで(実際ボヤも出た)禁止の方向。
断熱材は、さすが後付け、さほどの効果を発揮しているとは言えず、壁はひんやり。
もっとヒドイのは・・・・ ここじゃない遙か北の話だけど・・・ ドアも窓もぴっちり閉めてるはずなのに、室内の
アコーディオンカーテンが風で揺れてるって。はっきりすき間が開いてるってことでしょう。
そんなとこに、たとえ地蔵のような犬でも、一匹居れば。。。 少しは温かいかなぁ。
Commented by degipochi at 2011-11-18 22:04
たまりんさんへ
くわしいお話、ありがとう。
もう、これに加えるコメントはございません。
ただひとつ、それでも孤立しないことが、なによりの心の支えと信じてます。
近くの人も遠くの人も、誰からも忘れられている、と切り離されたと思った時が、絶望のとどめのような。。。
そのお友達が、一冊でもいいから、ふたたび本と出会えますように。
Commented by degipochi at 2011-11-18 22:08
りーしゃんへ
そうなんですねー、支援とは? 物を持って行くこと、だけではないとほとほと実感いたしました。
物をいただくことはありがたい、でも、それよりも話をしたいし聞いて欲しい。
こうなるとねぇ、りんしゃんやりーしゃんたちの方が、ずっと心強いと思うよ。標準語は温度ちうか手触りがダメだわー。
また、行くと思います。
そん時ゃよろしく♪  ・・・・・ついでに肉きうパンも・・・・・ あれ見るとなんだか元気が出る。


<< これは良い話題だよ♪ この仮設に一人 >>