カテゴリ:山田町( 20 )
夏~の元気なご挨拶~♪
どころじゃない、大変大変だなのよ!

!緊急告知!

b0067012_132469.jpg

山田町から、トウモロコシ・きうり・プチトマト・インゲンなど、たった今ドサ~~ッッと届きましたっ!

001.gif近くに生息の方、または近くをお通りの方、さらには、近くを通ってもいいと思われる方、お分けいたしますんでお寄り下さい001.gif

今回のきうりは届きたてほやほや、とっても新鮮だよ~060.gif


by degipochi | 2012-08-15 13:06 | 山田町 | Comments(3)
乱入してくる、日常
ママぽん猛然とやる気を出して、いきなり立ちましてですね、今日は歩行器使おうかという大躍進です。主治医の先生から、
「いいですか、おひとりでトイレ行こうとしちゃいけませんよ。転びますからね。100パー転びますから」とクギ刺されてました。

あらそうかしから。とか言ってましたが、ホントに転びます。 やめていただきたい。 大腿骨頭骨折は勘弁です。

そんな中。
b0067012_1736033.jpg

山田のおばちゃんが、「おばけきうりがいっぱい出来ちゃったから、送ってもいい?」て電話してきて、
「育ち過ぎちゃったんでしょ? いいよいいよ、送って~」て言ってたら、「おばQは送るな、普通のを送れと周りに止められた~」
と、普通サイズの普通でない量のきうりが送られてきた。
b0067012_17363495.jpg

きうりって、普通の家では何本買う? うちだと・・・・・ 2本くらいかな。ひめポチが食べられなくなってから、極端に減りましたね。

そこに、この大家族。 どうするんだこれ。

もぎたてをサッと詰め合わせて送ってきてくれたみたい。 でも惜しむらくは、ここまでの旅路が暑すぎてへろっちゃったんだな。

ではと。長旅の疲れをとっていただく。
b0067012_1737445.jpg

ネリマの水で、水あみ。 ぬるいかね? ぬるいよね。  日向水以下に下がるだけでも、2分近くかかるもんね。

ま、仕方ないっすよ。 本日のネリマの天気、何度だと思いますかね?

b0067012_1737298.jpg

今年も良い記録出し始めてますよ~ 今日は、

058.gif 36.3℃ 058.gifでした。

b0067012_17381422.jpg

本気でサラっぴは、きうりさんと水浴びしたそうだったな。
b0067012_17382848.jpg

一本、食べる? ねーちゃは軽く一本いったよ。 アレルゲンと分かってからは、ほとんど貰えなくなっちゃったけどね。

サラッぴが一本食べたら・・・・・ まず間違いなくお腹ぴーになるでちね。

そりでは、これから関係者一同に配って参ります~♪

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

かなり捌けた。 あと残ったのは、ちっと弛んじゃったかな~てのが・・・数十本。 パックにする?
そりとも、だれか「ゆるんだきうりの食べ方」を教えてくれ~

by degipochi | 2012-07-17 22:37 | 山田町 | Comments(6)
山田町のおばちゃんからリポート
少し前になります。5月3日の豪雨が被災地直撃と報道されました。気になっている方も、多いと思います。

報道では書いてありませんが・・・・
by degipochi | 2012-05-15 10:14 | 山田町 | Comments(8)
春の便り、着。
どうよ、こりっ
b0067012_2359946.jpg

山田から到着した、「天然の」生ワカメであられる。

養殖のワカメが取れないので、それはそれは貴重な、天然モノ。どどっとカゴいっぱい。
b0067012_031284.jpg

なんか、大人しやかな都会で見るワカメと違うっちうか、肉食の動物みたいな迫力がある。ぴちぴちと暴れそう。

ぜったいに今日中に湯通しせよと、厳命をうけとる。 熱湯かけるだけでいいって。 いやそれだって大変だって。

湯を沸かす。ワカメを構え、さくっと通す。
b0067012_08499.jpg

あんまり鮮やかに変わるんで、びっくりする。 ワカメだ~005.gif ワカメになった~


こんな劇的であったとは。 いや~海産物ひとつにも、ドラマがある。すごいな、化けるんだな。

これを刺身にして酢の物にしてお腕にして、刻んでワンのご飯にお裾分けする。 味見した段階で、口の中いっぱいに海広がる。
b0067012_0173622.jpg

冷ややかに見守る、ひめポチ大明神。 また、酔狂なことをやっとるだなのよ・・・・・

酔狂でやってんじゃねーぞ。


さて。 本日、少々冷え込みました。しみしみと雨も降っております。 するととたんに
b0067012_0192881.jpg

こんな巻物が部屋に出現するのであります。 顔だけがぼぉと布団の上に浮かび上がりびみょーにブキミです。 
それにしたって4月だぞ。暑くないのかよ。

b0067012_0232961.jpg

聞くだけ、無駄ですな。  幸せなひめポチ空間に、とりあえず誰もが・・・・・ 「触らぬ神に祟りなし」(笑)。

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ


by degipochi | 2012-04-28 00:30 | 山田町 | Comments(5)
雪でも行く、沿岸ツアー
おぉ、いらっしゃぃませ。 今日も行きましてよ、付いてらっしゃいなのよ。 掛け値なし、こりで一日分なんだから。ご堪能下され。

072.gif 3月12日(月) 072.gif
b0067012_23172662.jpg

まず、この日は、あまりの天気予報の悪さにビビったたまりんしゃんからの℡にたたき起こされ始まりました。遠野は晴れてるちうの。
そして、一人で帰京するココミミ氏と遠野で別れ(good luckだなのよ)、釜石経由 一路大槌へ。

釜石の商店街の様相などは、ずいぶん違ってましたな。アーケードが無くなって、再開した店が増えて。あ、けっこうガンバってんなと
思ったけど、、、、 詳細リポートは、また別件で。

三陸道終点、鵜住居近く、片岸町。雇用促進住宅が壊されてる最中でした。 この建物以外のすべてが、無くなってた場所です。
b0067012_23223990.jpg

その代わり、ファミマの仮設が出来ていた。  ・・・・・・近くに住居もほとんどないのに、工事の人が帰った後どうするんだろ。
b0067012_23265993.jpg

トンネル抜けて、大槌町。 右に曲がってローソン経由たまりん宅。
b0067012_23292275.jpg

ここから見た景色は、一見普通の感じですね。
b0067012_23311752.jpg

復活したマスト。月曜、平日の朝なんだけど、大変な活気です。 近隣だけでなく、かなり遠方からも来ているらしい。
b0067012_23324494.jpg

今日はどこに行くのかしら~なのよ・・・・ 昨日は、可への一軒もなかったから、ひめポチ的にはちっと美味しい思いをしたい・・・
b0067012_2334214.jpg

そして到着した、たまりん宅。 晴れ。 どうだ晴れただろ、くらいの勢い♪(相当つけ上がっている)
b0067012_2335785.jpg

待ちかねた、たまりんしゃん+なにも知らぬたまぞうが、出迎えてくれます。
b0067012_23355884.jpg

はい、あなたもよくご存じの。 それにしても、ひでぇ表情だな。 見せられたもんじゃないな。

今日の日程は、はっきり言って、決まっておりません。 天気も不確かだし、行けるところまで行って、食べられる物を食べよう。

まず、まだ天気が良い間に、これもまた到着を待ちわびてる、山田町は豊間根の、おばちゃんところにGO!!

途中、車窓から見えた物を載せます。 これがテレビの取材などでは写り込まない、ただ通り過ぎる町の風景です。

吉里吉里町。
b0067012_2340274.jpg

解体お願いします、の文字。 いつからこのままなのでしょうか。

浪板海岸。
b0067012_2341435.jpg

海、波高し。 人気の砂浜は、ほぼ残っておりません。
b0067012_23451352.jpg


山田町。
b0067012_23461367.jpg

陸中山田駅。
b0067012_2347252.jpg

代替えのバス停になっています。駅舎、無し。 ホームのみ。

豊間根のローソンにて、おばちゃんに会う。
b0067012_2348197.jpg

相変わらず元気で、何より。 ただ、お米50キロに寒締めほうれん草に泥付き大根は、旅行者には。。。 大変なんですってば。
おばちゃん、何度も言いますが、ひめポチ家は在盛岡でも、在岩手でもございません。今日帰るんじゃないんだよ~。

でも、ありがたく♪ いただきます。大船渡や田老で配ってくださっても、ちうので、お言葉に甘えましょう。
b0067012_2349254.jpg

この、傷。 あ、おばちゃん、どこかで滑ってぶつけたな?と軽く聞いたら、実はあの震災の日、目の前まで迫った津波を、
間一髪方向転換して逃げるときに、横から水と共に瓦礫がぶつかってきた跡だそうで。 いや、ほんとに一瞬のことでしょう。
数ヶ月の新車だったけど、もう乗り潰すしかないと思って~、てあっさり言われますが、おばちゃん・・・・・・ 良く逃げたよ。

ここまでは、降ってないのよ。 雨も雪も。 たまりんしゃん、ちうことでね、沿岸部晴れ伝説は、ひめポチ的にはここで達成。

あとはどうでもいい、てことなんでしょう。 まこと自己ちうな方でございます。運転手の苦労も人が濡れるのもカウント外なんですな。

この辺に温泉は?犬オッケーな宿は? という質問に、おばちゃん縁の鉱泉宿があるというので、付いていくことに。
b0067012_23585445.jpg

これ。コマーシャルなのかキャッチフレーズなのか、ただの案内看板なのか。 ま、間違いない目印では、ある。
b0067012_022684.jpg

林道はいること500㍍くらい。 到着した嶋田鉱泉。冷泉を薪で焚いている、由緒正しき湯宿です。

震災直後から、ここは被災した方の拠り所となっていたようです。現にこの日も、まぁどんどん来るわ来るわ。
豊間根の仮設を中心としたお客さんが、引きも切らず。仮設の追い炊きできない風呂じゃ、温まらないって。かえって風邪引くし。
b0067012_011422.jpg

ひめポチキャラバンから送った支援物資も、相当こちらに届けられたとのこと。何人もの手に届けられ、感謝されたとのことでした。

大広間にあった、このお雛様も、支援物資です。
b0067012_0132461.jpg

一度海を渡って、ふたたび日本に帰ってきた、波乱の人生を送ってきたお雛様です。3月3日を過ぎても、大事に飾られてました。
来るお客さんが、この雛壇の前で記念撮影していったり、けっこう名物となっておりました。 部屋も明るくなるよね。

フロントで、おばちゃんを中心に話し込みました。ゆっくり話をするのは、初めてかもしんない。すごい体験をいろいろ聞いた。。。。

で、肝心のワンは宿泊可なのか?て話は、「あぁ別に、いいよ~」で終わりだった。とりあえずマリちゃん達はいいらしい。要経過報告。
b0067012_016182.jpg

ひめポチと、たまぞう。ずっと車待機では可哀想なんで散歩させましたところ、春の雪解け道は予想を超えてべしゃべしゃで、
アッと言う間に、もっと可哀想なことになってしまいました。スマン。 なので、毛足の長いサラっぴは、出さないことにいたしました。
b0067012_021942.jpg

おばちゃん~ サラっぴまた来るでちし~。 ほんとの春になったら来るでちし。 じゃーね♪

んでもって、ふたたび来た道を戻っていくわけですが。

どーーーしても気になってた、船越公園当たりに出来た「かき小屋」を覗いていこうと言う話になりまして。 ぽん母さんが寄ってたヤツ。

ただ、昨日復活したはずのおかあしゃんが、健康を先払いしたツケなのかまた沈没気味で、「カキは食えん」と。
いや、案ずるまでもなく、予約制だから食べられないんだけど、見るだけは見ていこうや。
b0067012_0222036.jpg

ハンドル切って降りていく船越公園は、相変わらず瓦礫だらけだったけど、その山の高さは驚くくらい低くなってて、前はほとんど
見えなかった「鯨と海の科学館」の丸いドームが、しっかり頭を出していて、ものすごくでかいプラントみたいな建物も建っていた。
b0067012_034044.jpg

傍ら、これは前と同じに見えたけど。

たまりんさんは、震災後初めてここに来た、とのこと。そうだよねぇ。来る用もないし、そもそも積極的に見たくはないよね。

降りきって左に曲がると、すぐ真っ赤な幟が目に付く。
b0067012_0355062.jpg

おお、活発にやっとる。観光バスも停まり、車も何台も見受けられる。
b0067012_0373664.jpg

カキ好きの私としては、かなり残念ではあるものの、この日は下調べということで、改めて出直させていただきましょう。
b0067012_0383885.jpg

それにしても、岸壁にロープしかない駐車場って、すごい。
b0067012_0391687.jpg

当たり前に車が停まってますけど、そのむこう、
b0067012_039406.jpg

直で海ですからね。  自分の安全は自分で守る、自己責任という言葉は、こういう場所のためにあるのですな。

それで、このあとね。 ちょっと魔が差した。

せっかく船越の半島に来て居るんだから、一周できるんじゃねぇかと。まだ大槌に戻るには時間もあるし、もちっと行ってみましょうかと。
聞けばたまりんしゃんも、公園以外は行ったことがないっていうし、じゃあと走り出した半島を外周する道は。。。。

本来は、風光明媚なのであるかもしれませんですが・・・・・・

雨降ってきて、雪になって、工場とか住宅とか、どんどん減っていってただのくねくね道になり、こ、これはもう引き返した方がいいんじゃないか、でも引き返すスペースがない、とか、まだ向こうから車来るから、行けるはずだとか言ってるうちに、
b0067012_045081.jpg

集落が見えてきた。大浦漁港。

あ、なるほどね。結構拓けてるんだと降りていったこの漁港が、、、、
b0067012_047991.jpg

すごかった。
b0067012_048298.jpg

道は陥没した上、水没。今日の雨が原因では無いと思う。 そんなに降ってない。ここまでも水たまりなどないし。
アスファルトは根こそぎ無いし路肩もわからない。なのに、車はけっこう走ってる。 これ、間違いなく海水だよね?
b0067012_0504435.jpg

グーグル見ても確認できないけど、ここには住居が有ったと思う。
b0067012_0513298.jpg

一年経ってまだ・・・て場所に、よく遭遇するんだけど、ここは程度が違ってた。 あまりの状況のひどさに、とにかくもUターン。
b0067012_0532261.jpg

この道路を日々使っている人が居て、走っている車がいる。なのに路面はいつまでも危険極まりない状態で修復さえされてない。

町の復興、道路の復旧に格差があるのは仕方がないとは思います。でも、見えない所・声の小さい所に対する処遇は、いくら
なんでもおざなりすぎるんじゃ無かろうか? この漁港のような集落を、継続リポートしているメディアは、果たしてあるんでしょうか。

b0067012_0575414.jpg

ナビ上や地図上では、わからない事だよねぇ。。。。

ひめポチ大明神。自分は濡れなきゃ良いんだし、ちうことなのか、天気もうれつに悪化。
b0067012_0584533.jpg

滑らないかもしれないが、見えない。 カメラだと、けっこう視界がいいように写ってるけど。 私、目は掛け値なしで悪くてよ。

どこに降りることもままならぬまんま、大槌に帰って参りました。
b0067012_10113.jpg

大槌北小の校庭に出来た、福幸きらり商店街。 かなりの数の店舗が、AからFまでのエリアに分かれて入っております。
b0067012_110775.jpg

あれこれ回りたかったが、いかんせん天気が悪くて。なんとか昼ご飯を食べたのが、ようやくでございました。
b0067012_111013.jpg

こうやって、普通に食事できるとこが増えていくのは、とてもいいことでしょう。 ただ、あくまでも仮設店舗というエリアの中ですが。
食堂はなかなかの客がはいっておりましたが、他の店舗にはあまり活気が無く、どうも利用率はあまり高くない雰囲気。

そのあと、大槌の町中を案内して貰いました。 天気が悪かったせいもあり、なんだかもの悲しい感じでした。
b0067012_113938.jpg

大槌駅前。 建物の台座だけ残ってます。よく見ると、鳥が飛んでいるんですね。
b0067012_1152026.jpg

駅ホーム。遠くに、いや意外に近くに、水門。

話題の、復興食堂。
b0067012_115576.jpg

ここも寄りたかったんだけどな~ 残念、準備中。 それでなくても、今日は寒すぎる。 また出直します。
b0067012_1165546.jpg

最後に、賑わうマスト内を見学。撮影不可だったので写真は無しです。本屋・ケーキ屋・雑貨・花屋にスーパーとさまざまな店舗が
はいっております。なるほど、この規模だったらかなり遠方からでも買い出しに来るでしょうね。

このあと行った大船渡でも、買い物はどこに行く?という質問に、やはり気仙沼か内陸の北上、という話でした。
やっぱりねぇ、あちこち回らなきゃならない仮設店舗より暖かくて一気に買い物が済む大型店舗に、人は流れて行きやすいんですなぁ。

ひめポチのやる気のなさがガチで反映した、この日の悪天候。 まことに、残念な休日となってしまったたまりんしゃんに、
b0067012_124278.jpg

春ふたたび、とリベンジを誓って別れを告げたのでありました。


さっ 凍る前に北上に帰るぞ。

b0067012_126920.jpg

釜石、雪。 この調子だと内陸はいかに、と大雪を恐れるも、
b0067012_127169.jpg

遠野、晴れ(あれ?)

なして、内陸に行くに従って天気が良い?

悪意のある試練としか思えぬ。 で、案の定、到着した北上はてんで晴れで、「今日一日良い天気でしたよ」だって。

ま、なんとかなったからいいけどね~・・・・・
b0067012_1272057.jpg

毎日、明日は明日の風が吹く~みたいな状況って、けっこう疲れるやね。
b0067012_1293437.jpg

ここまで読んでこられたあなたも、そうとう疲れたでしょう。 こりが、真のひめポチの一日でございます。

そりでは、また明日~♪

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

by degipochi | 2012-03-20 23:59 | 山田町 | Comments(13)
子ども会速報・SAVE IWATE東京支部
new!! ぽん母さん渾身の日帰りプチキャラバン、田老版出ました!

12月18日(日)に予定された、山田町豊間根地区の子ども会は、無事に開催されました。
b0067012_1157684.jpg

オヤツもいっぱい、でもそれぞれの子ども達の兄弟もやって来て、予想を上回る子ども密度だったとか、サンタにトナカイの着ぐるみも
潤沢に(?)用意され、大人サンタのみならずサンタさんのかっこした子ども達も走り回ったとか、なんだかとても、大盛況だった様子。

053.gif子ども達が寄せ書きをしてくれたそうなので、到着次第アップいたします053.gif

各地のサンタさん。ありがとうございました♪ 

次は、陸前高田のママサロンクリスマス、そして大船渡や南三陸の幼稚園のクリスマスのニュースが来ると思われます。

b0067012_11553512.jpg

さて、ひめポチ家。 昨夜遅くに都内キャラバンして積み込んだホットカーペットや絨毯の端切れ、さらにでかすぎて自宅保管してあったコタツや敷き布団などを携えて、あの、盛岡でお邪魔いたしましたSAVE IWATEさんの東京支部に行って参りました。

SAVE IWATE東京支部
所在地 東京都豊島区要町

岩手県学生会館
b0067012_11572739.jpg

えらい綺麗な、出来たてのワンルームマンションのような佇まいです。 かえって見落とさないように。
エントランスも、マンションみたい。

現在、コタツや毛布、カーペットにストーブ、プラケースなどでかい家電も含めて募集しております。
b0067012_11494265.jpg

代表 佐々木氏  大学三年、れっきとした学生さんです

はるばる沿岸部まで行かれない路面ツルツルの冬季は、とりあえずここに運べばOK。(夢の)10トントラックで東北に運んでくれます。

あぁ4トントラックでもいいから、10月のキャラバンの時に欲しかったな・・・・・ 

b0067012_1284770.jpg

大物荷物をなんとか送ろうとお考えの、東京近郊の方。 現在まだ物資募集中です。ここを利用しない手は、ないですぜ。

受け取り指定は「月曜日~土曜日の9:00~17:00」となっております。送る前にご確認のほどを。


そして、そんな中。

岩手は田老・山田町と行脚した、ぽん母さんから、「善助屋食堂さん」のなわしゅうずが届きました。
b0067012_1218584.jpg

食堂の、※あれ以来すっかりコッカーファンになってしまったおねぇさんの、知り合いがひとつひとつ手作りしとるそうです。

※あれとは・・・ロクしゅうずと、ロクしゅうず顛末参照のこと。

ロクちゃんちにあげたらいいよねぇって「10個」って予約しておいたら、1パックに3個入ったのが「1個」だったんだと(爆)

計30個。

たいへんな数だぁちて、うちにもお裾分けが来ました。

ありがたく、かつ遠慮なくいただく次第であります。 ただいま自然解凍中。
近くに住んでて欲しい方。 おわけしましょう。 取りにいらっしゃいまし♪
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ


by degipochi | 2011-12-19 11:49 | 山田町 | Comments(30)
山田のおばちゃん
っつても、山田さんではない。山田町のおばちゃんだから、山田のおばちゃん。
b0067012_14245679.jpg

仕事上、地元のじっちゃん・ばっちゃんをがっつり把握し、やること無いからって寝たきりになっちゃいけねぇ外へ出ろだの、呆けないように編み物させんだけど、棒なんかもう持てねぇから指編みを教えてやんだの、送られたチューリップの球根を、
小学校だ幼稚園だに配って、来年は花咲かしてくれるだろうだの、

絶対5人はいるだろ、てくらい働くおばちゃん。

今回の「毛布燃やすな運動」では、最初から連絡を取り、黴びた毛布捨てるって言ってるよ、どうする?と聞いたりしてた。
その返事が、「あぁその報道は、私たちも見ました。そんなんだったらみんなで洗って使うのに、て仲間で話しをしてたんです」でした。
ところが、「何枚要ります?」て尋ねると、「じゅ、十枚でもいいかなぁ~・・・」 おばちゃん、それでは困ってる枚数に入らない。
「100枚あったら、不要ですか?配る人はいませんか?」「いや、そんぐらいはなんとか・・・ 居ると思う」 おばちゃん、声が小さい。

よーく聞いていくと、在宅避難の人たちには(物資が)回ってこない。どうせ数に入ってない。貰いに行ったのにダメだった、という
苦い経験がすでに何回かあるので、県がそんなにくれると思っていないと言う。
いや、まずでかい声で言ってみなくちゃわかるまい、今回は別な動き方をしてるんだから、とおかあしゃんがこんこんと説いて、ホントは
100あったらありがたいと言う結論に。それでもし万が一余ったら、いや余らなくても、田老に持って行こう、田老はないはずだから、
と県庁の人も言ってたから。

でも、どうなるか分からないからね。出さないって言うかも知れないし、もう燃やしちゃったって言われるかも知れない。
とりあえず、やるだけやってみるから。

それと同時に、婦人会の会長さんにもコンタクト取って、1000枚、倉庫に置けますか?と聞きました。
答えは、「置ける」。

よーし、それではと、改めて産業センター・県庁と電話攻勢をかけ、担当者と話をし続け・・・ 

結果、毛布はなかったわけです(涙)。

おばちゃん、毛布なかったよ~
b0067012_1447553.jpg

そしたらおばちゃんの返事は、こうでした。

「いやーかえって良かったですー。 そんな、せっかく人様から送っていただいた毛布を黴びさせてしまうなんて、申し訳がない。
ガセ(って言ったかなぁ)だったのはビックリだったけどー、行き先が決まってるんだったらそれに越したことはないでしょう。良かったねぇ」

おばちゃん、今度はガセでなく、ちびちびと毛布集めて、送るよ。 10枚くらいなら、もう集まってる。
それだけでなく・・・・おかあしゃんは、まだ諦めてないようです。今度は群馬だって。毛布はまだあるって言ったって。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ


by degipochi | 2011-10-29 14:56 | 山田町 | Comments(9)
おかあしゃん、突っ込む
26日のモーニングバードで、「物資は余っている」「被災県に送りたいと申し出たら足りていると断られた」という報道があったと知り合いから聞く。一方で足りていないと言う現地の声もある、と紹介したらしいが、番組的にはどのように支援を考えてるのかはっきりしない。
その直前に備蓄されたままの毛布などがカビて処分せざるを得ない、なんていう情報を耳にして怒り心頭に発してたおかあしゃんが、
じゃあ物資はどこに余ってて、どこが足らないと言ってるのか、テレ朝に聞く、とホントに問い合わせた。

結果。

物資が余ってると取材されたのは愛知県・秋田県・群馬県・熊本県の各県庁。 要らないと断ったのも、被災県の県庁。
実際に、沿岸部の生の声を拾い上げているところは、無し。

もし物資が足りているというなら、山田町などでこれほど行列を作ってまで、服や湯たんぽ、あったかグッズを手に入れようと、
b0067012_0424059.jpg

それこそ必死になるのは、おかしいじゃないですかとじっくり問い正したところ、各県庁に問い合わせて欲しいと言われ、
もっとも岩手に近い秋田県庁の「生活物資確保・支援チーム」に連絡してみることに。

その前に、県庁ホームページを見ると、救援物資受付の停止についてとある。そして岩手県に送ったとも。
送り先は、産業文化センター、別名アピオ。
あぁ・・・・ そこがねぇ・・・・・ 別情報から入ってきていた、毛布など山のようにあるのに物資が動かない、という場所でした。

b0067012_115414.jpg

秋田県庁の支援チームの担当者は、とってもいい方で、じっくり話を聞いてくれ、やはり行政機関としては、要請が無いと動けないこと、また要請は個人でなく団体・自治体でないと、固いと思われるかもしれないけれど、役所という立場からしても応じにくいということ、ただその団体は「婦人会」「町会」のようなものでも大丈夫だという話。
あとは、実働の記録と信頼があれば、個人でも応じられるかも・・・・という手応えでした。
そうしてくれ。  小柄なおばあちゃんに、「毛布はないのかねぇ~ 無くて困ってるんだよねぇ・・・・」て溜息吐かれるのは辛い。

と、その話し中に、おいドラマか?ていうタイミングで、山田町の婦人会代表の方からキャッチがはいりました。
そちらに、今、秋田県庁に要望している事を伝え、県庁の方には婦人会代表者の名前を伝え、直接お互いにやりとりして頂く
事に話をまとめて、電話終了。
b0067012_1153915.jpg

うまくまとまってくれればいいな。ちなみに、秋田の方では、岩手から避難してきた方々もいるので、そちらに10月30日に毛布など支援物資を配る。そのため、沿岸部に送れる毛布などはそれほど無いかもしれない、物資は洋服が多いとのことでした。
また、東京もそうですが、実際に被災した方々の声が聞こえてこないため、新品でない物や余分な物を送りつけてしまって、
邪魔になったり無駄に処分したりする羽目になっては申し訳ない、と躊躇したり、余ってますと県レベルで返答があれば、
それ以上踏み込めないです、とも。 
そして、送った先での仕分けが大変なのでは、という事も秋田側は気にしていたので、それに関しては、婦人会の方で人手はあるのでやります、そのまま送っていただいて大丈夫と伝えたところ、あぁそうですかと安心した様子。

b0067012_1233768.jpg

なかなかむずかしいですね。 生の声を相手にちゃんと届けるのは。 でも、そんなこんなしている間に、食料の消費期限が切れちゃったり、毛布が湿気てしまったりカビちゃったり、使い物にならなくなってしまうのは、馬鹿馬鹿しいと思いませんか。

この話をきっかけに、秋田県と岩手沿岸部のやり取りが、少しでもスムーズに行ってくれることを祈っとります。

でないと、冬が来ちゃうよ。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ


関係ないけどサービスショットを一枚♪
b0067012_1324827.jpg

コッカーの湯浴みというより、新種のアザラシみたいだ。


追記 そんなこと言ってたら、実はすでに恐れていた事態に。。。
ぽん母さん情報 救援物資を焼却処分へ 県、かびや期限切れで

棺もカビたか? どんだけ蒸らしたんだ、支援物資を。

by degipochi | 2011-10-27 00:48 | 山田町 | Comments(13)
去年と、違う夏
たまりん一家と初めて会った、去年の夏。あれは、誰もが驚く秋田から台風初上陸(再でなく)、国見通過の盛岡水没という日でした。
b0067012_9305850.jpg

天気やばくなる前に、船越公園に行っちゃおうぜ~~っってことで、駆け込みで遊んだ海に間近な芝生の公園。
b0067012_9392964.jpg

クジラが、売りなんだな。 て看板にお出迎えされ
b0067012_941035.jpg

奥に見えるは鯨と海の科学館。マッコウクジラの骨格標本があって、
b0067012_9453584.jpg

クジラの遊具があって、
b0067012_946615.jpg

あ、遠くで遊んでるのは去年のみるこね。と、友達。
b0067012_946393.jpg

広い芝生。 どこまでもどこまでも、走っていける
b0067012_9471526.jpg

広~い芝生に、さすがにネリマのワンらも走りまくる。
b0067012_9481787.jpg

みけちゃがいて、遠くにたまぞうがいて(写ってないが)、
b0067012_9485033.jpg

ぽん母一家がご一緒で、いっや~犬と走るのは、たーーのしーーけど疲れるわーー、あっ雨降ってきたっお開きお開きっと
あわてて車に乗り込み、じゃねっと手を振って別れた、船越公園。

来年、また来たらいいわ。 また会えばいいわ。 ちょっと遠いけどね。



そしたら、来年はなかった。

3月11日、船越湾と山田湾が波でつながり船越半島は一時、孤立。船越公園はすべて泥の下になりました。
b0067012_10105133.jpg

マッコウクジラの骨格標本も津波に遭い、歯が数本攫われたとのことですが、無事に回収。再開も目処が立ったと聞きました。

いったい、今船越公園はどうなっているのか。芝生の広場は、今も泥の下なんだろうか。それとも雑草に覆われてるのか。

どうしても確認したくて、まずは道の駅やまだにと向かいました。

b0067012_10211839.jpg

こちらは津波の被害もなく、3月18日から営業を再開、当初孤立した町にあってライフラインの機能を果たしました。

あの名物ソフトも健在であった。
b0067012_1224461.jpg

車も混んでるし・・・ おかげで停められなくてソフト食べ損ねた(涙)・・・ ここだけ見ると、平和な日常だし。

船越公園に向けて、車を走らせます。
b0067012_12273192.jpg

去年と同じ、鯨の看板が迎えてくれて・・・・・


そのむこうは、
b0067012_1228943.jpg

坂の右も(写真①)
b0067012_12283618.jpg

坂の左も、なにもかも違う光景でした。(写真②)

そう、船越公園は、船越家族旅行村・前須賀公園と共に、瓦礫置き場になっていたのです。
b0067012_1230257.jpg

まくれたままの浦の浜海水浴場。
b0067012_12342180.jpg

坂の一番下、海水面と同じ高さの道路は、ガタガタの砂利道に変わっており、(写真③)
b0067012_12355794.jpg

道の横には、真っ茶色に焼けた車らしき残骸。
b0067012_12364526.jpg

右にハンドルを切ると、
b0067012_12374654.jpg

延々と続く分別された、廃棄物の山脈が連なっていました。(写真⑤)
b0067012_12384173.jpg

遠くに見える、鯨と海の科学館(写真④)。 近くには寄れなかったので、こちらをご覧ください。→ 山田かきくけこ通信さん

海蔵寺前あたりから撮った、岩手船越駅方面(写真⑥)。
b0067012_12414218.jpg

同地点、わずかに左手前の写真。
b0067012_12434640.jpg


どこまでも同じ光景なので、元の道を戻ります(写真⑦)。
b0067012_12585744.jpg


<震災前の画像参照>
b0067012_1259511.jpg


あとは、どこを見ても瓦礫と工事用車両が
b0067012_1315087.jpg

土煙を上げながら、黙々と
b0067012_1332649.jpg

働くばかり。
b0067012_1345933.jpg

その山の大きさと分別の徹底ぶりには、驚嘆します。

網・畳・材木・木の根・金属・プラスチック・土砂・・・・・

あまりの山の高さに、すっかり埋まって見える科学館。
b0067012_1364033.jpg

建物はすっかり綺麗になっているし、再開に向けて着々と準備中とは聞いても、
b0067012_1372847.jpg

果たしてこの立地で、誰が来るのか? 廃棄物の処分場が決まらないものが、科学館オープンに合わせて撤去されるとは、
b0067012_1391388.jpg

どうにも考えられません。もう少し山が高くなったら、ほぼ平地から建物は見えなくなってしまうでしょう。

その景色は、半年後、来年にはどうなっているのか。
b0067012_131119100.jpg

ただ一つ変わらなかった案内板が、かえってもの寂しい。

b0067012_13124746.jpg

車のガラスに映りこむ空が、
b0067012_13133916.jpg

台風直前だった去年と違って、高く・高く・・・・・

そして、秋が来た。

by degipochi | 2011-09-04 09:41 | 山田町 | Comments(2)
山田町の、スマイル
「お写真撮らせてよっ」 「やっだもーーーんっ041.gif」 「顔、見えてるぞ~~っっ」「撮ーーるなーーっ」

b0067012_14462194.jpg

なぁんて言って、はしゃぎあい、ぴゅーっと逃げたのにまた戻ってきて、とんでもねぇ方向へ自信たっぷりボールを蹴り、相撲して、
子供らは見慣れぬ大人相手に、遊ぶのに夢中。


「ばぁちゃん、これ似合うんでねぇか」「いんやー恥ずかしくてー」「着てみろ着てみろ」「きれいな服だぁ」「綺麗なんでねぇ似合ってっぞ」

幾つになられましても、女三人寄れば、なんとやら。気づけば、じぃちゃんが大事大事にナベ抱えて帰っていったり。
b0067012_1458899.jpg

山田町、いつもは静かな仮設住宅に、笑顔の花咲く。

こんな時間も、なきゃいかんて。
b0067012_151421.jpg

空にはイワシ雲、飛ぶのは赤とんぼ。  足早に秋は駆けてくる。

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

声をお掛けして写真を撮らせていただいてますが、どの方もそれはいい笑顔で、快諾してくれました。ご協力、感謝いたします♪

キャラバン隊の全容がはよぅ知りたい方は、かく編成メンバーのリポートをご覧くだされ。なんとな~く、分かってきてよ。
→ りんしゃんちEmmaちゃぽん母さんミルマロ家 ←


by degipochi | 2011-08-25 15:07 | 山田町 | Comments(6)