空を飛べたら
毎週来てリハビリに励んでいるジジちゃんを見ていると、
b0067012_1132317.jpg

やはり関節の可動域ちうのはほんとに大事だな、としみじみ思うのであります。

ジジちゃん、伏せても前足がアゴの下まで来ない。
いや、ダックスだから足が短いとか、そう言うレベルでなく。
人間で言ったら・・・そうね、万歳ができないって話。言うなれば五十肩とかで、顔の高さまで腕が上がらないみたいな。
b0067012_1171290.jpg

だもんで、二人掛かりで、仰向けになってもらったとこを気持ちよ〜くのびのびしてもらうんですが。
腹筋も付いて来たし、背骨しか手に触らなかった背筋もだいぶ付いて来たんだけど、柔軟性はなかなかだなぁ。

で、犬のヨガという話になり、背中や肩関節、股関節の柔軟性をみるのにこんなポーズがあると教えてもらったのが、
b0067012_121074.jpg

これ。

「?」 と思うでしょう。 何だそれ?て。

ほんとはね〜肩の付け根と股関節の付け根部分をぎゅ〜と引き延ばすようにストレッチし、背中も若干反るくらい伸びるし、前足も後ろ足も地面に水平なくらい伸びきる
b0067012_1234365.jpg

ってやつらしいんですが・・・・ この見本もだらしないやね。垂れてる。

関節部分が固いと、鳩胸なまんまで体幹部から前に足が出ない、後ろ足も下がったままになる、てことです。
ジジちゃんはほんの少しずつだけど、この柔軟性を高めていかないと足が前に出ない=歩けない、ちう話。

それに比べて、まことに柔軟性が高く、普通にフセをしていても肩関節が伸びすぎ肘が顔の横にあるのが当たり前なひめポチさんは、今回とくにやりたいですか?の打診も無く取っ捕まって、ポーズをとらされていたので、
b0067012_1284886.jpg

それこそホンマモンのスーパーマンよろしく、空くらい飛べるように見えるんじゃないかと予想される次第。

そしたら、何の迷いも躊躇いもなく、テーブルの上の人間の食べ物を狙うね。

いや・・・・ 望みはもっと高く、窓から空に羽ばたいて、遠くしあんさんあたりまでメシ食いに行っちゃうかもしれない。

おまえ、飛べなくていいわ。



にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

今度は若人で試してみよう♪ 先輩より固かったりして??

by degipochi | 2015-02-10 01:32 | おともだち | Comments(0)


<< 昼寝が悪夢に変るとき 良い年になりますようにっ >>