GIVENCHY in ネリマ
GIVENCHYと言えば、高級ブランドですが。でもそんなネタ、マリちゃんちで扱うはずも無く。まぁあなた、
b0067012_0505451.jpg

マリちゃんはね。 怒っているだなのよっ


マリちゃんの仕事場では、時折腰の悪いワンの方もいらっしゃるんですけどね。特別枠で。
今日、緊急で紹介されてきたワンの方は、それはもうあまりに気の毒な・・・・
b0067012_053065.jpg

後ろ足の立たない、五歳くらいのダックスの方(♀)。 最初、ヘルニアかと思ったらそうではないと。

それと、なんで五歳くらいって言うかちうと・・・・
b0067012_0571197.jpg

正しい年齢が分かんないから、な訳で。 なぜか? その理由は簡単、
b0067012_0563138.jpg

ブリーダー崩壊からレスキューされて来たワンだからだなのよ。

もうこれはマリちゃんの理解を越えてる(涙)。


だいぶご存知の方も増えて来たと思いますが、ダメすぎるブリーダーで飼われてる、いわゆる繁殖犬は、一歩も戸外に出たこと無いのは当たり前、場合によってはゲージからも出してもらったこと無し。コマンドも聞いたことないし他の人間に会ったこともなし。予防接種も打たない。反抗するってチャンスも無いから、いたって大人しく人なつこい場合も多いんですが、
b0067012_115494.jpg

このGIVENCHYちゃんの場合はさらにちょっとひどい。 まったく歩いたことが無いらしく、後ろ足は筋肉が全くなく、関節は硬直して伸びきったまま、上半身もそれに比べればしっかりしているように見えるんですが、ただ座っているのに必要な最低の筋力があるだけであとは脂肪。
b0067012_1101315.jpg

無惨、しっぽの長さも半分。邪魔だし汚れるからなのか、有りません。
当然・・・・と言っては可哀想ですが、名前もナシ。最初にレスキュー後見てもらった獣医さんでは、その下肢障害がまんま名前とされちゃう有り様で、、、 いくらなんでもそれはヒドいと、頭文字がGなのだけは確実なので、GIVENCHY(仮)ちゃんとなりました。

幸いにしてレントゲン所見では腰椎ヘルニアでは無いと言うこと、トレーナーさんとこで一昨日から一時預かりしてるけど、その間に少しずつ後ろ足が動き出した、て言うことなんで、うちで出来ることとして、温め→マッサージ→ストレッチ→他動運動を。
鍼も考えたけど、まずはストレッチかなと。
b0067012_118156.jpg

そしたら、肉球の間を刺激すれば亢進した反応ではあるけれど腱反射もあるし、関節も徐々に曲がるしで、歩こうとすると後ろに伸びきったままだった脚が、
b0067012_1232788.jpg

ほら!!

わずか三秒くらいだけど、
b0067012_1235262.jpg

自力で立つじゃないですか!!


これは、もしかするとちゃんと自分で歩ける日が来るかもしれない。

b0067012_1283919.jpg

性格もいいし、おとなしいし、人なつこいし・・・・  実にいい子であります。

獣医さんとトレーナーさんと二人三脚ならぬ三人四脚で、GIVENCHY(仮)ちゃん、通称ジジ(ここに居る間に付いた)が健康になり、無事に里親が見つかるまで、当面サポートしていくことになりました。

理解越えてる、ていうか有ってはならねぇと怒り心頭、あなたたちなんとかしてあげなさいよと訴えるひめポチ。
b0067012_133723.jpg

トレーナーさんと一緒に見えた、ダックス飼いのお友達に、それはそれは一生懸命アピールしておりました。
いったい何が分かってて、語るのかねぇ〜あの犬は・・・・

30分、大御所に真っ向から口説き落とされたら、たいがいの人間は根負けして「yes」って言っちゃうね。

と言う訳で。


もう少ししたら、たぶん正式に里親募集予定053.gif

その時は、よろしくね。


にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

ジジちゃんに、応援よろしくね〜

by degipochi | 2015-01-09 01:39 | おともだち | Comments(4)
Commented by はな at 2015-01-09 12:50 x
ブリーダー崩壊、私の知り合い?にもいました。離婚して子どもと犬を四頭も置き去りにしたんです!許せなくて叔母が引き取り先を探してくれてね、まぁセレブにミラクルチェンジした話があります。はなちゃんも病気で両目喪失して耳も聞こえずらいんです。大切な箱入り娘ですよ。可愛いですよ。マリちゃんもサラっぴも可愛いですよ。
Commented by ひでちゃん at 2015-01-09 17:58 x
北風小僧のぽんちゃんとこからきました。
ハロウィンではお世話になってます。

思わずコメントしたくって…
我が家にいたダックスの裕…
残念ですが昨年暮れ 13歳で虹の橋へ旅たちましたが
裕は 我が家に来たとき 後ろ足が伸びたまま立てませんでした。
病院では手術は無理とのこと 幸い神経は通っていたので 父が毎日足を持って曲げ伸ばし…
コレを2ヶ月くらい続けたら 立てるようになりました。
片足は間接が固まってしまい 伸びたままでしたが ちゃんと筋肉はつきました。
最初は車椅子覚悟でしたが 13年間 自分の足で歩いてくれました。
歩くだけではなく 走ってましたよ。
是非 リハビリ頑張って 自分の足で歩かせてあげてくださいね。
そして 幸せが訪れますように…
Commented by degipochi at 2015-01-10 12:22
はなさん
可愛いですよね〜、とにかく出会って、縁があった子はみな可愛いです♪
はなちゃんも、いいお家に来られて本当に良かったです。
うちもこれまで、二頭ほど一時預かりしたり、ひめポチさんに多大な指導をしてもらいました。
マリちゃん、今回も積極的に里親募集してましたね。あの犬、頑張るなぁ。
Commented by degipochi at 2015-01-10 12:25
ひでちゃんへ
いつもハロウィンではご参加ありがとうございます。
そうでしたか。裕くん、そんな過去が有ったんですね。
あまりにも今回のジジちゃんに似ていて、ちょっとびっくりしています。
というか、きっとこういうケースが非常に多いんでしょうね。。。
そこまでしてもらった裕くんは幸せでしたね〜。
ジジちゃん、トレーナーさんのところで日々・・ていうか、まだ数日だけど、どんどん変化しているようです。
きっと、良い出会いがあるでしょう♪ 楽しみに待っております。
コメント、ありがとうございました。


<< 犬の倍返し 初 風邪っぴき >>