雨が降っても気楽なドッグラン
こちら、飯綱東高原は牟礼の、無料ドッグラン。
b0067012_1474336.jpg

雨雲よりちっとだけ先んじて到着できたので、ここでヘトヘトになっていただくことに。
膝関節内即脱臼のあるサラっぴは、アスファルトでは走らせたくないし、ねーちゃはほっといても動かない。

こういうだだっ広い空間は、うってつけ。アップダウンもかなりあり、もしかするとむこうに可へ?みたいな錯覚を起こしていただくには十分な距離がある。

行ってこいや。
b0067012_149966.jpg

先に居られたお友達に、あいさつする。

なんかちがう。
b0067012_1541192.jpg

そのしっぽは、なんだ。 どうしてそう、威丈高なんだ008.gif
b0067012_1554830.jpg

ものすごく姿勢がいい、と見えるかもしれないが・・・・
首は伸び過ぎ、ほとんど鎌首のよう。前足の踏ん張りも千秋楽の土俵に立つかのごとく、爪もバリバリ出てるし
しっぽも好意的に見てもやる気満々、一歩違えれば戦闘モードのガラガラヘビみたい。

で、二匹仲良く走るのかと思えば、
b0067012_233416.jpg

そうでもなく。

なにせ、この過保護な先輩、バカちんな若人が気になって仕方ない。
b0067012_251028.jpg

あの子犬(マリちゃんにはそう見えてる)、ちゃんとあいさつできるのかしら。遊べるのかしら。嫌な時は嫌とちゃんと言えるのかしら。失礼な犬には、やめるようシワれるのかしら。カツアゲにあったりしないかしら(お前、自分はどう・・・)。
b0067012_281732.jpg

あら。

意外にちゃんとやってるじゃないの。




・・・・・・015.gifつまらねぇ。


マリちゃん、あなたが思っとるより、若人はちゃんと成長しとるんですよ。なんかあったら、代わりに出てってぶっ飛ばす時代は終わりましたがな。サラっぴがフレンドリーすぎる雑種の大型犬にからまれた時、はるか向こうからぶっ飛んで来て、そのでかい犬の喉元にフライングアタックかましたのは、いまだに目に焼き付いております。
で、肝心の子犬はねーちゃ置いて逃げちまってましたな。

その頃に比べりゃ、若人もずいぶん自分で出来るようになりました。

b0067012_2141860.jpg

あいさつもきちんとできるし、しつこくされるのが嫌なときは、「やめるでちね」て言えるし。
b0067012_2155021.jpg

ただし、
b0067012_2162426.jpg

リードで届く距離に、ねーちゃがいれば、の話ですが。
b0067012_217985.jpg

寄らばねーちゃの陰。 はかわらん。

ねーちゃから完全独立の日は、来ないなこりゃ。

b0067012_2183788.jpg

これだけ広いドッグランで、手入れ行き届いていて、無料。特に規制なし。

ぜひ、飯綱・黒姫エリアをお通りの際はご利用を。ストレス解消間違いなしだなのよ。
b0067012_2215581.jpg

この短い時間、雨は・・・・・ ぽつぽつで本降りにはならなかった。これだけでも日頃の行いが(きっと)いいに違いない。
b0067012_223642.jpg

なぜ笑うかな。 この一行に於いては、「降らない」だけでも大変なめっけもんなんですて。

人間、謙虚さが大事。

そしておんなじくらい前向きな解釈が大事。



にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

まだまだ写真はあってよ。 お楽しみにだなのよ♪

by degipochi | 2014-06-12 02:26 | 旅行など | Comments(0)


<< 大御所、ご不在。 雨が降っても気楽な旅よ >>