まだ終わらない旅行、飯山。
カテゴリがバラバラだ。。。。 旅行記なのかグルメなのかもはやわからず。
b0067012_2214129.jpg

土筆の写真から始まるが、食べてない。 道ばたに生えているのはさすがに遠慮してよ。マリちゃんも散歩するくらいのとこだし。

で、なぜ立て続けに記事が書けるかというと、患者さんがキャンセルだったからですね~。ちと余暇ができた。

さて、飯山。
b0067012_2216956.jpg

こんな、特徴ある赤い橋を渡りますと、、、なかなか古くて錆びてて風格有りすぎるちうか、
対向車が近すぎてラインもろくに引いてなくてコワイっちうか、いろいろですが、、、
b0067012_0425956.jpg

「千曲川旅情の歌」の千曲川を越えて、
b0067012_0433948.jpg

蕎麦屋に着きます。

中はどうって事のない、正しくふつうの蕎麦屋です。
b0067012_0452452.jpg

しかしてメニューがすごい。
b0067012_0454963.jpg

これだけ。 あ、あと「大盛り」があったか。

ちっと腰の曲がったおぢちゃんが出てきて、「普通んでいいね?」と言ったきり。
潔く、なにもございません。ただしっかり塩味の利いた大根の漬け物は出ます。

こちら、富倉蕎麦と申しまして、ヤマゴボウを繋ぎに使ったこの地方の名物蕎麦です。

黒っぽい色で味はツルツル→もぎもぎ? 相反する不思議な食感です。でも癖になりますな。も一度食べてみたい。


んでもって、
b0067012_0572028.jpg

道一本歩くと、バスターミナルがある。

b0067012_10861.jpg

↑ こちら、ターミナルの木島駅、そしてこちら↓
b0067012_0591517.jpg

長距離・短距離のバスの方々。
b0067012_0575698.jpg

バスストップで自分のバスを待つ旅人のみなさん(イメージです)。

ここからどこに行くのかねぇ。 斑尾か志賀か、中野か。 その時来たバスに乗って、なんていい旅だなぁ。
b0067012_17437.jpg

いや、いいや。 先行こ、先。


b0067012_19012.jpg



えーとですね、ここから町に戻りまして、
b0067012_13343.jpg

ほんとにちっとだけ町の中を走ると、
b0067012_183178.jpg

不思議な通りに出ます。

右も左も、仏壇屋ばっか。

古い街道筋で、道を入ればやたらと寺のある一角のようです。 ちょっとビックリした。京都以外で、こんな通りがあるとは。

で、その町角に、高橋まゆみ人形館ちうこれも風情のある建物がありまして、
b0067012_1115420.jpg

ちょっとデフォルメされたじっちゃんやばっちゃんの人形がいっぱい並んでおります。

ここ、なかなか良かったな。東京あたりの表情筋の下がり気味なジジババな顔つきでなく、まさに飯山の町ン中を車で走ってると、
すれ違うじっちゃんがこんな顔して笑っとる、ちう地域限定な表情をよく捉えてる。
私的には、「夫婦の朝のラジオ体操」シリーズが気に入った♪ 側屈なんてぜっんぜん曲がってないの。肘から先だけ(爆)。
b0067012_1181574.jpg

そうそうぽん母さん、ここの軽食コーナーに「こびり」ちうセットがあったよ。「こびる」の信州版かね?

地味ではございますが、いいとこですよ。 飯山。 ぜひお寄り下さいませ。
b0067012_1203296.jpg
 
やっぱり川が大事にされてて、古い町並みがあるところは、落ち着くよね。 そういう年代になってきたんですかな。


てことで~
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

と言う場所だったんですよ、これ。 も一回使っちゃおうっと。

by degipochi | 2013-05-08 23:54 | グルメ紀行 | Comments(1)
Commented by ぽん母 at 2013-05-09 09:43 x
小麦文化なのかねぇ~
信州もおやきとか、だんご多いもんね
こびりにこびる、文字にすると似てるけど
方言で話すときっと、ぜんぜん違って聞こえると思う(笑)
今度正しい「こびり」の発音をぽん父に話してもらいましょ!
信州&軽井沢、おらも行きてぇ~。

でも・・・・なして?雨女しゃんの行くところが晴れで
ま~ちゃの行くところが土砂降りなんだ??
納得いかないなぁ~(笑)


<< 大明神の誕生祝い あれもこれもと、 >>