そもそもの、国見
そもそもなんで、こんな遠くの温泉に通うことになったのかを思い返してみれば、そりゃ4年前にひめポチがカビたからで、
b0067012_23105027.jpg

いろいろ手を尽くしたが、ちっっっとも良くならず、これは本気でヤバイかも知れないと真っ暗になった時に
「カビにいい温泉有るよ、遠いけど」と越後のビビリ大魔王ンちに教わった。で、大魔王は盛岡のぽん母さんに教わった、ちう流れ。
b0067012_23143282.jpg

でも、いくらなんでも570キロは遠すぎる・・・と二の足踏んでたら、(ご自分では運転しない)おかあしゃんに
「行くのよっ 日程は調整するしたからっ」と一喝され、積める荷物もそこそこに、一路岩手までひた走った。

・・・・・・遠かったぞ、最初の国見。
b0067012_23165873.jpg

で、着きゃ案の定、お約束の雨でしょう~? どこに犬用の風呂があるのかも分からないし、夜はどこも真っ暗だしで
「風呂は明日にしよう」と気持ちがくじけかかった時、国見のおっちゃんに「ワンちゃん用のパラソルあるから、入って来な~」と
背中を押されるように入れた、国見最初の大雨の中でのパラソル露天風呂。 人間は、背中から下ずぶ濡れ。
b0067012_23224393.jpg

なんだかシュールだーと言いながら拭き上げ、ドライヤーをかけ、あっここ自家発電か、ドライヤー弱っとか、大格闘し、
b0067012_23253935.jpg

バッタリ倒れたロッジのベッドで、ひめポチ様ひさしぶりに大股開きでグーグー寝て居られました。

あぁ痒くなくなったんだねぇとほっと一安心した、あの日を境に、ひめポチ家の第二の故郷は国見温泉。
b0067012_23273682.jpg

2泊3日で帰る頃には、ズル剥けケロイド状だった顔に、春の若葉のように産毛が生え、腫れが引き、目が大きくなった。

片や飼い主の方も、出入りしているおっちゃん達や湯に入るお客さん達に、話しかけられたりトマト貰ったりきうり貰ったり、
すっかり心の洗濯が出来て、人間って優しいんだなぁとしみじみしながら帰途に着いた。また来よう、と決めて。
b0067012_2332232.jpg

で、2週後にはふたたび、この地にいたわけであります。この2度目の滞在で、劇的に良くなったなぁ。

まずこの、国見温泉。宿は石塚旅館とワン可の森山荘の二軒しかなく、完全自己完結の宿です。

泉質は、強烈な硫黄臭を漂わす、含硫黄ナトリウム炭酸水素塩泉。硫黄がメイン、だけだったら殺菌は出来るが皮膚の刺激が・・・と案じたが、国見温泉最大の特徴は「バスクリンかと見まごう鮮やかなエメラルドグリーン」。

写真は、温泉水の排水口です。オープン仕立てなのでまだ真っ白ですが、これがあなた、見る見る真緑色に染まっていくんですわ。
次回に行くときには、ペンキ流したみたいにとてつもない緑色に岩が染められているでしょう。
b0067012_23473423.jpg

このグリーンの正体は、「藻」。泥炭層から湧き上がり、空気に触れた途端に光合成を始めるので、こんな色になります。

晴れたときのグリーンっちぅのは素晴らしいですぜ。 写真ではどうにも表現し切れません。

で、この「藻成分」が効いたんだ。 いわゆるアルゴパックみたいなもんでしょうか。保湿効果半端無く、カビと化膿と炎症で
とんでもねぇことになっていた、しかも思い切った処置の出来ない、顔の患部に奇跡のように効いたわけです。

ふつうは塗り薬で乾燥させて、と効かせるんでしょうが、乾燥すると表面がひび割れてばっくり割れ、中まで化膿が進むし
抗生剤は効かないし下痢するし、ステロイドはカビには餌だから使えないし、と八方詰まりだったのが
「化膿と炎症」は硫黄で殺菌、「乾燥とひび割れ」は藻成分で保湿、と完璧な治療。空気も良く8月でも涼しく、
道路も東京と違い排ガスで汚れてないし、これ以上の転地療法は無かったと言えましょう。

劇的改善。
b0067012_2358125.jpg

そして、岩手で待っていてくれた、ぽん母しゃん・cooしゃん、会いに来てくれたみりんちゃん・りんしゃん・ヒナタちゃん、
次の年にはお誘いを受けて、宮古の浄土ヶ浜経由で、山田の道の駅にてたまりんしゃん一家とお会いすることに。

ひめポチもだいぶ良くなったし気持ちも一段落、さて次はどうしよっかな・・・と思った途端に来た、大震災。
b0067012_021556.jpg

キャラバン隊を組んで、それはそれは多くの人達の気持ちと荷物を乗せて、沿岸部を往復するたびに不思議な縁だなぁと思うのでした。

もし、ひめポチがカビなかったら、国見は来なかったなと。 国見に来なかったら、岩手のみんなと会うこともなかっただろうし、
たまりんしゃんにも会わず、盛岡も沿岸部も遠いまんまで、大震災の折にも何かしたいと思いながら、何も出来なかっただろうなと。
b0067012_055237.jpg

<さっいい写真をお撮りなさいの図>

で、国見が遠いからと来なかったら、ひめポチ自体が居なかっただろうなと。 あのカビには勝てなかったでしょうな。

と つらつらと考えるに、不思議な気がするのであります。縁と流れでここまで来たのは、奇跡だなぁ。

そのひめポチは、どうも山の神様・・・と思われる、なんか。・・・・と会話でもしているらしく、出かけた先によっては山に帰ってくる
道すがら、お叱りでも受けているのかヒヨヒヨと鳴いたりするのです。これがまた、無気味なんだ~。
特に、川とか小さい滝を横切ったとき、ヒヨヒヨがでかくなる。誰に、なんと言われているのか。あの無敵の大御所がびびるんだから、
よほど怖くて正しいなにかがいるんでしょうが、いかんせん人間には聞こえないのでしょうがない。
b0067012_0134680.jpg

震災直後、沿岸部への拠点として泊まったときは、やたらとトイレ散歩ちうにもすぐ後ろの「秋田駒ヶ岳」を振り返り、じーーっと
音を聞いていたり。あれは地鳴りでも聞いていたのか、これも人間には聞こえないから不明。

ただ、2011年6月、私の体調がとてつもなく悪くなった時、とても無理だから延泊する、国見にもう一泊するわと話した途端
「バッッッカじゃないのっっ延泊するだなんてっ」と猛烈に怒られ(犬にだよ)、あまりの剣幕に、何かあったらすぐ避難できるように
荷造りだけしとこうと準備してたら、本当に延泊した最後の朝に、地鳴りと共に震度5が来たのはビックリした。

国見と共に進化する、ひめポチなのであります。
b0067012_020531.jpg

ここのお湯、あっついんだけど、あの風呂嫌いが平気だしね。15分は入っていられる。 若人は5分で茹で上がる。

よほど体質に合って居るんでしょう。目も耳も喉の下もキレイになっちゃうし、体臭も日向くさ~い犬らしい匂いになるし、
あのお湯に毎日入ったらどんだけ中身も外見も健康になるんだか、とちょっと長期滞在も頭をよぎる。
b0067012_02598.jpg

ただねぇ、惜しむらくは自家発電なんでドライヤーがねー。弱いんですよ。ダックス・コーギーは平気、と言っていたが
コッカーと言うヤツは乾かすのが超大変。 こんな短毛のカヒパラみたいな犬でも、まぁ乾かない。そして、「寒い」と言う。

で、登場したのがこの・・・・・
b0067012_027870.jpg

地蔵であります。 この写真だと砂漠の国のおっさんみたいだが、実際見れば地蔵以外の何物でもない。

次回は、この地蔵まわりをちっと。 で、国見温泉とひめポチの馴れ初め、おさらいいただけましたかな?


にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

♪ 風呂上がりは、焼きリンゴに限るだなのよ~ ♪ (ホントは何でも良い)

by degipochi | 2013-06-07 00:30 | カビ退治 | Comments(7)
Commented by リーchanまま at 2013-06-07 00:55 x
ほんと…
マリちゃんのほっぺ…劇的に治ったですもんねー!!
魔法の湯だわ!!

さらっぴに~『ぶつかんなやっ!!』……(*≧3≦*)。
マリちゃんの言い方(上から目線な)~リーchanと同じぃ(*´∇`*)
さすがやっぱりマリちゃん♪かっこいー!!
Commented by りんまま at 2013-06-07 09:06 x
そうそう、そうでした(o^^o)
あのカビ、よく治ったよね。
マリちゃんに会いたくて連れて行ってもらったんでした。
いやいや、それからの縁はなんちゅうか…マリちゃんの進化する姿をマジマジと見せつけられています。
マリちゃん、山の神なのかなぁ?
うちの父しゃん、川?水辺?の神に嫌われてるのか、好かれてるのか…
子供の頃から川に近付いてないのに、気付くと流されてたらしいですσ(^_^;)
あれー、話しそれちゃった(笑)
Commented by ぽん母 at 2013-06-07 09:53 x
先代犬バロンが、アトピーじゃなかったら国見に辿りついてなかった私
バロンの頃は、ペット可の温泉が無かった頃
その頃から国見のおっちゃんはホントに優しかったわぁ
バロンが居なかったらちょペット温泉の存在も気にかけなかったと思う。。
ぽん太が来て、ブログを始めてぽん繋がりで越後のぽんちゃんと繋がった
マリちゃんのカビが無かったら・・・・・いやホント縁なんだねぇ~~
そんな縁なのか?ま~ちゃがやってきちゃって(笑)

でもね、マリちゃんに出会えてよかったよ!
体の傷や負い目等などで消極的に生きてきた私の人生観が、
あくたれちゃんと出会って、地震が起きて、変わったんだもんね。
改めて、マリちゃんありがとね♪
マリちゃんは、何の神でもあくたれちゃんでも、それで良いのさ!

Commented by ノエルのママ at 2013-06-07 10:22 x
あのカビが退治できて、ほんとうによかったですよね。
ノエルも首の下がだめで、今もはげててくさい匂いを発してるし、
定期的に皮膚にボツボツができるので、
遠いけどぜひ一度は国見温泉へ行きたいと思ってます。
そして、いつも読み逃げだったマリちゃんのブログからリンクで、
被災地の生の情報をぽん母さんやりんちゃん、たまりんさんのところで知って、
いち早く救援に動かれたdegipochiさんやおかぁしゃんに、
私も何かしなくっちゃと思って勇気を出してコメントを入れたことが
とってもなつかしく思います。
生のマリちゃんにもついに合ってしまったし、ほんとうに縁て不思議ですね。
それにしても、まりちゃんの進化にこれからも目がはなせません。
Commented by たまりん at 2013-06-07 12:42 x
ほんと、あの時は痛々しかったもん。。。
ズンズン良くなっていって、見てる方までうれしくなったのを
覚えてる+.゜(*´∀`)b゜+.゜
震災の前年に初めて会えた時は想像してたより小柄ちゃんで
驚いたよ∵(≧ε≦)(誰も態度が超デカイから体もよっぽど
デカイんだろ~って勝手に思ってた・・・なんて言ってないww)
で、震災後は、ほんとにお世話になりました。
みんなの気持ちもいっぱい運んで来てくれてすんごく嬉しかったよ。
ほんとワンズがいなければ繋がっていなかった縁だなぁ~と
ふっと思うよ~(人´∀`).☆.。.:+
お地蔵さんの記事、楽しみにしてるよ♪
Commented by coo at 2013-06-09 10:39 x
ほんと、マリちゃんがカビてなかったら出会ってなかったね。
まさか地元の温泉がそんなに効くなんてビックリだったし。
どうしてもマリちゃんに会いたくて、会えたときは感激だったな♪
それから、たくさんのお友だちができて
バロンぴとも出会えて、ほんと、マリちゃんのおかげです。
ほんとお顔もキレイになって良かった!
これからも国見に来てね♪
いつでも待ってるからね☆
Commented by smilingtail at 2013-06-12 00:19
思えば最初の出会い、温泉治療など必要のないヒナタを完全に物見遊山で紅葉と温泉〜なんて乗りで来て、写真を撮っていたら登山道から現われたワンコがマリちゃん。
もちろん互いにワンワンでそのままなら話す事さえなかっただろうに、国見温泉登山口からなら確かにワンコと登れるのよね(秋田県側からは途中バスで行くので)と話を聞きに行ったのがご縁でした。
そして東京での再会。 まさかのドッグカフェ繋がり。 さらに311の震災後のキャラバン隊と犬種では繋がらなかったであろうご縁を紡いでいく事に。 不思議と言えば本当に不思議です。
マリちゃん、駒ヶ岳が気になるのは噴火? 要注意の状態らしいです。


<< ちっちぇー声でだけど ふらっと立ち寄り湯 >>