とほほ月間報告記
  その壱

そもそも全ての始まりは、11月25日に行われるマリちゃんの「救助犬認定試験」と
永年の宿題であった自宅の改装が、突如同時進行となったことでありました。
あまりの忙しさに当時書けなかったドタバタを、回顧しつつ記録しておこうと思います。
長い長い一ヶ月でした・・・・・。 遠い目・・・・・・。

もうしばらくこんな目にはあいたくないわ。 ははは・・・・。。。。

つーことで。 よろしかったらご一緒に振り回されてください。  たーーのしーよーーー。


11月2日
夢のハロウィンパーティーが終わって、僅か二日目。
b0067012_132434.jpg

世の中は、秋たけなわ。 臭い芳しい銀杏の実を拾いに、H公園にも人影多し。

b0067012_152049.jpg

なのに、マリちゃんは薮漕ぎ(登山用語。犬訓練用語ではボサに入ると言う)する羽目に。
なぜと言うに、この数日前、屋内捜索と固くマリちゃんが信じていた認定試験がもろもろの事情により山林捜索に変わってしまったからでございます。
なんか、すごいところらしい。
そんなのマリちゃん、聞いてないし聞いてないし。
b0067012_1163383.jpg

山林捜索とは? とりあえずこんな所かな?と、10月の霧ヶ峰でもススキのボサに
入ってみましたが(写真中央おぢちゃん在中)
b0067012_123668.jpg

これがちっちゃなマリちゃんにとっては難敵。 前が見えません。
b0067012_1305778.jpg

遠くで見てれば幻想的でも、近くで見ればただの薮。
跳ねてどうなるものでもなく、マリちゃんただもうお手上げ(涙)。猟犬の本能、返上です。

そして、このあと行った現地は、とてもとてもこんなモノではなく、唖然呆然、崖のような急斜面にキノコ採りか山菜採りしか入らないだろう昼なお暗き腐葉土の山林でありました。
絡まるツタにヒッツキムシに汚ねぇ沼にススキにクマザサ。
b0067012_1324596.jpg

気が付きゃいつの間にか、鼻の頭の色がすっ飛んでるし。 ススキか?
H公園より帰宅、日常業務をこなし沈没。

11月3日
ランチに訪れたカフェユニークさんにて、お局ドルチェ様に演技指導を受ける。
b0067012_137274.jpg

メヂカラの神髄は、「押し」ではなく「引き」だという。キャリア不足でマリちゃん理解不能。
この頃から当地で、「マリちゃんKY疑惑」と言うのが囁かれるようになる。

まだ気分的に余裕あり。しかし明日に備え力を残して早めに就寝。

11月4日
防災訓練かけ持ちにつき、初のマリちゃんとおかあしゃん別動。
マリちゃんは山に柴刈り・・・ならぬ薮漕ぎに。おかあしゃんは練馬に写真撮りに。
つーことで、マリちゃんのこの日の写真、ナシ。
急斜面とチョロチョロ川沿いに3人、ショベルカーとそのアームの下に2人と計5人を探すのに所定12分のところを30分以上かかって、オヤツがあるの無いの、無いなら勝手に遭難しろの、すごい騒ぎだったらしい。他にも斜面転がり落ちた犬がいるとか隣の畑に暴走したとか??
あぁーーー大変。
b0067012_245574.jpg

そのころおかあしゃんは、平和に・・・平和に田柄町にて防災訓練。
b0067012_2123425.jpg

放水訓練もあり、本格的。これでも町会訓練です。 
やってみたい。    やってみたいが・・・・・ きっと吹っ飛ばされる。

その後、埃でぶわぶわヘロヘロのマリちゃんと合流し、午後の光が丘防災訓練。
b0067012_231276.jpg

同時に炊き出しの実演もやっていたため小一時間遅れる。 
b0067012_2181816.jpg

い~い匂いのけんちん汁を手に持った子供たちが、続々見物場所にやって来る。  
これは、マリちゃん始め腹減りワン達には、ピンチ。
b0067012_215046.jpg

は? なにか? マリちゃん大丈夫でしてよ。
実際デモンストレーションが始まってみれば、みんな一生懸命服従し、けんちん汁に流れていった犬は皆無。ただし、時々、はっっと地面の匂いを嗅ぐ犬あり。
どうも、汁をこぼしたのが地面に染み込んでいるらしい。「発見発見??」

捜索もやる気満々だったマリちゃん、手違いにて出番終了。 
b0067012_2174916.jpg

ノンちゃん頑張る。 箱を引っ掻きすぎて破壊しないようにね(汗)。
(注 この箱は後日突風に煽られた際、無惨なバラバラ廃墟となってしまいました。合掌)

午後5時デモ終了。 双方とも疲労困憊。爆沈。

以下、続く。 呆れてご鑑賞ください。
by degipochi | 2007-12-11 02:29 | 訓練


<< とほほ月間報告記 続き えーとーなんと申しましょうか >>