泊崎半島をご案内いたしましょう
とにかく、いつものことだが、飛んでもない数の写真を撮った。まばたきの回数と同じなんじゃないかと思う。

おかあしゃん、南三陸町の「さんさん市場」でチップ買ったからと言って、やたらめったらシャッター押すのはやめて下さい。

でも、写真に写っているのは、確かに一枚一枚がドラマなんですな。 これは要らない、とか言えないものばかり。
たとえばこちら。↓ 歌津のGS。震災当初からこの看板を掲げている。途中、字体が変わってるから、書き直したと思う。
b0067012_22285333.jpg

中には文章はめんどくさいから読まない、なんちう人も居ると言うし~・・・・ わかりました、写真優先で解説ちびっとで参りましょう。
そのくらい、今回写真多いです。 ま、さくっと付いてきて下さいませなのよ。

南三陸町を北上、歌津の「井里前福幸商店街(いさとまえふっこうしょうてんがい)」を通過して、右に曲がると泊崎半島です。
b0067012_2234392.jpg

今回の旅行初日の宿は、この半島の突端、道がどうなってるのかそうとーに不安でありましたが、
b0067012_2238301.jpg

あら、なんか可愛いじゃない? 「うたちゃん」とな。 そう言えば、数百㍍手前にあったな、うたちゃん橋。。。。
b0067012_22425866.jpg

かつての町の中、崩落した45線大橋の並びに。 当然、使用不可。

そうこうするうちに、道は浜に降り、
b0067012_22451178.jpg

なんだこのガードレール、どうして一角だけ狭い? とか言ってる間に
b0067012_22473336.jpg

館浜、通過。  砂利敷きに土嚢。 

板橋(だと思う)通過。 これは、帰りの画像。
b0067012_22541684.jpg

なんかぐしゃっとしてるな~と遠くから見えたのは、
b0067012_2254408.jpg

近くに寄ってみれば、崩落したままの防潮堤だったり、
b0067012_2325058.jpg

で、その代役はここも土嚢。 防潮堤でも防波堤でもなく、どこに行っても港の主力は土嚢の山。
b0067012_2342829.jpg

ちょっと集落に入れば、ここに家のあった証拠に、あちこちに塀が残っているし、
b0067012_235468.jpg

港に船はいっぱい停泊してるけど、コンクリートの地面でなくて砂利の箇所があるし、
b0067012_238948.jpg

ここの防潮堤も、
b0067012_2393129.jpg

ここも、、、 壊れたまんま。
b0067012_238469.jpg

来年までかけて、工事中と言うけれど、歌津の町はともかく半島に入って「どんどん修理している」光景は、見ておりませぬ。

いま、ふたたび津波でなくともちょっとひどい台風の高波が来れば、ひとたまりもないなぁと心配するけれど、
b0067012_239898.jpg

やはり、今出来ることをするしかないんだな。 昨日も今日もそして明日も、日々の生活は続いていくんですな。

ただ、時々出現して、最初の頃はなんだなんだ?と思ってたこれ。
b0067012_23151513.jpg

ダブルスタンダードみたいな、ガードレール。 こちらは、
b0067012_2315553.jpg

こういうことでありました。
b0067012_23173360.jpg

道補修しないで、そのまま内側にガードレールだけ付けちゃったってこと。
b0067012_23175195.jpg

応急処置か恒久的なものかわかんないけど、この崩落した下はだいじょうぶなのであろうか? 雪庇みたいになってはなかろうか?

きっと2年半経ってずいぶん道も安全・通りやすくなったんだろうけど、まだこんなんです。案内も表示も特にないし、慣れてないと
大変です。島なのでけっこう霧も出るし・・・・ て言うか出たし、夜、街灯の全くないこの道を走るのは無理。早めの到着がお勧め。

で、ようよう到着した「ニュー泊崎荘」ですが、
b0067012_23241385.jpg

一応建前といたしまして、抱っこかゲージでロビー~廊下は通過、て話だったんだけど、女将はじめスタッフだれ一人気にしないので
b0067012_23294753.jpg

目立たない範囲で自由に振る舞わさせていただきました。 みなさん笑顔でフレンドリーで、犬的に居心地居たって良し。
b0067012_2337362.jpg

食事も、海のものメインでなかなかようこざいました。 特に、イカの陶板焼きは柔らかくて絶品でした♪ イカって柔らかいんだね。
b0067012_23394090.jpg

ただし。 当然、量が多く食べ切れませんでした。 旅館のそういうとこが、いつも残念なんだよね~。

あと、温泉ではないが浴場もちっと趣向があって、
b0067012_2341449.jpg

なぜだかぴよちゃんがいっぱい居る。 なんでこんなに浮いてるんだか、ナゾ。中には水が入っちゃってひっくり返ってるヤツもいる。
良く顔を見ると、顔つきや目の大きさなどバージョンがいろいろあるので、わざわざ買い集めたモノと思われる。とにかく賑やか。

で、一汗流して、
b0067012_2331833.jpg

散歩に出りゃ、すぐ目の下は港であります。
b0067012_2331492.jpg

霧が出てきてたんで、ちっとだけ散歩すっかとワンずと共に港に降りることに。
b0067012_2337551.jpg

で、この港がまたなかなかだったんですが、いくらなんでも枚数が多いので、、、、、
b0067012_2345361.jpg

また明日にいたしましょか。  なにせ3000枚、お撮りになる方がいるもので・・・・ 分類だけでも死にそうだなのよ。


にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ



by degipochi | 2013-08-21 23:48 | 南三陸町 | Comments(4)
Commented by keikomama105 at 2013-08-22 09:53
一緒に旅行している気分です♪
旅館のお食事をみると 悲惨な状況が まったく嘘みたいで・・・
そこだけなんの被害もなく?
続き3000枚 楽しみです!
Commented by みりんママ at 2013-08-22 18:32 x
3000枚・・・確かに大変だけど、楽しみだわ。
それだけ残したい場面と出会ったんですね。
なかなか見られない写真をいつもありがとうございます。
Commented by degipochi at 2013-08-23 10:43
keikomama105さんへ
長いよ~あげくに、スリリングだよ。
事故・土砂崩れ・花火と盛りだくさん。
この泊崎荘さんは、半島の中でも一番高い「背骨」の部分にあるので、被害を免れたとのことです。ただちっと降りればどこも、、、ねぇ。
集落も、もっといっぱい家があったはずなんだな。報道とか、見たこと無いんですけどね。。。。
さ、まだまだ続きましてよ。
Commented by degipochi at 2013-08-23 10:45
みりんちゃ。
実は、ちゃんと数えてない。コワイから。 もっと撮ってるような気がする。
どう分類せぇと言うんじゃ。ちうところです。
まぁ~~いっぱいありましてよ。特に、山田は。。。。 おばちゃんが渾身の案内をしてくださいました。
見に来てくださいませ。


<< 唐突ですが、山田からカキ まず手始めに、ロールケーキ >>