高尾山を攻略する
こんなところに来ております。
b0067012_125368.jpg

どこぞの郊外の可へに来たのかと思ったら、
b0067012_1261796.jpg

山であったなのよ。
b0067012_1264145.jpg

あらずいぶんちう車場から遠い可へだなのね、地図まであるだなのと思ったら、ほんとに山登りであった。

とちう、どんどんお店が出現するから、マリちゃん的にはそこでもいいとゴネたんだが誰も聞かず。
だって、そんなあなた、山ちうもんが近くにあるとは信じられないでしょうが。
b0067012_1285351.jpg

まさかネリマから一時間もかからずに、山に登りに来れるとは、マリちゃん思わなかったなのよね。
b0067012_1314369.jpg

しかし、ほんとに山であった。しかもちょー有名な山。

孝雄さんですって。


え? ちがう?



あ、 高尾山。

いいじゃないの、痔が違ったくらい・・・・ あら、今もなにか有ったわね(ほんとにこの字が筆頭で変換だった・・・汗)。
b0067012_1332162.jpg

とりあえず、この超有名な高尾山に登ることになりました。コースは表参道ともいう一号路ではなく、「稲荷山コース」。

お稲荷さんが祀ってあるから「稲荷山コース」なんでしょうな。
b0067012_137980.jpg

ケーブルとかで頂上まで行ったことしかない、東京のもっとも身近な名山、高尾山。
JRと京王電鉄の駅からもめちゃめちゃ近く、ほとんど坂道の公園感覚で訪れがちですが、一号路でないルートを選ぶと、意外にちゃんとした山道だよと言われました。

登り始め、いきなり長い階段で、
b0067012_1405373.jpg

ペースの合わない即席チーム、先導車の足に後続車がつっこみ、早くも事故。

なにしてんだか。
b0067012_1424925.jpg

つまらぬ巻き込み事故は、大事故の危険が有ります。 少し間を空けて歩くように。

そして、一時間半の稲荷山コースはスタートしたのであります。

日常の散歩では、三歩と言われ、陸ガメと言われ、ドナドナド〜ナ〜と歌われ、悪意が有るのかと思うくらい
引きずってでも前に進まない、歩くの嫌いなあくたれ犬が、
b0067012_1443128.jpg

山ではまぁ歩く。

ペースが上がらなかったのは最初だけ。
b0067012_1475210.jpg

b0067012_1481075.jpg

b0067012_1482821.jpg

ウォーミングアップが進むにつれ、なんだかどんどん溌溂として参りまして、
b0067012_1521075.jpg

休憩すれば笑顔は極上、
b0067012_1525288.jpg

歩いていても笑顔は極上、
b0067012_1534630.jpg

このなかなかに岩場っぽい斜面を、それはそれは(誰が見ても)意欲的に
b0067012_1545447.jpg

敏捷にこなしていくのでありました。

やはり、猟犬だなと。
b0067012_1561678.jpg

こんな犬っぽい前向きな姿勢、都会に居てはぜったいに見られないぞ。
b0067012_1575996.jpg

途中に有った展望台からの見晴らしもなかなか良く。
b0067012_1583782.jpg

花も・・・・・ あんまり咲いてなかったな。

ここ稲荷山コースというのは、ずっと稜線を歩く日なた道、ということだったんだけど、前日の夜に降り続いた雨のせいでかなりぬかるんでおりました。

粘土質の地面が、意外に滑るんだよね。

私もつまらぬところで転びました。まぁ見事にばったり。
どこも怪我しなかったが、粘土な土がべったり魚拓みたいにくっついて、誰が見ても「ヒドく転びました」風。
b0067012_265692.jpg

ほら、このへんの土の感じ。 つるっつるしてるの分かるでしょう?

雨上がりにお越しの方、意外にすべるのでお気をつけ下さいませなのよ。
b0067012_281658.jpg

もう一息じゃい。

基本的に、高尾山というのは犬に寛容で、ケーブルは入れ物が有れば乗れるしリフトもオッケー。
b0067012_285262.jpg

頂上の茶屋には、犬が店内可の店も有るときた。

すれ違う登山者のみなさんも、基本的にはフレンドリーですな。
ただ、「ワンちゃんここまで来れるの? すごいねぇ」的な意見多数。
いや〜この犬が日頃カメなのは置いていて、小さくとも猟犬がこの山を登るのは、なんも難儀では無いでしょう。
b0067012_2153343.jpg

3キロちょっとのそこそこアップダウンもある山道。進むに従ってどんどん元気になって行き、
最後の頂上への坂道、引っ張られて遂に息の上がったおかあしゃんを差し置いて、
b0067012_2181954.jpg

先行する仲間に向けて、一目散。

犬ってすごいねぇ。日頃歩いてなくてもこの馬力。 毎日、ちゃんと歩いている犬は、どんだけ走れるだろう。


・・・・人間は、そんなスピードで階段駆け上がれません。肉離れます。


はい、登頂。
b0067012_221183.jpg


はい、脱線。
b0067012_2212933.jpg

ひめポチ、その店じゃない。 ワンちゃん可のお茶屋さんは別の店です。

ちうことで、後半に続く。



にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

ちょっとヒートなサラっぴは、おうちでお留守番です。出番ないでち。。。(涙)

by degipochi | 2015-06-19 02:22 | 山登り | Comments(2)
Commented by fumikoha at 2015-06-19 09:11
マリちゃんがものすごく意欲的に山を登っているお姿にとにかく感動!
笑顔があふれてるしね。
頂上のワン可のお店のお話も楽しみにしていま〜す。
でも、ぬかるんだ登山道のおかげで、マリちゃんの足回りがすごいことになってますね。
後が大変だってでしょうね。
Commented by degipochi at 2015-06-20 03:09
fumikohaさん
でしょ〜♪ まことに犬らしく。こんなことも出来てよ。
で、たしかに良く見てらっしゃる。足回りひでぇことになりました。
私も転んで泥だらけだし、このあとコンビでどーなるのかと案じたら犬ってスゴい!
乾いたらあらたか取れてしまいました。 やはり猟犬なんですなぁ。


<< 下りにもドラマが有り この旅の特長と言えば >>