カテゴリ:カビ退治( 22 )
マリちゃんは、腹減った~と、言った。
マリちゃんは、コッカー。 言わずと知れた、メガトン級の腹減らし。 おかあしゃんの向こうにご飯があれば、躊躇いなくおかあしゃんを突き飛ばしてご飯に突進する。そして後悔はしない(決然)。
b0067012_2217376.jpg
 
それが、今回のカビ騒動では、参った。 いや、カビに参ったんじゃない。そんなものにはマリちゃんはヘタらない。あんなのは表面だ。

マリちゃんが参った相手は、
b0067012_2219151.jpg

2週間飲めと言われた、抗菌剤。 こんなに長いこと、内服を続けたことはなかったので、どんなんなるかわからなかった。

毎日の患部洗浄、二日に一度の薬浴から解放されて一週間。 前回の、アゴにヒット炸裂した、あの診察日ですな。
劇的に良くなってるわけでもないんだけど、悪くなってはいない。ということで、残り一週間、飲ませちゃってください。
と継続した次の日あたりから、なんだか変な感じだった。 食事中に、食器から離れる。ふらふらとまた戻ってきて食べ続ける。
キャベツを残す。これはもう、確信を持って残している。 動きが鈍くなってくる。そしてついに・・・・・・。

食事を残した。
b0067012_231506.jpg

手であげてみると、肉はいただく。キャベツは(当然)いただかない。おじやごはんも、もうべちゃっとして食べにくいから、いい。と言う。

そして、次の日。 ものすごい、下痢。 家の中では絶対しないので、お腹がきゅうきゅう鳴ってるな~、これはトイレに行きたいのかな~と連れ出して、猛然とダッシュすること、そーね、20歩? 人間だったら駆け込んだトイレでパンツ下ろすの間に合わなかったかぁぁみたいな、滑り込みでドカーン。 
拾う間もなくお祭りの笛のようなオナラとともに、くるくる回って何の音だ? 誰がさわってんだ?と尻を覗き込み、またプポポンとか破裂し、いやーん誰か付いてくるのよーと走り回り、お尻を落とし、またオナラに驚き、
たーのーむー、落ち着けーー、誰も触ってないぞーー、こっちこそいやーーーんなのよーーーと一緒に路上をくるくる徘徊、
その姿は、さながら愛犬と猛スピードで子犬のワルツを踊り狂っているようであったろう。おそらく。

離れた四つ角で、呆然と見て居られたおばちゃん。ご安心下さい。双方ともに正気であります。かのブツはすべて回収しました。

ああ、恐るべきかな、抗菌剤。 最初はさり気なく親しげに、ついで頼もしい味方のようで、やがてはその正体を現す。
b0067012_2241223.jpg

いや、使い方なのは、重々存じ上げておりますですよ? これがない時代、どれくらいの悲劇が起こってきたのかも、知っているつもりです。しかしねぇ~・・・・・・ 副作用もまた、見逃せぬ一側面であります。
この002.gif元気のなさと007.gif食欲不振と008.gif大下痢とを天秤に掛けても飲み続ける価値かあるのか?
いや、ないね。 特に事態が改善したとも思われない。 今回はね。  ちうことで、やめちまいました。抗菌剤の内服。

それと、ほぼ時を同じぅしてハッケンしたものがあります。 あ、いいものではなくってよ。
みなさま、マリちゃんの右頬に、「ゴルゴ皺」があったのをご存じだったでしょうか。そう、右頬だけに。
b0067012_233853.jpg

あれさ、皺だと思ってたわけよ、ワタクシも。 なんで右だけに皺があるかな~と。 あと、なんで右頬だけ、時々膨れてるかなと。
その皺が、だんだん、黒く太くなってきましてね。。。。。 はいみなさま、ご想像できましたでしょうか、結論を。
しかし、真実はもっと○○だった。。。。 
だんだんと太くなってくる皺に、ふと疑念を持ったワタクシといたしましては、やることはひとつ。
ちょっと皺を引っ張って、広げてみたんですよ。そしたら、びろーんて伸びるでないですか。 これ、溝じゃねーかっっと。
さらに嫌がるマリちゃんを押さえつけ、その溝の深さを知ろうと、さらに目の淵と頬ぎりぎりまで溝を開いたら、これがあなた、際限なくひろがってですね、なんと途中で折れ曲がっておりまして、実は半分折り畳みになったL字型の一大カビ畑であったことが、ついに判明したのでありました。

卒倒。

一体いつから、このゴルゴ皺はカビの養殖場となっておったのか? そこは、ナゾなままであります。いや、考えたくない。

とりあえずこのヒダを日に二度、掻き上げながら「松之山温泉水」を二倍に希釈した水でピタピタと洗い、
b0067012_23125635.jpg

殺菌・乾燥にめっぽう効果があることの判明した「ティーツリー」のアロマオイルを原液で患部にそっと塗り込み、
時に掻き壊した箇所をヒビテンで消毒する、という大変シンプル且つ長期戦の構えに至ったカビ退治であります。

現在、草地の下を火が知らぬ間に拡大するように、毛に隠れて見えてなかった患部は、ほぼその全容を現し、ほっぺたの毛は所によりまるで無くなってて、あたかもパッチワークの丘のようです。
しかし、内服薬をやめてから順調に快復したお腹と食欲は、いまやほぼ元通りと言えるところまで来ました。

おかあしゃーーん、お腹空いた~~。の声が、こんなにホッとするとは、日頃は当たり前すぎて考えていませんでした。
b0067012_2316250.jpg

ま、カビを治すにも体力・免疫力。 食べる力無くしては、本から治すのは不可能でしょう。
シッカリ食べて、シッカリ寝て。 たっぷり散歩して日にあたる。 これを基本に、今度こそカビと手を切ろう。

ということで、ただいまカビ退治、ハイライトであります。もうちょっと、お待ち下さい。元気な姿を見せられると思います。

みなさまに置かれましても、この梅雨の時期。寝冷え・土砂崩れ・食中毒にカビにはご注意下さいませ。
b0067012_2316194.jpg

一週間ほどしましたら、またお目にかかれると思います。 では。

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ あ、お帰りの際にこちらはポチしてってね~♪

 
by degipochi | 2009-07-03 22:48 | カビ退治
雨と散歩とトイレとカビと。
昨日は暑かったですね~。 ネリマはお約束通り、東京の気温を遙かに超して、32℃まで行きましたよ。
b0067012_13365115.jpg

仕事中はサンダル履きなんだけど、こう暑くちゃ素足で、ふと見たらサンダルのマジック部分が剥がれたのか、糸くずが親指の爪際に
くっついててね。あれ~、このサンダル、ほつれるような素材だったかな~と思いながら、糸くず取ろうとしたら。。。。。
プチン072.gif と妙な手応えと共に破裂なさいまして、指、真っ赤。 だったんでやんの。
腹いっぱいで、重くて飛べなくなるくらい、さんざん人の血吸いやがってっ022.gif  まぁ~この後の痒いこと。
保冷材を指先に、キネシオテープで縛り付けて仕事続けましたけど、いや~ 腹立った。

ま、それはおいといて、と。

この天気だったら、日向ぼっこする千載一遇のチャンスだぞ、と犬を干してみました。
b0067012_13363016.jpg

気持ちいいようです。 ホントは主に、体の下側が問題なんだけど、さすがにここで仰向けへそ天は遠慮なさるそうで。。。。。
いや、警戒心とかじゃなくってね。 お友達がいっぱい散歩で通るから、なんだと。 挨拶できないからって。
b0067012_1410125.jpg

            よくよく天日に干した犬の背中は、ちょっと日なたくさいワラのような匂いがします。

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

さて、打って変わって本日。
by degipochi | 2009-06-24 14:37 | カビ退治 | Comments(12)