カテゴリ:二本松( 11 )
まりちゃん
二ヶ所目。こじんまりした仮設にはお母さん・おばちゃん・ばぁちゃん合わせてちょうど良い数ではなかろうかと秘蔵品を投入した。
b0067012_10251097.jpg

制作chidorigusa。 とってもとっても小さな、縫い物のお供。
b0067012_1031899.jpg

午前中の一ヶ所目では、寒すぎてなんの役にも立たなかったひめポチ、集会所には(一応)入れないので外にてガンバル。
b0067012_10322971.jpg


b0067012_10332663.jpg

えぇ頑張っております。 出来ることを少しずつ。

これがあなた、大好評。
b0067012_10342872.jpg

集会所から出てきた、主に女性に声を掛け、誰も「要らないわ」と言わないのよ。
b0067012_10355242.jpg

「あっ・・・・・」 て感じ。  なんか、すれ違った人に、もしもし、ハンカチ落としましたよ。あなたのでしょ? て手渡したときの顔。
忘れてた物を思い出し、それから、じわっと嬉しくなってくるような。
b0067012_10393395.jpg

そんな中、ばぁちゃんが来た。

喜んで針刺し受け取って、すでに寒くて膝にリタイアしてるマリちゃんに、注目。
b0067012_14104523.jpg

なんていうの?

あ、マリちゃんて言うんですよ~。 て、いつも通り返事したんだけど。

まりちゃん?  まりちゃんて言うの? 
b0067012_10432498.jpg

あー うちのとおんなじ名前だぁ まりちゃんて言うの、うちの子も。 あとね、たまちゃんもいるの。

二匹いたんだよ、 でもね。。。。



置いてきちゃったんだぁ・・・・  まりちゃん・・・・



b0067012_10464042.jpg

いい、いい ばぁちゃん、言わなくていい。


ほら、まりちゃんだよ。あったかいまりちゃんだよ。


触るとふかふかして、呼吸もしてるまりちゃんだよ。



ばぁちゃんが一時帰宅したのかどうかは、聞いてない。 だから、まりちゃんたちをもう一度目にしたかどうかは聞いてない。

犬種も知らないし、大きさも色もわからない。 

でも、ここにいるマリちゃんを抱きしめて、もう一回呼びかけて、ごめんて言えれば、それはまりちゃんに伝わると思う。
b0067012_10522692.jpg

ずっと抱えてた思いを込めて、ばぁちゃんはまりちゃん・まりちゃんとあったかい背中をなでてた。

マリちゃんもばぁちゃんの胸にアタマを寄せて、わかってるし。ばぁちゃんだいじょぶなのよ。て答えてるようだった。

まりちゃん、おせんべあげるからねっ おせんべ好きだったでしょ、持ってきてあげるからっ食べてねっっ

そう言い残して、ばぁちゃん自分の部屋に帰ってった。

いや、せんべはまずいだろ。とか他にどんなものをやってたんだとか思ったけど、ここはマリちゃん、頂いておきなさい。

その間にも、針刺しはどんどん、出ていき
b0067012_10564933.jpg

ほぼ嫁いでいかれました。
b0067012_1058435.jpg

すごいな裁縫セット。


そして、ばぁちゃんの荷物を(重すぎて)お届けに行った方が、マリちゃんに♪ ておみやげ持って帰ってきた。
b0067012_1059481.jpg

ほんとにせんべだ。。。。 

ばぁちゃん。 このせんべはまりちゃんとたまちゃんにあげた物と思って、マリちゃんがちゃんといただきますから。
いや日頃は、てかこれまでせんべなんて食べたことはないですよ。 しかし、ひとくち食べないと、いかん気がしますなのよ。

くわえた写真撮って、送ろっかな。 ばぁちゃんに。



着々と減っていった針刺し、最後は、
b0067012_12444677.jpg

なぜかおっちゃん二人がニコニコでお持ち帰りなのであった。

これにて、完売。


そう、ばぁちゃんはまりちゃんとたまちゃんに、申し訳ないと言う気持ちを抱きながら、これからも生活しなければならない。
前回、サラっぴの顔を抱えて頬ずりしてたおばちゃんも、実は独り言のように、うちの子ねぇ死んじゃったんだ・・・て言ってた。

今回は今回で、最初の仮設に不機嫌にぶつぶつ文句言ってるおっさんがいた。こんなに物配ったって・・・とか、高級そうな犬ばっか連れてきて、とかまぁ聞こえるような聞こえないような声でずっと怒ってるから、これは相当キテるなと思い、話してみた。
これ、チャラく見えるけど猟犬なんですよ~て話しかけたら、猟犬は俺も飼ってた、と文句口調のまま話し始め、猪猟のやり方を語りだし、罠はこうかけるんだとか、大事な犬に怪我させちゃぁいけねぇから罠の締め方はこうすんだとか、何頭も飼ってたと言い。。。
ぜぇんぶ、放しちまった。 と言い捨てた。置いてきた?て聞いても、いやぜんぶ放した。というばっかりで、綱を切ったのか保護活動の団体にゆだねたのか、手放すの内容は結局わからなかった。
そして、職人の仲間同士、みんなで仕事無くしてここにいて何にもすることがねぇ。仙台に出稼ぎに行けるヤツもいるけど、俺には無い。
その焦燥感、絶望は言葉に置き換えることが出来ないんだと思う。現状どうにかしろ、怒鳴りつけたくても、相手は見えない。
あのばぁちゃんも、このおじさんにしても、行政も東電も自分達からはあまりに遠くて、どう声を届けていいか全くわからないだろう。

町から引き離され、孤島のような仮設の中になすすべなく立つ、その心境と失望の深さには、掛ける言葉も見つからなかった。

浪江町。

またひとつの町になることを信じて。
b0067012_1331486.jpg

マリちゃん、まりちゃん役よくやったね 。。。。 少しは休んでいいよ。 お疲れさま。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

by degipochi | 2011-12-16 10:25 | 二本松 | Comments(40)
二本松のご報告
物資を提供してくださった皆様。キャラバン隊に参加してくださった皆様に、なんとなくのご報告をさせていただきます。
当日、全員で持ち寄って、一気に出しているので誰も全体の把握はしてないと思います。(当然私も) なので、まぁこんな感じで。。。
b0067012_1065688.jpg

毛布30枚くらい  相当古い数枚残し完売

座布団 個人宅と集会所で分かち合い完売 長座布団は瞬時に
b0067012_1049141.jpg

コタツ布団 完売

カーテン       出品され、その後、見た記憶がない

カレンダー多数   出し方を間違える。人数の多い前半で少量出品で完売。後半で大量に出しさすがに残る。戦略ミス
b0067012_10274255.jpg

クリスマスグッズ(ツリー・飾りなど)  すべて完売 
b0067012_102338100.jpg

絵本・児童書一箱  完売  

食器20箱以上 二箱田老行き それ以外は完売 特に漆塗りは開始時に消えた
b0067012_10151595.jpg

カトラリー 瞬時にナシ

鍋・まな板    並べた。その後、誰も見ていない
b0067012_10305098.jpg

縫いぐるみ三箱  完売。人形もあったが姿ナシ 
b0067012_1014481.jpg

カバン・財布など ほぼ完売
b0067012_10463563.jpg

マフラー・手袋・帽子 ほぼ完売
b0067012_10193268.jpg

湯たんぽ5個  前半で出品。完売

毛糸     量が少なく後半で出品。途中まであったが、気を抜いた瞬間に消えた。何人で分けたか不明

服(女性)  今回募集せず。にも関わらず多量出品し、半分以上なくなる
b0067012_10105587.jpg

服(男性)  要望有り。 丹前・はんてんなど、ほぼ完売
b0067012_10223035.jpg

服(子ども) 今回募集せず。しかし出品有り、これは残った

長靴     誰か履いて帰った

靴(男女)4足  気づいたらナシ ヒールの高い婦人靴一足、残る


こんなところでしょうか。物資は足りてる、持って行かなくても・・・と言われたインター近くの仮設でこの状況です。
岩塩は、最初の頃お持ち帰り頂いてましたが、だんだん誰が持っていったかも分からなくなり、仮設の代表の方に一任して参りました。

参加された方! お~い、大事な物忘れてるよっってご指摘ありましたら、ご一報を♪

そう、最後に一言。 これはどうしても言わねばなるまい。
b0067012_10523640.jpg

kittyちゃんは、無敵である!

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

そしてあと、ワンたちもね♪
by degipochi | 2011-12-15 09:40 | 二本松 | Comments(4)
子どもはみんなふわふわが好き
では、二本松のちょっと違った角度から、ご紹介していきましょう。
b0067012_9541877.jpg

ひめポチキャラバン隊ワンの方々の勇姿です。これだけ出動しました。一匹写ってません。ふらふらとフレーム外に彷徨い出て
もうオマエは写らんでいいっっと母にキレられてました。マロンぴ、今度じっくり練習しようぜ。片や中央で石のように固まっている地蔵犬は、壊れたアイボくんのようにガタガタ揺れてました。寒すぎたようです。よく見たらうちだけ、服着せてませんでした。はは。

最初の仮設。 中は、バーゲン会場のような熱気とごった返し。その中、揉みくちゃになるようにして
b0067012_101084.jpg

縫いぐるみとラッシュに耐えるがごとく、子ども達。 よくこの縫いさんコーナーまでたどり着いた。会場の真ん中にあるのよ。
ふわふわ抱きしめ、真剣すぎて無表情だったり、満面の笑顔だったり。

そして外に出れば、
b0067012_1021014.jpg

ゆずあずきもなか家など、穏やかなワンの方々総出で「おうちのワン」タイム。 走り回ったり引っ張ってみたり、ワン満喫。
時々、「こっちっっ」「おすわりっっ」とか声を掛け、アタマにさわり背中をなで。ここでもふわふわ。

(こういう時、マリちゃんは出さない。付き合い悪く地蔵化が進み、まず動かないか、オヤツがあるかどうか捜索し寄り倒す)
サラっぴわーはしゃぎすぎて、たぶん誰か引き倒すと思うし。。。 いや~みなさま、うちのワン係、お疲れさまでした!


さてと。

もひとつ。ぜひ見ていただきたい写真がこちら。
b0067012_1064875.jpg

あの。。。。。 今、断熱工事やってるってどうなんでしょう。 いや、こりに関しては伝えたい情報がありますので、後ほど。
でも、遅すぎるよねぇ。 これは、二ヶ所目の仮設での話です。最初の仮設では、工事はまだ行われておりませんでした。

b0067012_1082463.jpg

曇りと晴れと、土砂降りと雪がせめぎ合い、拮抗するドラマティックと言うよりはどす黒く無気味な空。

いや~良く持ったッすよ~。 盛岡雪・仙台暴風雨に二本松早朝は雪まじりと不穏な空気いっぱいだったけど、
やっぱり今回も譲渡会はハレだった。

ひめポチの御利益、すごし。 果たして、この無敵のアメオンナ、誰のツケで晴れを保っているのであろうか??

by degipochi | 2011-12-14 10:11 | 二本松 | Comments(6)
これだけ持ってったんだぞー
12月11日・二本松譲渡会終了 12日那須一泊し、帰京しました。
003.gif参加の皆様、お疲れさまでした003.gif

無事に帰ってきたこと・大盛況だったのは、すでにご存じと思いますんで、違う角度からリポートしてみましょう。

004.gif出発前の、各車の勇姿004.gif
りんしゃん
b0067012_11583210.jpg

アルファード、自宅前で罠にかかったようになり脱出に20分かかったとか。暴風の仙台から、良く来た!!

まゆっぺしゃん
写真無し。 郡山現地近辺の天気情報をありがとう。 ホントに寒かったっす。

ミルマロママ
ママしゃんリポートの、一番上の写真は、ノエルママ号です。相当うちの荷物が入ってます(合掌)。 ミルマロ号、現地まで開かずの
車になる、と聞いたけどホントだこりはすごい・・・・ 良く積みました◎。

ゆずあずきもなかママさん。 写真無し。でも9割以上は埋まってました。だれか写真撮ってませんか~??

りーしゃん
b0067012_12215641.jpg

かつてこの乗用車に、これだけの荷物が積まれたことがあるだろうか。 これはもう、人を運ぶ車にあらず。究極のツーシーター。

ココミミしゃん
b0067012_11534499.jpg

この車も、かほどの物資に埋め尽くされた経験はあるまい。よく走りました◎。

ぽん母さん
写真無し。 水と福田パンとおやつとあと・・・・様相の異なる荷物を運ぶ使命有り。雪の盛岡から決死の参加。

して、うち。
b0067012_125291.jpg

今回は、たいしたことねーなくらいの感じだった。 いや、大きい物が多くて小物をギウギウ詰め込む余地がなかっただけの話。

あと、あちこちに分散して載せていただいたという事情もございまして。。。 助かりました。でもやっぱり、満載です。

崩壊宣言のあった5台(だったかな?)を含む全9台の大キャラバン。
もう洋服は、特に女性物は足りてる。食器が少し足りないかな~ 座布団・毛布は欲しい、でも布団は押入に入らないから
要らないし、こたつ掛けは社協から配られるので、もう大丈夫。
て、聞いてたのよ。 浪江町社協と、伺う仮設住宅の代表者 二名に。

あれ・・・ それでは、そんなに持ってっても余っちゃうんじゃないかい? と案じる気持ちでおかあしゃん、胃が痛くなったりしたらしいが、

結果は、北に帰るぽん母号に、田老・山田へ届けて貰う物資を積み替え(満タン)、ミルマロ号に多少衣類をお預けしたら、あとは
b0067012_1233678.jpg

うちの車にゆるっと収まった。 これ、うちから改めて大船渡・山田等に送ります。
お洒落なのはやはり大船渡だなのよ。  ずぼっと暖かいのは、やはり山田なのよ。

ということで、大盛況であったことを物資の量で表してみました。

なんか果てしなくあるようだった食器類は、どこにいったのであろうか??

※ チップ忘れまして、今回はアイホンのみの撮影となってしまいました。。。 みんなの笑顔は、他のブログでご覧下さいまし。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
また書きますなのよ~。
b0067012_12485483.jpg


by degipochi | 2011-12-13 11:50 | 二本松 | Comments(13)
ひめポチ、2.5匹分
二本松の仮設、直接代表の方と話をしました。 そしたら、なんと「調味料がない」と。 あ、やっぱり消耗品は足らなくなってるんだ。

ですんで~ひめポチ家。 山田産の岩塩がいっぱいあるので、これを使おうということに。 このままは持っていかなくってよ。
b0067012_14343728.jpg

あ、またバカ・・・・とか思ったでしょう。 ちっち♪ その辺に抜かりはない。 まだ使い潰してない優秀な人材が、近くにいるだなのよ。

ばぁば、出番だ。がんばるように。 個数が多いから、グラムで測ったりしなくて良いからね。大さじ○○杯でいいから。
って言っても、ぜったい聞きゃしないだろうけど。

え、何個つくるのかって?

えっとーー 先の仮設が64戸でしょう~ 二ヶ所目が35戸でしょう。
b0067012_14375433.jpg


はい? なんすか、おかあしゃん。     ・・・あ。買ったジッパー付きビニール袋が200枚入りだったと。


じゃ、200個いっちゃおっかなーー なにせ岩塩、ひめポチ2.5匹分はありますからね。




驚異の25キロ袋。

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
問題は、肝心のばぁばが、まだ仕事の内容を知らないって事なんだな。。。。。  あ、到着した模様。 では(お気の毒に)。

by degipochi | 2011-12-09 14:40 | 二本松 | Comments(9)
マリちゃんの体重は・・・・
(ご覧の)大根なら5個、(ご覧の)白菜なら6個くらい、(マリちゃんマボロシの)デンスケスイカなら6Lサイズ一個・・・重っっ
b0067012_19123336.jpg

いずれにせよ、比較になるのは重量級、水分もたっぷり含んだ足に落としたらマジで骨にヒビ入りそうな代物ばかり。

しかぁし。 かの希帝ちゃんは違う。 
b0067012_21354345.jpg

なんとその体重、

リンゴ三個であらせられる

005.gif 軽っっ 005.gif

嗚呼かの山田のおでんせ市に於いてもかほどの大集団で応援に来ていただけたのだが、これだけのメンバーにして段ボールの重さは
b0067012_21384173.jpg

10キロに届かなかった。 さすがスーパースター004.gif072.gifである。

で。全員、嫁がれました。

あの真っ黒に焼けたイケイケ黄庭ちゃんなど、まだ婚期ではないと思ったんだけど、見初められちゃいました。

そして誰もいなくなった。。。。

でも、そんな奇亭ちゃんを大好きだ053.gifと言ってくれる人は、(当然)また出てくる。今度はしかも4歳児。在二本松。

癒すモノが欲しいと言われても、あのでかくてだら~とした、デンスケスイカとタメ張る地蔵犬では重すぎる。 代わりにはなるまい。
b0067012_19161212.jpg

そんな時。遠く秋田のみりんちゃから、スペシャルなプレゼントが送られました。

すごいんだよこれが。 よくここまで揃えたという充実ぶり、ほんっとうにkittyちゃんつうのはあらゆるジャンルに進出してるんだな。

067.gifみりんちゃ~ん、色とりどりとっても楽しいプレゼント、ありがとう~067.gif

こうやってね、秋田と二本松のあいだに、一本の糸が繋がったのはとってもいいことだと思う。
糸が増えて交差して、あやとりみたいになっていったら、いいな。

ちなみに、マリちゃんと一緒に写っている大根は、ネリマ産ではございません。 山田からいらっしゃいました。これもまたひとつの、縁。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ


by degipochi | 2011-12-01 18:45 | 二本松 | Comments(8)
聞けば聞くほど。
浪江町の社会福祉協議会から、連絡ありました。 無事にボランティア車両の申請、通りました。v(^^)v

b0067012_1864892.jpg

(こちらの仮設は64戸。ちょっと大きい)

前日の浪江町仮役場から引き継ぎをされた担当者から、内容確認の電話。 どこの仮設に行ってどのような支援活動をしているか
確認をしたところで、実際に活動している様子が納得いただけたか、申請書の件はすんなり了解。

b0067012_16231784.jpg

〈子供もいるしインターにも近し〉

ただ。ここからは、逆に社協からの要望、と言うことになります。

仮設住宅には町(浪江町ね)など行政から支援が行っております。たしかにコタツ布団は配られておりません。予定はしております。
(どうにも手順というのが邪魔しているとしか思えませんけど・・・)アンケート取って必要な方に配ることにはなっているそうです。
(そんなんしているうちに、零度下回ってますが)避難地域がバラバラなので、それに合わせて支部・出張所と浪江町役場自体が
あちこちに点在している状況でして、1ヶ所ごとの人数は間違いなく足りません。住宅支援はわずか一名で奮闘している状態です。
b0067012_16452313.jpg

(集会所。この中で、いろいろな催しができます)

そんな役場の現状を踏まえた上での、話し。 

避難の仕方の一つに、みなし仮設と言う制度があります。民間賃貸住宅を仮設住宅と認めて、補助金を出す制度のことです。
くわしくは、こちらを
この記事では良いところ尽くしに思えますが、大事なところが抜けております。それは、行政の支援の対象外だと言うこと。
家電・コタツに洋服に毛布。大型の仮設には潤沢に回ってくる各支援物資も、個々のみなし仮設にはなかなか届きません。
直接の支援の対象外ということで、役場や社協としても矛盾には気づいていても、手を差し伸べることは出来ないようです。
宮古市のように民間団体などを通して、ストーブの配布などすることはあっても、それさえ後手後手。全体の戸数さえ不明とか。

b0067012_1818334.jpg

(来年のカレンダー作るんだ~と張り切って、折り紙貼ってたおばちゃん。ところでタツノオトシゴってどんなんだっけ~?)

一問一答 仮設住宅に布団・毛布など配って、もし余ることになったら、持って帰られますか、と言われて、はい、そうですね。
そうしましたら、持ち帰らずに、こちらでお預かりさせていただくことも、可能でしょうか。と。  ええ、それは構いません。
実は、まだ個人の意見ですが、みなし仮設にお住まいの方に回すことができたらと思います、、コタツ布団などを置いていって頂ければ大変ありがたいです。これから会議で検討させていただきますので。
どなたがお使いになっても、無駄にならずに暖かい思いが出来ればけっこうですので、置いていけますよ、と返答したら・・・

とても感謝されました。 なんか、当たり前のことだと思うんだけど・・・ こういう展開ってあんまりないんでしょうかね。
b0067012_1904137.jpg

(こうやってイベントに使うスペースがあるのは、いいね♪ ちなみに、小規模仮設には小さい集会所。でした)

浪江町の社協は、HPも見あたりません。日々の業務(放射線数値測定など)には忙殺され、毛布やコタツ布団などの募集をしたり
配布をしたりするにも、まったくお手上げといった感じでした。 ひとりひとりは頑張ってはいるんだけどね。。。

てことで。申請書のFAX到着を待っております。ここに来てmiyaneko、ぽん母さん、まゆっぺしゃん、ゆずあずきもなかママ参加、
虎ぴぃ~ママさん検討中など一大ひめポチキャラバン祭りの様相を呈して参りました。 ま、ブツがひとつひとつでかいから台数は要るよね~。

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
明日からの無料化、どうなるのか。遠くから見守っております・・・・・

by degipochi | 2011-11-30 16:45 | 二本松 | Comments(18)
それでも笑顔を
笑顔と好評のうちに終了した二本松仮設住宅の譲渡会。 あ~よかった、必要だって言ってもらえて。と思いながらも、
どうにもこうにも割り切れないもやもや感が、時間を追うごとに強くなってきまして。。。。
b0067012_16585361.jpg

《仮設一ヶ所目到着》

たとえば。出発前に、福島の「ふくふくプロジェクト」というNPOに問い合わせました。必要・不必要な物が分かればと思って。
そうしたら、物資はけっこう足りているし、洋服に関してはやはり余っていると。リサイクルしてなにか製品を作るにも多いので、
服は持ってこないで欲しい、という話でした。 ありゃ、そしたら持ってくの冬服が多いぞ。そう言えば二本松というのは内陸で、被災地ではない。買おうと思えばいろいろあるだろう。どうする? と困ったんだけど。。
b0067012_1753899.jpg

《到着。同時に集まる人々》

インター降りたら、しまむらはあるわコメリはあるわスーパーはあるわ、なんでもあるじゃない。
さすが二本松、けっこう揃ってるわーと反対側に曲がって、走ること数キロ。案内なんかほとんど出てないまま、なんとか仮設到着。

b0067012_1723176.jpg

《毛布を所望するおじさん》

とたんに展開する光景は、買い物に行くことが全く出来ない沿岸部の仮設とそんなに変わらない。
確かに、やることがないとは思う。ちょっとイベントがあれば、見てみたいかなとも思う。 でも、
「毛布はないかね」「もう一枚、毛布いただいていっても、いいですか?」「座布団ないかなぁ。長座布団・・・」
その真剣さは、とても近くで買えるから、という余裕を感じさせるものではありませんでした。
b0067012_1732544.jpg

《犬を愛でる。 関係なくかあしゃーーーんと吠え続けるりんしゃん》

そう言えば自転車は一台もない。もう一ヶ所の仮設で「待望の自転車です、みんなで大事に使いましょう」と書かれた自転車があり、
貸し出しの時間と名前が事細かく書いてありました。なにかちょっと、事前の情報と違いすぎる。。。

ちなみに、この仮設はペット可です。車の到着と同時に、あちこちから警戒する犬の吠え声が響きました。
b0067012_17314272.jpg

《頼もしき番犬 ブラッキーちうたか?》

当たり前の町の音なんだよね。 それが、なんだか物凄く新鮮で・・・ そう、犬も居ない猫も居ないあげく子供も居ない住宅って。
ペット不可の、しかも高齢化の進んだ仮設は、どれくらいしんと静まりかえっているか、それだけで気温がぐっと下がりそうです。
屋内では、けっこう猫もいるらしい。 猫ってねぇ・・・・ あったかいんだよ。私は猫の毛アレルギーがあるのでそんなに近くに寄れませんが、大猫一匹膝に乗せて、ブランケットで巻いてたら、そこそこの暖房にはなると思う。猫暖房。

そんな屋内。 見せていただきました。
b0067012_17393287.jpg

《断熱用タペストリー》

とにかく、薄い。壁はぺらぺらです。触ると20度近い外気温なのに冷たい。なんとか暖かく、すこしでも晴れやかにと、
b0067012_17413137.jpg

《この千代紙の向こうは、直に外》

いろいろと工夫をこらしてはおりますものの、これでは・・・・・・ 暖まるまい。

毛布なくなっちゃってから見える方もおります。 90才近いのかなぁ、おばあちゃんが毛布みたいなもんないのかねーて聞くので、
b0067012_1743549.jpg

《おばあちゃん一押しの掛け布団を抱く(多分)長男》

満載だった1.5トントラックの上をかき回し、ようよう引っ張り出したのがこの梅柄の掛け布団。お気に召したようで家族を呼んでました。
b0067012_17501595.jpg

《家族に掛け布団を渡した後のおばぁちゃん 杖を着いた方ね》

そう、そうなんだよ。 ここでもまず聞かれたのは、「本当にもらっていってもいいの?」でした。 しかも何人にも。
この掛け布団のおばあちゃんも言ってたし、他の人も、毛糸並べたら、ああ~これでやることが出来た~、て喜んで手にするけど、
こんなに持ってっちゃ○○だからー(ガメちゃ罰があたる、みたいな言葉)て置いてくんだ。 天罰なんかあたんないよ!

孫に、てビー玉の瓶を大事に抱えて帰るおばあちゃん。
b0067012_17533385.jpg

おかあしゃんが、福島のおばちゃんに横顔が似すぎてるっっと思わず叫ばせた、寂しい表情のおばちゃん。
b0067012_17542771.jpg

《紫、似合うよ。持って行こうよ》

けっこう人数も集まって参りまして、すでに仲の良いお友達になっているらしく、賑やか。 なんだか特に男性が賑やか。
b0067012_22315763.jpg

《けっこう格好いいおじさんが多かった》

お約束、「この犬らは置いてかんのか~」に始まり、「いくらで置いてく?」「なんだかみんな、良い犬みたいだから~30万ならどうだ?」
まぁ要するに、可愛がられてるわけですわ。おっちゃんたちに囲まれ、なでくりされ、レディース大もてであります。
おばちゃんたちも負けずと元気なんだけど、なかなかね、笑顔がね・・・・
b0067012_22121029.jpg

ポーズ取ってくれるのに、堅めなの。 表情筋が、ぎくしゃくする。

こういう場所では標準語ちうのは分が悪い。固ッ苦しいし行儀良すぎる。増して「ですます」はもってのほか。
4月の陸前高田では、「~ですか?」て聞いただけで、おっちゃんにしゅるしゅる・・・・ と逃げられた。

で、仙台のりんしゃんがその武器を存分に発揮し、負けずにおかあしゃんがどことも分からぬ福島弁もどきを使い、
だんだん雰囲気がうち解けてきて、写真撮るのにノリノリになってきて、しまいにゃこんなナイスショット。
b0067012_22124527.jpg

《カラオケでマイク放さないでしょう、ねえさん》

そう、私お洒落好きなんだよねぇ~という一言を、ついに引き出しました049.gif
b0067012_22303736.jpg

《♪ このまま踊りに行きましょう ♪》

物資が余るというのはどういうことか。服がもう要らないというのはどういうことか。

時期がずれたりちょっと汚れてたりは当然のこと、サイズが合わなかったり、置く場所がなかったり、様々な理由が言われていますし、
またその通りだろうとも思います。 しかし、そのうしろに見え隠れするのは・・・・特にこの浪江町の方々に・・・有ってもしかたがない、
色とりどりの物を見て楽しんだり、可愛らしいとこれまで思っていたものを、今見てもそう思えない。「欲」の喪失です。
押入もないし場所ふさぎだからといって、薄っぺらい布団しか無かったり、どうせ割れるからと一枚もお皿がなかったり、洋服もこれ
着れてるからと、ほつれているのを着続けて、ちょうど良いサイズの新しいものがあるのに、目も向けなかったり。
犬たちに声を掛け、元気に話し、よく笑っても、その奥に大きな空洞があるようです。

ここで必要なのは、まず「ひと」だと思いました。 外から来て話を聞いてくれるひと。じっくり話をして、お茶を飲んで、
それからお腹が空いて、立ち上がって何か美味しい物でも食べようか、て準備しようとして、あ~お皿が足りないねぇ、
調味料もこれじゃあねぇ、もっと美味しい物作れるのに、て言う。

物資に欲求が出てくるのは、それからではないでしょうか。そう言う「欲」が、生きる「欲」へと繋がっていくのですから。

・・・・まだ続きますね。

by degipochi | 2011-11-16 17:00 | 二本松 | Comments(22)
この仮設に一人
無理矢理突っ込んでって良かった。 もっと北なら、雪か凍結で無理だろうなーと思ってた子供用マウンテンバイク
b0067012_13561212.jpg

到着と同時に売約済み。 一台しか乗りませんでしたので、先着一名様となっております。

みんなが、「○○ちゃんがいいよ」「そーだ○○ちゃんとこだー」って
by degipochi | 2011-11-15 14:21 | 二本松 | Comments(6)
この混み方はどうよ
皆様ご存じの、なのか 人によっては えーまだやってたんだ とか なにそれ とか ああ有難いよね とか
b0067012_12461151.jpg

いろいろご意見ございましょう、こちらの

状況を現地よりお送りいたします
by degipochi | 2011-11-15 12:59 | 二本松 | Comments(2)