服従科目で 日が暮れて(実録公開試験)
クンレン犬の登竜門、「服従捜索訓練試験」。
当然、おかあしゃんとはすべての過程を終了しているマリちゃんですが、こういった試験は何回受けてもお勉強になりこそすれ、悪いことは一つもない。という周りのアドバイスによろけて、
b0067012_0391092.jpg

大好きなおじちゃん群のひとり、「アオリのT氏」と受けてみることとなりました。
誉め下手なおかあしゃんと違い、「いや~マリちゃん、すごいねぇ~なんでもできるね~」と気合の入った低音で間髪をいれずに褒めちぎってくれるT氏は、 まぁ言っちゃ~なんだが、
b0067012_0302717.jpg

敬愛するおぢちゃん先生に並び立つ、とまでは言わないまでも、おかあしゃんなんかよりは遙かに好き。
「マリちゃんっ コーーイ!!」 と呼ばれれば、
b0067012_0463675.jpg

おかあしゃんになぞ後足で砂かけて吹っ飛んで行っちまうのである(涙)。 薄情モノが。。。。。

で、なんでこのT氏と出ていただくことに決めたかというと、そりゃーあなた、
b0067012_0483297.jpg

彼の愛犬、大河君とのあまりにも一心同体な脚側行進に頭が上がらないからに他ならない。
見て、この、
b0067012_050131.jpg

見事の一言に尽きる、カーブの曲がり方。 角度まで同じだよ。   惚れ惚れします。

一緒に訓練しているゴールデンのボブ氏も、そりはそりは見事な脚側行進を披露してくれるし、
b0067012_0563093.jpg

こうやって一糸乱れぬ動きを見せていただくと、何だかそれだけでとっても自分の犬と心が通うというか、
b0067012_056423.jpg

見えぬ赤い糸を感じるのであります。

いっぺんでいい。 マリちゃんの、そんな脚側行進を見てみたい。そんな、て言うのがおこがましいんなら、それに近い、つか似てる、つか自分よりましな行進風景を。。。。

てことで。 半ば騙すようにして試験に臨んだ即席コンビなのでありますが。

お約束どおり、直前までバリケンにて爆睡していたひめポチは、自分の番であることにピンと来ず、
b0067012_0374047.jpg

なんだかよろけている。  

横を見上げて、あり。おかあしゃんでなくてよ。と気づいたのはいいとして、
b0067012_0382096.jpg

おじちゃんならオヤツをくれるはずだ、とちと粘ってみて、ダメだと確認。
そりゃ、試験始まったらトリーツ・おもちゃの類は厳禁ですって。

おじちゃんとしても、オヤツくれたり誉めたりしたいところだが、試験ではそうもいかず、
b0067012_0392265.jpg

すでに頭が下がっているのである。 (まだ尻尾は上がっている)

さ、名前を呼ばれました。スタートラインに向かってください。
(その合図と共に、審査員である「おぢちゃん先生」ははるか風下に後退。なんかヘンな試験風景だ。。)
b0067012_121141.jpg





    001.gifゼッケン38番、赤い糸で(紐か)半ば強引に結ばれた即席コンビ、スタート001.gif

                      まずは、紐付き脚側行進。
b0067012_1514555.jpg

          マリちゃん、初っ端からいつものおぢちゃんとのような覇気なし。
b0067012_1522023.jpg

         それでも、強引な赤い糸の効用で、なんとか遅れずに歩いております。
b0067012_1523178.jpg

         この、顔。いつかやってやるぞ、という顔ですね~。先が偲ばれます。
b0067012_1524596.jpg

リードはちゃんと弛んでいるのに、なぜか無理やり引っぱられている雰囲気をかもし出すのはご立派。

そして、ここで命綱の紐を外します。普通の場合は、紐を外すことで逃亡の危険に晒されるわけですが、ご存知のとおりひめポチにおきましてはそうではございません。。。。
b0067012_1525664.jpg

      いいから!!  こっち見ないで。 いつもはおかあしゃんなんか見やしないだろが。

             ひめポチの場合の、紐なし脚側行進のリスク。 そりは、、、、
b0067012_153721.jpg

        これまでの数々の試験、競技会で、さんざんぶちかましてくれた、そりは、、、、、
b0067012_1531951.jpg

          悪意のべた遅れ  


b0067012_1533323.jpg

        それは、コーナリングで、いきなり始まりました。もうすでに遅れております。
b0067012_153445.jpg

              待ってなのよとかのスピードじゃないだろ、はやく追いつけっ。

                   と、それが次のコーナーを回ったところで、
b0067012_154188.jpg

                   なぜか解消。追いついております。ふしぎ。
b0067012_15429100.jpg

                       いや、ゼッタイ分かってない。
b0067012_1544098.jpg

                      ターンして戻ってくるコース上でも、
b0067012_155624.jpg

あ、遅れたっ コーナリングのたんびに遅れるってのは、ハンドル握ったばっかりの若葉マークか?
b0067012_1565490.jpg

               つまらんじゃな~~いっ あと少しだ、追いつけ~っっ
b0067012_157974.jpg

                   そしてふたたび、次のコーナーを回ったところで、
b0067012_1572534.jpg

追いついております。コーナリングで魔法のショートカット? 最終的に帳尻はあっているような。
b0067012_15737100.jpg

                     いや、当然終わりません。  続きまして、

                            行進中の停座。
b0067012_1575191.jpg

             そのまま、ハンドラーがコースの端まで行って、振り返って、
b0067012_158464.jpg

                       審査員の指示によって、、、
b0067012_1581910.jpg

                     呼~ぶ~ま~で~ マ~~テ~~
b0067012_159374.jpg

                     029.gif コイッ 029.gif  
  
b0067012_1591792.jpg

                  おお、ちっとは空を飛ぶような。
b0067012_1593088.jpg

   あんなに練習したのに、正面停座(ハンドラーの正面に座ること)割愛。勝手に脚側停座。


                      ・・・・・ま、 しかたない。。。。


   でもさ、脚側行進に比べたら、行進中の停座も行進中の伏臥もよくなったよね?
   そして、このあとの飛越(障害飛び越しのこと)も、ずいぶん泥縄だけど練習したから、

                       訓練チャンピオンなキング氏とか、
b0067012_1595942.jpg

                     一挙手一投足が美しいボブ氏とかが、
b0067012_20943.jpg

  カッコよく見せてくれるほどではないにせよ、それなりに決められるよね・・・・・・・って、


                      こりすか、飛越。                       
b0067012_202499.jpg

          一体何の間違いで、こんなに低く。こりではほとんど板一枚。
b0067012_203780.jpg

                   あ~~!!!     跨いだ~~!!!

           やり直し。 せめて形だけでもジャンプすればいいものを、
b0067012_205053.jpg

  ご丁寧に一歩ずつ、右前足に左前足、右後ろ足に左後ろ足と、もさもさとウシのように跨いだ。

 日頃、高いほうが練習になろうと思って50センチの高さを飛ばしていたのが裏目に出ました。
 どうも、あまりの低さに障害とみなさず、その向こうにオヤツでも落ちてんじゃないかと邪推したらしい。

 だれが試験中にオヤツを板の向こうに隠すんかいっっっ(怒) 「欲と二人連れ」・・・・・。

 審査員の先生が、「飛越 跨いだ」とコメントを書くのが見えました。とほほ。 
b0067012_21544.jpg

ギャラリーからもお約束の笑いが起き、やはりこの犬は、どこかで笑いを取らずには試験も終わらんのだな、と納得。「マリちゃん、笑いのツボを心得てるよね~」と妙な感心もされ、、、、

誰がパートナーでも、立派に笑いを取れる吉本犬と認定してあげよう。独立して稼ぎなさい。
マネージャーなら引き受けよう。 
b0067012_211550.jpg

        ささ、これにて服従試験の紐なし部門終了。お疲れ様でした~。

                           このあとは、
b0067012_212965.jpg

             休止で三分間、寝ててもいいからじっとしていてくださいね。  


自分がコンビを組まないマリちゃんが、一体いかなる行動を取るのかつぶさに観察できた試験でした。
いや~なかなか・・・・ 面白かった。 なにがって、あの犬、、、、

誰がコンビでも、おんなじ顔、おんなじ行動取るんでやんの。
相手に全く合わせないあの大物ぶりには、心底頭が下がりました。 少しは真似しようっと。

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

↑ ものすごく長くなっちゃいましたが、漫画みたいなもんだと思って、
   さらさら~と見てください。
   そして、あなたもどうです、マリちゃんとコンビ組んで、試験デビュー♪
by degipochi | 2008-12-06 00:54 | イベント | Comments(16)
Commented by LA-kat at 2008-12-06 03:12
おもしろい!おもしろすぎです!いえいえ、
マリちゃんすごーい!ちゃんと試験を受けて、
終了できるのは、すごいです。うちのワン達には
絶対無理なので、訓練とか試験とかに挑戦する
マリちゃんとおかあしゃんを尊敬しちゃいます。
マイペースなマリちゃん、いい味だしてますよ♪
Commented by リーchanまま at 2008-12-06 04:15 x
マリちゃん~さすがぁー笑いを心得てるっ(≧3≦)・・・・・・・・・・・・・・・違うかっ(爆)。
でもほんと・・・マリちゃんは凄いなぁ~♪
可愛くて出来るアメリカンコッカーですなぁ~☆
おかぁ~しゃんでもおぢちゃんでも・・・同じ顔&同じ行動(笑)。
最後の板飛ぶのは・・・マリちゃん的には『飛ぶほどの高さではなくてよっ!』・・・だったんでしょう。
いつもやってる事は凄い試験(ドキドキ)とかなのにも関わらず・・・その『ホヘッ?!』顔がたまりませんなぁ~(≧w≦)。
Commented by momotenmama at 2008-12-06 08:28 x
マリちゃんお疲れ様ぁぁ~ヽ(^o^)丿
面白かったよぉ~
ブツブツ言いながらも、遅れを取りながらも
ちゃんと帳尻を合わせてるなんてすごぉーい♪
誰とでも訓練できるって、やっぱりそれゎ訓練なんですよね?
モモテンも頑張ってちゃんと待たせなきゃぁ~!
Commented by keikomama105 at 2008-12-06 10:37
マリちゃ~ん お疲れ様でしたぁ~ 笑わせていただきましたわ
なんばか花月の吉本にデビューできまっせ♪
それでも ちゃんとリードなしで 歩けてますやん 立派ですよ~
板を飛び越える所が・・・アハハハ~向こうにオヤツ隠してるとな
ここがマリちゃんらしいところですネ いいわぁ~♪

Commented by やすべえ at 2008-12-06 23:33 x
本当に、私もマリちゃんには学ぶことがいっぱいいっぱいありましてよ。
それにしても、おかあしゃん、よかったじゃないですか。
マリちゃんが、おぢちゃんにはいつもおかあしゃんといっしょのときとは別人のような態度をとったとしたら、ガックシ・・・でしょう?
ぼかしの入ったおぢちゃんの苦笑がまたいいですねぇ♪
Commented by チコ at 2008-12-06 23:59 x
マリちゃん頑張りましたね~。けど、板またぎ・・残念・・。丁寧にまたいでいるのが、けなげでせつない・・・。
でも、コーナーで遅れつつコーナーで取り戻す、さすが!マリちゃんの顔が実にコメントどおりにみえて・・・あ~、がんばれマリちゃん
Commented by みり at 2008-12-07 21:51 x
マリちゃんすごーい
リードなしで、しかもおかあしゃんじゃないのに難なくこなしちゃうなんて。。
しかーし板をまたぐところはさすがですね
やっぱり笑わせてなんぼですからね~っ
Commented by degipochi at 2008-12-08 01:25
LA-katさんへ
ありがとうございます。励みになります。
上を見ればきりがなく、下を見るとすぐそこがきりだったりする、ちとコワイマリちゃんであります。
ま、試験といっても取って喰われるわけでなし、気楽にやって来いと皆様申されるのですが、じゃーとタラタラやって帰ると叱責罵詈雑言の雨あられなので、次回はちとしっかりやろうかな、なんて。
そのうち捜索に、お庭を貸して欲しいマリちゃんでした。なんちて、実際はきっとバーベキューとかになっちゃうんだけどね。
Commented by degipochi at 2008-12-08 01:56
リーchanまま さんへ
いかなるときにも、笑いを忘れませんことよ。てか、なんでかそうなる。
でね、マリちゃんが真面目に決めようとするとおかあしゃんがこける。
無線のバッテリーが試験の瞬間に上がったり、靴紐踏んでこけたり。
だから~、きっといいコンビなのよ。
あ、でも今回はコンビの相手が違った。。。。 てことは、マリちゃんがいいキャラなのか? だって~、あの障害、ギャグだと思ったんだもん~。低すぎ。。
Commented by degipochi at 2008-12-08 02:05
momotenmama さんへ
はっきり言ってヒトをかな~り舐めとるところがあるので、私の「お手」は聞くけど、小さい子供の「オテ」は「はぁ~なんですか」みたいな態度を取り、これではいかんといろんな人にコマンド→ご褒美をお願いしているんですよ。
その甲斐あってか、とりあえず誰の言うことでも聞く(しぶしぶ)。
だって、最後には美味しいもの貰えるんだもーん♪
手ぶらじゃきっと、言うこと聞かないでしょうね~。。。。。。
Commented by degipochi at 2008-12-08 02:07
keikomama105さんへ
ご存知のとおり、相変わらずの笑いを取っております。
なんで障害物跨ぐかなぁぁもう。あんなに、「跳べ」て練習したのに。。。
ホントは低すぎた、なんてのは言い訳にはなりません。跳べッたら跳んでこいやっ。
ま、そこがマリちゃんらしいんだけどね。。。。。とほほ~。
Commented by degipochi at 2008-12-08 02:10
やすべえさんへ
う?  うぅぅぅ~~~む。。。。   たしかに。。。
で、でもね、日頃さんざんおぢちゃんたちにニッコニコの笑顔を振り撒いているのを見ていますので、だったら本番でも決めてコイや、という気がしなくもありません。
まーこの脚側行進嫌いは、子犬のときの経験に端を発しているので、仕方がないところもありますが。
まーとりあえず合格だったし、良しといたしましょうかー。
Commented by degipochi at 2008-12-08 02:14
チコさんへ
丁寧に跨ぐのは、やはりお客様に、「自分が今何をやっているのか、分かるように演技する」という、アクターとしての基本に忠実だからでしょうか。(アクターなんちて、お笑い系ですがな)
あのコーナリングの不思議。歩調は変わってないのにどうして遅れたり追いついたりするのか、未だに解明できてません。高度なワザらしい。
あっそうそう、すぬすぬの記事アップしましたよ~。見にきてね。
Commented by degipochi at 2008-12-08 02:16
みり さんへ
はい、そのとおり。
マリちゃんの犬生、真剣にやってて笑いを取らなかったことが過去あったでしょうかみたいな。
おーすごい、という枠には決して入らない、救助犬風芸犬になりつつある今日この頃。
なんだかかなり、不安です。。。。。 来週、どうなるんだろ。
Commented by こた at 2008-12-08 09:10 x
いつも平常心そうなマリちゃんを
おだててその気にさせて、ここまで進んで来たおかあしゃんに
私は頭が下がります。
犬って顔としっぽだけじゃなく、本当に使えるものを総動員して
いろんなことを伝えてきますよね。
おかあしゃんはそれをすごく敏感に読み取ることが出来てすごいと思います。
いつも写真につける台詞もぴったり。
私ももっと犬の言葉が理解できるように勉強中です。
Commented by degipochi at 2008-12-08 11:17
こたさんへ
「あの犬はね~押さえつけちゃダメ。誉めて伸ばさなきゃ。」と教えてくれたのは、おぢちゃん先生。そして、そのとおり見事扱って見せてくれました。
そして、「マリはね(このヒトだけちゃんナシで呼ぶんだな)、分かったことをやらせると舐めてかかるから、ちょっと迷わせろ。教えないで自分で考えさせないと、遊ばないけど気がそれる」
これも、そのとおりでございました。
あの犬は吠えない分、びみょーな動きを使って、かなりややこしいことを表現しているようです。読み取れてないときは、じれて両前足で耳掻きむしってます。「なんでわからんかなぁぁぁぁっ(怒)」ちうて。
今度会ったら、おぢちゃんと犬の会話に、耳を済ませてみてください。
ゼッタイなんか言ってるから。


<< すぬすぬ ちったちゃん >>