寄りそう看板犬
昨日の攻防戦も、一日過ぎればどこへやら。。。。
b0067012_0192983.jpg

何事も無かったかのような、立春でございます。

午前中、神社にお参りに行ったら、梅が咲いとりました。
b0067012_0184949.jpg

やはり、季節は確実に春へと動いているようです。 

でも、まだ降るやね。きっと。このまま、この冬が終わろうはずも無い。

そして、今日の昼過ぎの患者さん・・・・・

いつも明るく元気な方なんですが、ちっとばかりいつもと違う感じで、不調でございました。そしたら、
b0067012_0221470.jpg

ひめポチが心配して、ベッドの脇に仁王立ちになっておぅおぅと小さな声で意見し始めたので、言いたいことがあるなら直接相手に言いなさい、と椅子を出してやったらこうなった。
横でがっつり、見守るつもりらしい。

この看板犬、来る患者さん来る患者さん、ちゃんと観察しているらしいんですね。そして、この人は調子がいいの悪いの、凹んでるの怪我に気をつけた方がいいの何か連れて来てるの、まぁ色んなことを言うわけです。
何でそんなこと言ってるのがわかるのか、と聞く人もいないくらい、ひめポチの語りは現地(どこ?)で有名です??
b0067012_0294133.jpg

あげく、外さない。あなた、気をつけなさいよと、さんっっざんおぅおぅアワアワ帰り際まで言われた方は、数日後階段から落ちました。落ちてから、マリちゃんに言われたっけ??と思い出したって。もう遅いわ。

ま、それが看板犬というものでございましょう。

相手をちゃんと見て、この人は・・・・て思う方にはちゃんと寄り添う。忠告する。場合によっては説教する。
これが出来てこその、看板犬で。   でなきゃただの追い剥ぎだよ。

夜、最後の患者さん。 こちらも、ご本人は調子よくなったと言いつつ、なんとなく私的に気になることがあって。
なにが気になる、て的確に言葉で言えないんだよな〜・・・・・ と思ってたら、
b0067012_036925.jpg

こちらにもまた、ひめポチはしっかりと寄り添っているのであります。
まぁ確かに、ひめポチとはけっこう親しくしている方ではあるけれど、オヤツを呉れる人な訳でも無し、こんなにひめポチがくっ付いたことはございません。
b0067012_040850.jpg

足。 完全に乗っかってるよ。

どうにも説明がつかないけど、とにかく「足元に気をつけてね」と言いました。ひめポチが気になる、て言うなら
伝えておいた方がいいと思って。患者さんの方も、マリちゃんと言う犬をよく知っているから、真顔で了解。
これまで、飯寄越せだの地震が来るだの、でかい声で吠えてる以外の、マリちゃんの不思議な行動を見たこと無かったので、驚いたうえで、わかったマリちゃん、気をつけるよ。と握手して帰られました。

ひめポチ様・・・・・・

一体、なにを感じているんでしょうねぇ。

みなさま、心の片隅にひめポチの言うことを置いといて、息災でお過ごしくださいまし。



いつもは、こうです。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

この二重性が、ひめポチの神髄と言えましょう。 ポチよろしゅう。

by degipochi | 2016-02-05 00:49 | 職業別 | Comments(0)


<< 揺れた・・・・ 今年もまたこの闘いが >>