<   2008年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
白馬わんわん物語
暑さが唐突に去ったら、のめって秋バテしてました。   すみません。
b0067012_21332159.jpg

あ、こちらは元気です。ええもう、まるっきり元気です。食欲の秋が今から恐ろしいです。

さて。今日はマリちゃんでなく、白馬で会ったあるワンワンのお話を。。。。
b0067012_16181122.jpg

あの夜。。。。。。 そのワンワンは、独りで白馬の温泉施設の、おっきな駐車場にいました。

            ミニチュアダックス、ブラックタンの男の子。
            周りにあったおみやげ物店が、そろそろその灯りを落とす頃。
            小さな姿は、よく見ないと建物かちらちら揺れる木の影のようでした。
b0067012_21334545.jpg

飼い主いるなら、ちゃんとリード付けてくれないと困るよなぁ。もしかして、ベンチに座ってる、
あのオッサンか? 自分の飼い犬なら、見張ってましょうよ。前、国道だし轢かれちゃうよ。

マリちゃんを車に残して(それくらい涼しい)ぞろぞろと温泉に来、「また、吠えてるんでは?」と
気になって一足先に駐車場に戻ってきた私には、その子が誰かを捜しているように見えました。

文句をブチブチ垂れているマリちゃんにキュウリをやり、ふと振り返ると、オッサンも居らず、
犬もいない。 
ヨシヨシ連れて帰ったか。 安心してマリちゃんを出し、ついでだからと訓練に入りました。
付いて歩け、マテ、コイ、フセ。  はい、立って待て~・・・・て歩いていって振り返ると、、、、

いるじゃん。。。。   もう一匹。。。。 

さっきのダックスが、オッサンと一緒に帰ったのではなく、ひょこっとマリちゃんの傍に佇んで
いるではありませんか。
b0067012_21341531.jpg

迷い犬であったか。。。。 見ても首輪などしておらず、これではどこの誰だか分かりません。
捨てられたのか迷ったのかも分かりません。

ただ、ヒトのいい顔をしてマリちゃんに寄って来、水をやるとバチャバチャと飲み、ヤギミルクのタブレットを美味しそうに食べました。ケガをしている風もなく、怯えもせず、ただ毛並みはバサバサ。

このままほうっておいたら、どう考えても轢かれてしまうだろう、という頼りなさだったので、呼んでみました。もし、怯えて後ずさったり唸って歯を剥くようなら、それは縁がなかったと考えよう。と思って近寄ったところ、なんとまぁすんなりと抱っこできること。
げ。抱いちゃったよ。 しかも、重い。しかもしかも、全体にぼてっと締まりがない。
どうやら日頃、全然運動していない感じです。
それに猛烈に犬臭い。 これは生まれてから洗ってもらったことがないかもな。

肉球はふっくら、特に歩き続けた感じもなく、遠くから来た気配はありません。
歯を診れば真っ白で、まだ3才かそこらな年齢なのに、体型はすでに中年。
虐待こそ無いみたいだが、この面倒見てもらっていない感じからすると、、、 捨てられたかな。

・・・とは思うものの、「捨て犬です」と張り紙が着いているわけで無し、万が一にも捜しているひとがいる可能性もあるわけで、マリちゃん追い出したバリケンに放り込み、さてどうするかと考えました。

まず、温泉施設に迷い犬保護を報告。

つづいて、泊まっていたグラスハウスさんに、「こんなん拾いました」と相談。
こちらのお宿も、みんなそろって犬が大好きな方々ですので、こんな今日泊まったばかりの客が「犬拾いました~」と突然言い出したのに、みんな真剣に頭を捻ってくれまして、
結論。「捜しているひとがいるかもしれないから警察に届ける」。
b0067012_21343018.jpg

それしかない、とは思います。 でも、皆さんご存じでしょうが、今の警察は犬を一週間も保護してくれるところではありません。一日待って「犬を探している」との連絡がなければ、次の日には保健所に引き渡してしまうことになっているのです。そこで一週間。そのあとは・・・・・。

いっそ「捨て犬です。誰か拾ってください、ごめんなさい」とでも札に書いてあれば、このまま次の手を講じるものを、と怒りを口にしつつ、教えてもらった白馬の交番を探して暗い夜道をあっち行ったりこっち戻ったり。
なんで、交番なのに駅前にないんだ。
家なんかないじゃないか、という坂道を上っていって、赤いしょぼい照明をようやく発見。
なんで道沿いになくて引っ込んでるんだ。
わからないじゃないか。

上がったり下がったり方向転換したり、その間もマリちゃんはぶつくさ言いますが、後ろのダックスくんはまったく静かで、いることを忘れてしまうよう。

夜遅くのブザーに、応対してくれた警官2人は、とても親切でした。
「うわ~、犬ですか~」と心底困った様子で、調書を作り、
「もし、持ち主が見つからなかった場合には、引き取る意志はありますか?」
「いや~・・・・白馬の者ではないので・・・・ 東京から来てるんです」
「あぁ、それは、、、ムリですね。。。 それで、もし持ち主が見つかった場合ですが、物が物ですので、お礼に1割というわけには、、、」
「尻尾だけどうぞ、とか言われても困りますから、当然いりませんって」
b0067012_21344294.jpg

なんとも、お約束とは言えまぬけな会話をしつつ、「ではお預かりします」ということになりました。

ところが、犬を繋いでおく紐もなければゲージもないことが判明。
「ウチの犬のバリケン、お貸ししましょうか?」
いいえ、何か紐がわりにしますからけっこうですと言うのかと思ったら、
「そうですか~、それは助かります、明日にはお返しに上がりますので」

明日。  そうかー、誰も探していなければ、明日バリケンはいらなくなるんだ・・・。

その時、今まで一声も発しなかったダックスくんが、鳴きました。いえ、泣きました。
置いていかないでくれ~と言っているようでした。
せっかく、抱っこして助けてくれたと思ったのに。
バリケンの上から、軽く叩いてやると、お腹を出してひっくり返って甘えます。

そのダックスくんを交番に置いて、宿に帰るときの気持ちの重さは。。。。 

すでに旅行気分はどこかに吹っ飛んでおりました。

自分が見つけて、抱き上げて、警察に届けた犬の命とは。

もし、自分でなく、誰か他の人が見つけていたら、その人は自分の家に連れて帰ったか。
それとも、誰も声をかけず、すでにもう轢かれていたか。

どれが、あの子の運命だったのか。

宿に帰り、一晩考えて、揺れながらも心に浮かんだことがありました。
自分が実際に出会った犬だけでも、殺されないようにしよう。 それが縁だろう。

泊まった宿、グラスハウスさんにも、その時お預かり犬がおりました。 
b0067012_21345498.jpg

宿に着いたときに、余りにもギャンギャン吠える、これが看板犬かよと一瞬腹が立ったダックスの
12月25日生まれのサンタくん。 数日前に、回り回ってこちらにたどり着いた、飼育放棄犬です。
ここに来ていろんな犬、人に出会い、私達がいる3日の間にも見違えるくらい陽気でなつっこい、ムダに吠えまくらないダックスくんに変身しつつありました。
生まれたときからこの家に飼われているみたいに。。。。
b0067012_22434726.jpg

ゴールデンの優しいお姉さま方(おば様方?)に温かく囲まれて、素敵な看板犬に成長するだろうな。
きっとそれが、このサンタくんの、つかみ取った「運」でしょう。

だとすると、あの黒ダックスくんの、「運」は??
考えれば考えるほど、お腹と喉に、堅いしこりが出来ていくようでした。

次の日。 朝食の終わる頃、宿の駐車場に、パトカーが来ました。
b0067012_2253473.jpg

「お預かりした箱を、お返しに上がりました」
昨日交番で応対してくれたうちの、若い方の警官が、ちょっとこわばった顔でバリケンを持って
立っていました。
「昨日の犬は、本日から村役場の方で、一週間ほど預かることになりました」
そこで一日に何回か、村の防災スピーカーを通して「迷子犬」のお知らせを全村に流すと言います。
もし、飼い主がそこにいれば、まず聞き逃すことはないはずです。
「ですので、あの犬の管轄は我々の手を離れてしまいましたので、今後のお問い合せ等にはお答えできないようになってしまいましたので、ご了承下さい」
警官は、かなり言いにくそうに、顔をうつむけて続けました。
「実は・・・・ 私も、こういう話は苦手で・・・・・」

そう。  みんな、いい人でした。 温泉場の人も、宿の人も、警察官も。
みんな、その犬の行く先に心を痛め、なんとかならないかと案じていました。
b0067012_22532079.jpg

宿のお母さんは、その日の午前中に役場に行き、ちゃんと日陰に犬小屋が置いてあるか、日の高いうちに散歩させたら地面が熱くて可哀想だ、などと注意してきたそうです。

温泉に付属したお土産物屋さんは、昨日の夕方からうろうろしていて、どこの犬なんだろうと気になっていた、と言っていました。

よし。 決めた。  
たとえ一週間延びたとしても、そのあと保健所に送られてしまうのでは、結局同じ事だ。
連れて帰ろう。
でも、この旅行のあと、2日したらまた訓練キャンプに出かけなくてはならないから、その後、と言うよりその帰りに、回り道して白馬に迎えに来よう。
b0067012_22533282.jpg

昼過ぎに新潟・津南で解散、その後、野沢温泉→長野→オリンピック街道経由で夜前には白馬にどうにか到着できるだろう。 それから練馬まで帰るのは、何とも遠いけど・・・・。
そう、宿のお母さんに伝えたところ、心からホッとしたように「じゃあ、連れて帰ってシャンプーしとくわ♪」
と言う話に。

「では当日、よろしくお願いしま~す」と別れたとき、ずっとあったお腹のつかえが無くなっていることに気が付きました。

マリちゃん、大変だけど、きっと良い事したんだよね~。

それから・・・・・帰ってからの2日間は、洗濯やら掃除やら、キャンプの準備やらで大忙し、ダックスくんを迎える準備なんて、到底出来るはずも無し。

でも、まぁ、何とかなるでしょう。 これまでもいろんなドタバタを乗り切ってきたんだし。
と、出かける直前の最後のメールチェックをした時です。

「あのダックスくんの飼い主さんが、交番に来ました」との文字が、目に飛び込んできました。
b0067012_22534820.jpg

「グラスハウスの兄ちゃん」からの、ギリギリ間に合った情報でした。

そっか~、それはよかった~。 やっぱり、探していたんだね~。

でも、本当はそうではなかったのです。。。。

キャンプから帰って改めて連絡を取ったグラスハウスのお母さんが、詳しく教えてくれました。

飼い主さんは、やっぱり現れなかったのです。

ただその代わりに、あのダックスくんのふらふらと彷徨っていたのを目撃していたある人が、迷い犬の放送を聞いて、「だったらうちで・・・」と申し出てくれたのだそうです。

でも、食べさせてはいたかもしれないけど洗ってもやらない、首輪も付けない(あの首の毛の分かれ方だと、いつもしていないと思う)、探しにも来ない飼い主よりは、新しい主の元で暮らした方が、もしかするとずっと幸せかもしれません。

はるばる練馬に来るのと、自分の地元で、もしかすると自分の元の家の目と鼻の先で暮らすのと、どっちが良かったか、私には分かりませんが、あのダックスくんは、まだ生きていく「運」を持っていたんだな。
そして、私ではない誰かと「暮らしていく縁」があったんだな。

そんな風に思うことに、しました。 

元気で、白馬で頑張っていって下さい。 また、行ったら会えるでしょう。
b0067012_2254522.jpg

10℃も高い練馬に来なくて、良かったかもしれないし。ね。

※  シャロンママさんのところで、コッカーくんの迷子情報が。。。。
    とても可愛いコッカーさんです。この子が、飼い主さんの元に戻れますように。

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

↑ ダックス、ガンバレ。 と思ってくださる方。
  かわりに応援してくださいね~。 よろしくです。
by degipochi | 2008-08-27 23:45 | おともだち | Comments(50)
センタークラブで会いましょう
会って10分、突然の大雨にて「水入り」になってしまった、マリvsぽん直接対決 第1弾。
b0067012_1427262.jpg

     この後、ひどさを増すばかりの山の豪雨に、再び二頭が相まみえることはなく、、、、

              未練を残したまま、ぽん氏は山を下りたのであった。

                           2日後。


                     リベンジの会場は決まった。
b0067012_14302865.jpg

                    
              いや、ここじゃねーし。 これは通りすがりの廃墟。

                    クセでつい撮っちゃうんだよねぇ。

b0067012_1432330.jpg

 その中から覗いている・・・・訳ではないんだけど、ちょっとホラーチックな、ぽんちゃん。

          またお前かよ~みたいな表情に見えるのは、錯覚でしょうかな。
  
                         会場はこちら。
b0067012_14345974.jpg

   ね、この辺の人っていっつもこんなとんでもない九十九折り登ってお茶しに行くの?
   て言いたくなるような、山の上。 冬には雪で道が無くなるとか。

   じゃーさ、えっちらおっちら登って、ふぅってお茶しているときに雪が降ってきたら。。。


                      あー考えまい考えまい。

                     そのかわり、眺めは素晴らしい。
b0067012_1438890.jpg

       巻機山を始め、越後の山々を遠景に、豊かな米所が一望に(涎)。

                   そこに、満を持してマリちゃん到着。
b0067012_14384889.jpg

                    あ、パンツ忘れた。。。。

                       装着 装着 ♪
b0067012_1445268.jpg

     イベントに際してドレスアップならともかく、おパンツ装着は勘弁なのよ~。

                        それでも、
b0067012_1834242.jpg

                     やるべきことはやる。
                      (かなり格好悪い)

          各犬、びみょーな緊張感を抱えたまま、ぞろぞろと入店。

   ガウガウ挨拶大会の初回と違い、トリーツさえ見てしまえばもう一蓮托生、いえいえ、
   連帯感豊かな共同戦線。全員が目に☆を宿しておるのです。さすが。
b0067012_18112632.jpg

                 しかし。 マリちゃん、甘かった。

          この日の本当の敵は、ぽんちゃんではございませんでした。
b0067012_1871825.jpg

                いったいどこで聞いてきたのか、
「ぺぐポン県のカフェではどこでもアイスが食べられる」と信じてやまないマリちゃんに
        「ほーらーマリちゃん、アイスはないけどオヤツはここだよ~」

                  ぺぐこさんの、優しいささやき。

                       オヤツ、どこよ?
b0067012_187401.jpg

                         ここ、ここ。
b0067012_1875783.jpg

                         取れねーし。  
b0067012_1881955.jpg

               頭使えよ~。そりゃ百年経ったってムリだろう~。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・百年、やってそう。。。。 熱い鼻息、鉄をも溶かす。
b0067012_1824233.jpg

                      遠くを特急が通過します。。。。





                         ぷお~~~ん。




               突然了解しました。マリちゃん、あれですね、ほれ、
b0067012_1883517.jpg

                     イジワルされてたんですね。

      横から回れば、すぐ取れると言うことが判明して、ちょっとむかむかプンです。



                     遠くを、鈍行が通過します。
b0067012_18241827.jpg

                     ごっとん ごっとん ぽへ~~


日頃、ぽんちゃん・ぺぐちゃんが、いかなる試練を受けているか、ちと垣間見たマリちゃんでした。

まだまだ、修行が足らんです。 
ぽんちゃん。尊敬するのでこりからも頑張って下さい。マリちゃんは手のひら返して応援します。


                  して。お約束の、記念撮影ざんす。
b0067012_18244414.jpg

    おお、いいねぇいいねぇ、こう志も高く、大空の向こうでも見るようで、清々しい目つき・・・・

           ・・・・・・・・・・・・・・・・って、焦点はすぐそこのトリーツだけど・・・  
      
b0067012_1825155.jpg

         あり? ぽんちゃんどうした? 顔色悪いよ。 腹でも痛いか?


                  え、マリちゃん言っちゃっていい?

                   あのね、あのね、ぽんちゃんね、
b0067012_18254355.jpg

      テラスの、床板の間のちっちゃな爪もはいらんような溝が怖いんだって~。

                   ひょっひょっひょ~っっっ(爆笑)



                コッカーの友情なんて、所詮こんなもん。。。。

                       ※ おまけ画像 ※
b0067012_18255832.jpg

     「見ざる 言わざる 聞かざる」ならぬ、「タッテ スワッテ フセテ」三態。

     なぜかこうなった・・・・・い、いえ、みんなでガンバってポーズ取ったんだよねっねっ!!

そう言えば、ここにも行った。
by degipochi | 2008-08-23 14:41 | おともだち | Comments(20)
コッカーらしさとはの考察
そも、アメリカン・コッカーとは。
b0067012_144532.jpg

名前にアメリカンとは付いてはいるが、メイフラワーに乗ってイギリスからホイホイやって来た付き合いのいい犬で、さらに辿ればスパニッシュ。 ラテン系。 ノリが大事な、強情わがままスチャラカ犬。
とりあえず初対面には礼儀正しくご挨拶など考えたこともなく、ご飯があればその方が大事。
飼い主よりも大事。 ね?
b0067012_181551.jpg

あ、いいのいいの、こっちの話。 好きにしてて。

特に我が家のひめポチしゃんは、どこに行こうが、遠かろうが近かろうが気にもせず、
b0067012_1103851.jpg

態度は基本的に、傍若無人。 すべての家は自分の家。すべてのカフェは自分のもの。
b0067012_1222348.jpg

お邪魔する、なんて気持ちは微塵もないね。 いい態度だなぁ。

自分がキュウリ食べてるときに、お宿のお友達ゴールデンが覗きに来て、この顔はどうよ。
b0067012_1105433.jpg

ヒトのいいゴールデンさんでなければ、許されないであろうその形相。。。。見せられたもんでない。

そして、ペンションのお母さんが、みんなにどうぞってオヤツを振る舞ってくれたときも、
b0067012_1115324.jpg

住人すべて押しのけて、テメェだけ一番前でちょーだいを連呼する。周りは見てません。

たまには、ちゃんと一緒に並びなさいっっ!!
b0067012_1351259.jpg

                        並びました。

                          壮観。
b0067012_1353396.jpg

             平等に順番に、お母さんからおじやをいただきます。
b0067012_1355239.jpg

    平等にもらえるっつーのに、この哀しげな顔。。。 一度ももらってないみたいです。
b0067012_136726.jpg

    一転、自分がもらっている時は、ウットリ幸せ、これ以上いいお顔はありません。

    できたら、すべてのおじやを誰にもあげずに自分独りで食べたいものだ。。。。 

    すげぇケチ・・・・・・。


    じゃあ他犬に対していつも狭量なのかと言えば、そうとも言えず、
b0067012_136229.jpg

    大好きなマイカーに、ペンションのダックス・サンタくんが乗ってきてもぜんぜん怒りません。
    このまま一緒に、ドライブ行っちゃおうっか~? てな顔してます。

    豊科のワンちゃんカフェでは、真面目な顔して、一緒になって看板犬なんぞやってました。
b0067012_1545966.jpg

    あわよくば、イブちゃんのおこぼれに、与ろうという魂胆が見え見えです。

     とほほ・・・・・・・・・。

     この犬は、果たして、鷹揚なのか? 狭量なのか? 賤しいだけなのか?

     たぶん、食が絡まなければ、そこそこ他犬に対してフレンドリー、じゃないかな?
     ドッグランは好きでないが。

     ところが、これがね。。。。 相手がコッカー同士だと、話はこうはいかないようで。。。

ラテン系同士は、火花の出会い。
by degipochi | 2008-08-22 01:12 | おともだち | Comments(18)
今年のキャンプは・・・・
  皆様のおかげで、晴れでしたなのよ。  えぇ、それはもう、ピッカリと☆
b0067012_12313312.jpg

  ほら、見てみて。
b0067012_12332497.jpg

  キレイでしょう~?    だからね、念願の、 
b0067012_1233597.jpg

   カーサイドタープも、ばっちり使えたし~。
b0067012_12342157.jpg

   マリちゃんなんか、日陰に待機しなくちゃならなかったなのよ。

   いや~、やっぱりも少し涼しい方が良かったな なのよ~♪







                         ふう・・・・・・。











                          なに?







       なんか、うにゃうにゃって声が遠くから聞こえてくるような気がするんですけど。

なにか、抗議でも??
by degipochi | 2008-08-20 12:52 | 旅行など | Comments(17)
正しい日本の田舎だよ
   マリちゃんはこの夏休み、300キロ走って、木曾のおばあちゃんちに遊びに行きました。
b0067012_1927016.jpg

           おばあちゃんちは古~い、古~い日本の田舎のおうちです。     
b0067012_19282562.jpg

   扇風機がちと新しいのは、古いのが壊れたからです、機械ものは使えば壊れます。

   町並みも、のんびりおっとり。 マリちゃんがひとりでお肉屋さんにお買い物に行っても、
b0067012_19285543.jpg

   きっと誰もふしぎに思わないでしょう。 車も1日いても全然見かけません。

なぁんてね。
by degipochi | 2008-08-15 19:30 | 旅行など | Comments(18)
旅は食なり
           おかあしゃん、溶けました。 マリちゃんは元気です♪

           なので、せんえつながらここはひとつ、マリちゃんが~
b0067012_858176.jpg

                 マリちゃんの~ 今回の旅行はね、
b0067012_8584433.jpg

                     どういう理由か、
b0067012_858239.jpg

                    かとおもえば、ありは、
b0067012_8585847.jpg

         洋犬なのに、和モノが似合うなといわれますが、そうでしょうか。         

さてマリちゃん、この旅で初物を少々。。。
by degipochi | 2008-08-15 09:01 | グルメ紀行 | Comments(14)
ご無沙汰してます。
            マリちゃん一家。 昨日おそく、900キロの旅から、
b0067012_19342611.jpg

                車のドア開けた瞬間から、東京は、、、、、   
b0067012_19345292.jpg

           どうやら本日。 練馬は、全国二位だったかもの35.7℃。

              ちなみに、昨日までの滞在地、26.2℃。。。

                   10℃ちがうんかい(ガックリ)


                   熱中死より、溶けて死にます。


             あ、でもね、いい写真がいっぱいあるから、ガンバル。

マリちゃんが腹減って起きてきて食べて沈没して、私がブログやってパソコンの熱に中って沈没して、交互に溶けたり固まったりを繰り返しつつ、なんとか生きのびております。

                 また、見に来てね。でわ。   じゅぅ。。。。

                        にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

             ↑ 暑いけどガンバルマリちゃんに、ひとポチよろしく~ ↑
by degipochi | 2008-08-14 19:47 | 旅行など | Comments(14)
稲は豊作
b0067012_80496.jpg

こんな傘かぶらせて、マリちゃんだけに農作業させるつもりですか、おかあしゃん。
前が見えない~!
by degipochi | 2008-08-13 08:00 | 歳時記 | Comments(14)
旅行ちう
b0067012_1157464.jpg

マリちゃんは今、こんな所に来ています。
ここ、ど~こだ?
分かりますか~?
いいとこだよ!
by degipochi | 2008-08-12 11:57 | 歳時記 | Comments(12)
地震、当たる?
昨日来ると巷では言われていたらしい、「東京に大きな地震」。
本日、「プチ直下型」として遅ればせながら登場いたしました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
※ 発生時刻 2008年8月8日 12時57分ごろ      
※ 震源地 東京都多摩東部                
※ 緯度 北緯35.7度                     
※ 経度 東経139.5度                     
※ 深さ 40km                           
※ 規模 マグニチュード 4.5                
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
我が町練馬は、「震度3」♪   さ、これを果たして「地震予知が当たった」というかどうか?
                    何はともあれ、大したことが無くてよかったよかった。
b0067012_16462636.jpg

   マリちゃんはすっかり、夏休みモード。 災害救助犬って、なんだっけ~?
 
   いただいた「ワンちゃん用甘くないプリン」を前に、タコみたいな顔になっております。

そもそも、この犬は・・・・
by degipochi | 2008-08-08 16:43 | 練馬モノ | Comments(19)