旅行と言うにはあまりにも。
サバイバルな感じなんだよな~ いつもいつもだけど、今回は特に。
私、今回の夏休み東北旅行で帰ってきてから、「おかえりなさ~い、旅行どうでした、お風呂は?楽しかった?」とにこやかに
聞いてくる方に、こう言っています。



057.gifブログを見ろや。057.gif


b0067012_193558.jpg

(写真は9日夕刻 陸前高田の竹駒近辺)

「序破急」ちう言葉があります。泊崎半島を出発してから4時間後、気仙沼の帆布カバンの店で、ぽん母さんからのメールを見た瞬間、「序」から「破」にステージは一気に変わりました。「経験したことのない大雨」ってなんだな?
b0067012_1105849.jpg

(気仙川 横田あたり。前の写真より上流 ここでも、すでに増水してる)

雫石のcooしゃんからの連絡は、もっとせっぱ詰まったことになっており、裏の小川が氾濫して自宅の敷地内をどーどー流れてると。
秋田との仙岩トンネルから、水が川のように、いや急流のように吹き出してるとか、雫石の町が早くもあちこち水没してるとか、
「いつから降ってるの??」て聞いたら「今朝から」だと。わずか数時間で、状況は大変なことになってたみたいで。。。。
そして、連絡取り合った国見温泉、「森山荘」は数十分の間に土砂崩れ~孤立、復旧のめど立たず。
b0067012_1165052.jpg

(川霧立つ気仙川 水位かなり高、でもまだ濁ってない)

本日の宿を失ったひめポチ一行は、それでも「とりあえず」内陸を目指す。昼には止む、と言ってた雨は午後遅くになってようやく
勢力を弱め、なんとかたどり着ける・・・・かもしれない・・・・ どこで土砂崩れで動けなくなるか、わかんないけど・・・ちうことで、
「高速か国道4号線(要するに大通りね)を来い、それなら安全だから」と言われるまま、慎重且つハイスピードで内陸へ内陸へ、、、
b0067012_1344483.jpg

途中顔を見せる川は、どんどんいつもの穏やかな田園風景とかけ離れていき、
b0067012_1365256.jpg

花巻・紫波から矢巾と、どんどん盛岡に近づくに従って、土砂崩れ・通行止めと大混乱の様相。
b0067012_1404165.jpg

雫石川も葛根田川も氾濫、北上川も大増水してる、という情報は入ってくるわ、こまちは止まるわ、橋場で車が流されたと言うわ、
果たしてこのまま、盛岡を目指して良いのか? と思案する間もなくちゅるっと高速に乗っちゃって、
b0067012_1411170.jpg

あえなく「災害通行止め」。 なおかつ、多重事故。乗ったばかりで出される花巻インター出口は、大渋滞。
b0067012_1424194.jpg

慌てたんだろうね。 追突と側面衝突。 事故と災害は、付き物なんだなと改めて気を引き締めて、
b0067012_144323.jpg

空には、なんとも言えぬ雲。 なんか’火の鳥’みたいにも見える。。。 不思議だがなんとも無気味。

それでね~・・・・ 出た4号線はこの世のものとも思えぬ渋滞で、歩いた方がずっと早いくらいの超のろのろ、
裏道があろうがっ慣れたドライバーはそっち行けやっとも思うんだけど、裏道、下手すると、
b0067012_146584.jpg

すべての河川が、大小に関わらずこんな状態なので、どこで車が水没するかわかんないから、だれも冒険しない。

心配したぽん母さんの、レスキューがなかったら、あのあともずっと盛岡までの4号線渋滞に巻き込まれ続けたでしょうな。

持つべきものは、友人であると心から感謝。。。。053.gif
b0067012_1521687.jpg

東北、放浪の旅の第一泊は「ぽんちゃん旅館」となった次第であります。

この一日は、ほんっっっっっとうに、長かった。予定がたたんというのが、こんなに不安という感覚は久しぶりです(ま、昔はね。。。)。

そんな、みんなが疲労困憊、もしくはあれこれと心配しているなかで、この方は、
b0067012_1571928.jpg

下心に満ちた地蔵と化しているのである。

疲れて食欲不振になるわけでも、みんなの心配を拾って不安定になることもなく、完全にいつも通り、平常心を保ちつつ
b0067012_1583535.jpg

ぽん家のだいどこから、決して離れようとしない。
b0067012_20139.jpg

怪訝に思われたぽん母さんがマリちゃんを問いただしたところによると
b0067012_221766.jpg

この、プラケースの一番下の引き出しに、ドッグフードが入っていたそうで。 はい、当然撤去されてます。

たとえ入ってたとしても、お前んじゃないから。

しぶとかったな~ ずいぶん長いこと、「ちっとは寄こしたっていいじゃないの」とか「・・・ケチが」とか言いつつへばり付いてた。

夕飯、しっかりいただいてたんだけどね。


そして朝食も、
b0067012_254210.jpg

だれよりも前に出て、だれよりも執念深く、だいどこにしがみ付いてた。だれの家だと思ってんだろぅ。
b0067012_24695.jpg

目つき悪いし。
b0067012_281250.jpg

態度悪すぎるんで、「自分の荷物は自分で持て」の刑に処される。
b0067012_275595.jpg

しばらく、こりでは自分で食べられなくってよっっとか怒ってた。

どこでもいかなる状況でもいつも通り、て凄いことだとは思うけどね。

そして、国見のひとたちが自衛隊のヘリで救出されてるという話が聞こえてくる。 こうなると、たどり着いて無くて良かった、としか言えない。もし前日に国見入りして、犬ごと孤立してたら、ヘリには乗せられただろうか?と。自衛隊は割合にそのあたり融通が付く、とは聞くけれど、確証はないじゃない?
宿のご主人は、宿と食料を守るためにヘリに乗らず残ったけれど、犬を置いていけないから自分も残るとは、なかなか言いにくいことだろうし、ご主人が残っていてくれるからついでに犬の面倒は見てもらおう、ていうのもおかしいでしょう。
とても難しい選択を強いられることになりかねなかった。

本当に、宿にたどり着けなくて運が良かった。  ・・・・のかもしれない、と思った次第です。

ひめポチの運は、底知れなく強運であります。
b0067012_217277.jpg

最後に、マリちゃんに会いたがってたというばあちゃんにしっかり抱っこされ、ひめポチカーはふたたび発進。

青森の親戚を訪問するママぽんを、盛岡の駅でいとこに受け渡し、一路また沿岸部へ。。。。
b0067012_219463.jpg

で、この道(釜石街道)が、けっこうな状態になってたんですが、長すぎるんでまた明日。


なにしに岩手に来たの?とも言われた。 間違いなく休息じゃないよね。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

災害地リポート、まだ続きます~。

by degipochi | 2013-08-26 02:22 | 旅行など | Comments(4)
Commented by ぽん母 at 2013-08-26 14:46 x
ホントは・・・・温泉入って~ウマイもん食べて~ets
楽しい夏休みレポだったのに・・・・・経験した事が無い雨の日って。。
まぁ~岩手に暮らして〇〇年
経験した事の無い「大雨」「台風直撃」「津波警報」「地吹雪」
よぉ~く考えてみると、マリちゃんと一緒(爆)
まさか・・・・次来る時は・・・・大雪・・・まさかねぇ~(笑)

でも、おかげでばあちゃん大喜び!!
Commented by りんまま at 2013-08-26 22:24 x
ぷぷっ。
全てマリちゃんと一緒に経験したって言うのが・・・
凄いねww

おばあちゃんの笑顔が最高。
そしてその下に映ってる
ラッキーのお顔が(笑)
Commented by degipochi at 2013-08-29 00:26
ぽん母しゃん
ほんとだよ~計画ぜんぜん狂っちゃったよ~。
なんか、行ったたんびに記録を作っているような気がする。
吹雪も良い確率で経験したし、津波警報まで聞いてしまうとは。。。。
次回、懲りもせず復活した国見温泉に行こうと思ってますが、その時は平和であって欲しいですな。
いや、マジで。。。。 でなきゃ被害がでかすぎる。
あ、ばぁちゃんに「ありがとございました!」て伝えておいてね~♪
Commented by degipochi at 2013-08-29 00:27
りんしゃん
そーよ、そのすべてに立ち会ってる犬ってどうよ。
・・・・図太くなるはずだわな。 もうあれ以上図太くならなくて良いから。
でも、そんなひめポチをぽんちゃんとこのおばぁちゃんは、とっても可愛がってくれるなのよ。
めんこい~ちて。
間違いなく、騙していると思われる。


<< ♪ 国見、再開 ♪ 絶品海の幸、ちょっとだけ♪ >>