言葉でなくてもつたわるもの
ジジちゃん、歩きましたね。
b0067012_1215211.jpg

昨日、公園で。 その様子を動画で見せてもらいましたが、ドラマじゃないからタメも躊躇いもなく立つね。効果音も無いし。

数歩歩いたところで、ぐにゃドサと横座りになっちゃってたけど、なにあなた、一度立ったらこっちのもんでさ。
脳の回路は繋がったってことだから、何回でも立つでしょう。そのうちあっけなく歩き続けるでしょう。
やはりそれもこれも、トレーナーさんの信念と継続のトレーニング、さらにご本犬の「出来ない」ことを学んでいない強さでしょうか。

やっても出来ないんじゃないか?てブレーキ掛けるのは人間の知恵かもしれないけど、あんまり役に立たないね。
すっかり良い顔になってマテもできるようになったジジちゃん見て、反省しきりなのであります。はい、私もメンド臭がりです。
b0067012_1331163.jpg

ところで、そのジジちゃんと共に、て言うかそれよりずっと長いお付き合いの方がおります。フレブルの阿闍梨くん(通称アジャぽん)。

五歳でヘルニアになってから、もう六年の付き合いになりましょうか。最初の頃は、もう呆れ返るくらい元気で。昨日のことは覚えてない、明日のことは考えてないという典型的な楽観主義で、下半身が完全麻痺してるから轢かれたカエルみたいに、後ろ足がぴ〜んと伸びきってたんだけど、そんなの御構い無しに吠えたり飛びつこうとしたり。
あげく、「あんた鼻どこに置いて来たのよ、壁にでも当たったの?」とでも言われたんでしょう、まっ正面でバカにしたみたいに仁王立ちになってるマリちゃんに、「なんだとぅっっっ上等だコルァッ」みたいなこと言いながら飛びかかろうとして、そのまま自ら地べたに叩き付けられたり・・・・。
目の前でびったん!!とお笑い芸みたいに自滅した姿を見て、マリちゃんの方が、これは相手にならんと呆れたのか、その後はもはや揉めることも無く、誠に友好な無関係が続いておりました。
b0067012_1435371.jpg

マリちゃんと同じ11才。 ここ半年ばかり、なんだか急に秋風が立って来た感じです。

そして今日、到着した時に「ちょっと喉の辺りが腫れてるんだよね」と言うはなしになりました。
獣医さんに行ったけど、確かにリンパは腫れてるが、そんなに悪いもんじゃないらしい。今、経過観察。

ではと通常通り鍼でも打つかとベッドのセッティングしていると、ひめポチが急に足元に来て、そのベッドにあげろ。と。
いいから、マリちゃんをベッドにあげなさいよ、言いたいことがあるんだから。

こっちも遊びでアジャくんの相手をしている訳ではなく、真剣に鍼打とうとしてるとこだったんで、しばらく無視しました。
それでも、どうしてもあげろと見上げ続けるので、じゃあ邪魔にならないなら、と椅子を横に置くと、そこからさらにベッドの上に。
ごちゃごちゃとアジャと治療する私の周りをまわり、それにつられるかと思ったアジャは、なぜかじっと私の顔を見、それから正面に向き合って座りアジャのリードを押さえているおかあしゃんの顔を見、それからちょっと離れたところにいるもう一人の顔をじーーっと見続け、動きません。
b0067012_1573144.jpg

こんな誰かをじっと見る、なんて行動は初めてでした。
一方の、アジャの前に座ったマリちゃんは、そのアジャを横目で見ながらにおいを嗅いだり、顔を覗き込んだり、最後に私に向き合うように座り、あなた話が分からないなの?と言わんばかりに(てか、あれは言ってたね)じっとドングリみたいな目で見つめたまま動きません。

どうも首の後ろあたりから頭にかけて気にしているらしい。

「アタマか? マリちゃん、アジャくんアタマが悪い・・・いや、アタマの中の具合が悪いのかな?」

と尋ねると、わずかにうぃ。と言ったような・・・ 
「わかった、じゃあ獣医さんに、アタマの辺りをちゃんと診てください、て伝えてもらうから。喉じゃなくてね。それでどう?」
と言ったところ、まだ分からない人ね、とごちゃごちゃ文句垂れるのかと思ったマリちゃんは、「そう、分かったならよくってよ」と言わんばかりに、すっとベッドを離れ、椅子から下へ、そのまま振り向くことも無く自分のお昼寝コーナーに行って寝てしまいました。

これをどう受け止めたらいいやら。

ひめポチは一言も発せず、こちらの言うこともそれこそ大人に言うように語りかけてるわけだし、いったい何が通じあったのか。

時に悪魔で、時に悪魔でない何かの使いのようなひめポチさん。

どの犬も、こんな事を感じたり伝えようとしてるとしたら、犬と言う生き物の深みって、とんでもないですな。

言葉ちう枠に縛られないだけ、人より犬の方がすごいんじゃないかとさえ、思ってしまいます。恐過ぎる〜・・・・。


にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

by degipochi | 2015-02-13 02:17 | おともだち | Comments(3)
Commented by uhho at 2015-02-13 12:49 x
おお、とうとうマリちゃんは、卑弥呼のような存在になりましたかぁ。
私もマリちゃんに体見てもらいたいわぁ。
腰が痛いと思ったら、今度は膝、次に肩と
最近、どうにもこうにも、すっきりした日がないのよ。
で、私も「頭を見てもらいなさい」って言われるんかしら?(-_-;)
Commented by ぽん母 at 2015-02-13 15:28 x
ジジちゃん、歩けて良かったね~ばんざ~~い!!
ブログに登場するたび、表情も変わっていく
まりちゃんのおかげってことかな(笑)
しかし・・・まりちゃん、あなたは?何になってるの?
進化という言葉がふさわしいのか?
私もここ痛いあそこ痛い~って診てもらったら・・・
「年のせいよ!」って言われそう~~(爆)
Commented by suga-j-m at 2015-02-14 16:18
ジジちゃん、おめでとう*\(^o^)/**\(^o^)/*
頑張ったね。
そうね、諦めたり、出来ないと思ってそこで止めてしまうのは人間だけなのでしょうね…
私も反省だな。

マリちゃん、して、貴女はどこに向かうのでしょうか?ついでにりんしゃんのコトも診て頂けないかちら?


<< 生ワカメ、到来♪ 昼寝が悪夢に変るとき >>