<   2011年 08月 ( 45 )   > この月の画像一覧
岩手のフルーツが呼んでいる
盛岡から釜石に向かう国道沿いに、道の駅など何軒か、オアシスがございます。
b0067012_1015231.jpg

紫波ふるさとセンター

外は暑くとも日陰は涼しく、祈りを書いた風鈴が、ちりちりとすずしく、風に揺れてます。 ガラスの風鈴に、
b0067012_10151964.jpg

南部鉄かな? 音も渋い風鈴。
b0067012_1017523.jpg

こんな応援も、きっちりと。

そんな風景に、突如、ワンキャラバン隊登場。
b0067012_10185047.jpg

やる気はむやみにある(んでもって、存外扱いも巧い)自称犬使いの少年も、美味い物を求めて笑顔満面。
b0067012_10183148.jpg

ほら、可愛いでしょう♪

なんだか魅力的な物がいっぱいあるんだなぁ。野菜もピカピカしてるし、安いし、不思議な手作り物もあるし。
b0067012_10181213.jpg

いつの間にか、たこ足配線になってるし。   一頭、増えた?

みんなおとなしくついて歩く中で、マリちゃんの牽かれようだけ尋常じゃない。水場がキライな牛のように踏ん張り、引きずられてます。

だーかーーらーー、マリちゃんはどこにも行きたくな・・・

と、突然、モーターが入ったみたいに元気に走り出した。



どした?

b0067012_10243755.jpg

なに? も、もしかしてそりは、、、

b0067012_1016394.jpg

・・・・桃源郷だな         やっぱり。


ふっ都会ではあり得ない光景だなのよ。 でも、マリちゃんはもっとすてきな光景を知っている。

あなたの知らない絶景が、すぐそこに存在しててよ。
b0067012_1017193.jpg

どれ?


あ、あれ?

b0067012_10172344.jpg

072.gif 燦然。072.gif

いや、あれは・・・・   でかすぎるんじゃない?

落ちてきたら、オマエぴったんこだぞ?
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
そして、サクッと切るためのナイフとか、考えたらとてつもないサイズだぞ~。 それでも食べたいマリちゃんは、離れない(ヨダレ)。

by degipochi | 2011-08-31 10:21 | グルメ紀行 | Comments(6)
こう見えてもでちね~
いっしょうけんめい書いてるでちね~ がんばってるでちね~
b0067012_228648.jpg

でも、ちっとも進まないんでちて~ 3800枚は悪夢でちて~ 間違ってなくした、ダメかなとか言ってまちて~

ま・・・ 根気よく付き合ってくださいましな。 てことで、サラっぴのサービスショット016.gif
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ


by degipochi | 2011-08-31 02:32 | Comments(0)
鵜住居・両石の6月
たまりんさんブログで、大槌・両石・波板海岸の3月11日映像をアップしてましたね。あの凄まじさ、やはり理解も想像も越えています。
両石の津波映像へ
この、両石という集落は、ひとつ上の鵜住居と共に、大槌と釜石をつなぐ国道45号線・JR山田線に面した、小さな漁村でした。
そして、震災直前に開通した三陸道(釜石~大槌)と並行し、重要な通勤路でもあり、大槌の学校がほぼ使用できなくなってしまったこの春以降、釜石へと越境して通う子供たちの通学路にもなっています。

日々、車の窓から見える景色は、こんなものになってしまいました。
b0067012_0404672.jpg

大槌から鵜住居へとむかう、国道45号線。
b0067012_0411334.jpg

「津波浸水想定地域ここまで」の看板が、ぽつんと立っています。「想定区域」は、かなり当たっている場所が多いのですが、
この鵜住居では、まったく予想しない標高まで被害を受けたことになります。
b0067012_0453912.jpg

鵜住居のメインストリート。正面に見える茶色の建物を左にはいると駅、海は直線で1キロ以上向こう。当然全く見えません。
b0067012_0495651.jpg


b0067012_0501470.jpg


b0067012_051081.jpg

三階は、一瞬、被害に遭っていない様に見えましたが、徹底して清掃していたのかも。 
b0067012_058792.jpg

駅入り口を右折し、両石方面に向かいます。
b0067012_145486.jpg

この国道よりさらに海寄りの道を、海際にある鵜住居小・釜石東中学校の子供たちが、日頃の避難訓練の通り整然と避難していきました。さらに指定の避難所にたどり着いたのに、ここでは危ないかも、との判断から走りに走って、峠まで登り詰め、ついに一人の犠牲者も出さなかったと言います。
b0067012_1112263.jpg

海などまったく見えなかっただろうあの日、よくそれだけの判断をしたなと、日頃の意識・訓練の取り組みなど考えさせられます。
b0067012_1192287.jpg

彼らが一晩を過ごした、恋の峠に向かう途中、鵜住居を振り返ります。
b0067012_120794.jpg


そして、両石へ。
b0067012_1321760.jpg

三陸道をくぐり、今は列車の音もしない山田線の下をくぐると、すでに押し込まれた瓦礫が堆積しています。
b0067012_134485.jpg

谷間の水海川(ご指摘いただきまして、水海川は釜石方面に延びているものと判明しました。河川名は調べるのがなかなか難しい。訂正します)に沿ってできていた両石の町は、ほぼまっすぐに海に向かっており、
b0067012_1392977.jpg

b0067012_1401646.jpg

集落の奥の奥まで、津波は到達したようです。
b0067012_149885.jpg

45号線、海に向かって↑左と↓右の光景。
b0067012_1501212.jpg

両石の駅は、谷間のため非常に高い所にあり、他の町と違って損壊を免れました。しかし、町はほとんど形をとどめていません。
b0067012_2213339.jpg


画像で、町を守ろうと必死に水と闘ってた、防潮堤。
b0067012_1564932.jpg

お菓子でも引きちぎるように、
b0067012_1575656.jpg

あっけなくもぎ取られ、
b0067012_1592636.jpg

国道の片側車線と共に完全に消失してしまいました。 6月当時、懸命な復旧作業中、絶えず片側通行で、赤信号になれば、
いやでもこの光景を数分にわたって、じっくり観察することになります。
b0067012_204394.jpg

両石の水門。 陸側に堆積する、大量の瓦礫。
b0067012_225011.jpg

この道を通らないと釜石には行けない重要な国道は、津波の被害の大きさをまざまざと見せつけられる最前線でもありました。
b0067012_213114.jpg

今はこの撮影から二ヶ月、ずっと片づいていると想像されます。しかし、それは、より何もない空間になってしまったと言うことかも。
ここに町があったという記憶、それが残骸さえもなくなってしまった光景は、とてつもなく寂しいように思えます。

by degipochi | 2011-08-31 01:17 | 大槌町 | Comments(2)
メンテナンスな日
タラっぺをジョキジョキ刈り込み、ひめポチを風呂にブチ込み、押せ押せになってた洗濯物をイヌのも人のもとにかく洗い(分けたよ!)、疲れたらしいオデちゃんがキシミキ言うので、6月の後みたいに錆びてトラブったかと連れて行き、案の定むこうでは何の異音もしないのですごすごと引き上げ… 今日は休パソ日。

b0067012_22344428.jpg

ワンずも疲れとる。とりあえず、明日また頑張ります。でわ。だなのよ。
by degipochi | 2011-08-29 22:26 | Comments(4)
あこがれの田沢湖の
いかにも夏の雲が、幾重にも重なる空の下の、
b0067012_18454189.jpg

田沢湖

の手前の、
b0067012_18463564.jpg

濡れ鼠。

げてげて。

支援活動を終えて、ま・さ・か・晴れると思わなかったあこがれの田沢湖に、まさかのサラっぴスイムデビュー♪

とりあえず一回、水につっこんでみたら、あっとしょぼしょぼになって、
b0067012_1847169.jpg

アイリッシュセッターの縫いぐるみを、水に落っことしたみたい。

しかし、
b0067012_18493053.jpg

せっかく来たからには、ちて、ご本犬はやる気は満々で(泳ぐちう苦労をまだ知らないから、とも言える)

やってみたこともないことを、とりあえずやってみようとするのは、エライ。
b0067012_18502340.jpg

で、マリちゃんみたいにドタバシャするのか、沈むのかと思ったら、
b0067012_18514229.jpg

あらっ けっこう泳ぐでないの。

ま、よく見ると・・・
b0067012_18533627.jpg
 
思いっきり、尻尾でてんだけどね。 どこで舵をとるんだろう。

ありでは、思った方に進まないのではなかろうか?


b0067012_18542971.jpg

 サラっぴ、泳げまちもんっっ 

b0067012_18555012.jpg

そりが正しいかどうかは、この後わかるのであった(笑)。

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ


by degipochi | 2011-08-28 18:58 | 旅行など | Comments(4)
浮き輪が無くても、なんのその
ライフジャケットつきのサラっぴと、ど~なつ浮き輪のマリちゃんと、
b0067012_1975535.jpg

はたしてどっちの浮力があろうか。

マジですごい、ど~なつ浮き輪。



しかも、三段(微妙に、尻にも)。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
作っちゃー貼り付けています、今回のキャラバン隊リポート。お暇だったら、どんどんクリックして辿ってみて。まだ、増えてよ。

by degipochi | 2011-08-28 17:08 | 自己紹介 | Comments(0)
第三次ひめポチキャラバン隊ダイジェスト
今回のキャラバン隊の、覚え書きです。気持ち悪くなるくらい充実してますが、詳しく書いたらこんなもんではなくってよ。

8月17日 AM4:00過ぎ ネリマ出発 事故・悪天候などアクシデントなく、仙台北部道路から三陸道、南三陸町とはいる
仮設のセブンイレブンで仕入れをし、南三陸町 平貝の自宅避難の方へ、物資を届ける
平貝出発 壊滅した清水浜を経由し、本吉へ。45号線の掛け直された橋を渡り、倒れた墓石に手を合わせ、気仙沼へ
松岩、気仙沼の水没した市中心部を通り抜け、せめてもと「お魚いちば」で筋子とタラコ購入。
一関に戻り、一路国見へ あっという間に豪雨になり、そのまま国見到着手前で霧、最後は視界ゼロにてようよう到着(七時頃)
その後、雨足は部屋で会話もできぬ位になり、ひめポチを風呂にぶち込むことを叶わぬまま沈没

8月18日 大雨、変わらず。9時頃ミルマロ家到着。積んでいた物資を一部「第四ひめポチ基地」に下ろし、秋田へ行かれる
9時半、ひめポチ号出発。盛岡駅にていとこ親子同乗、SAVE IWATEの番屋へ。中の見学、打ち合わせなどする。ひめポチ同伴。
その後、町中の支援センターに移動。物資の一部を下ろし、山田町の雑巾になる布などをかわりに積み込む。
単独盛岡駅に戻り、ママぽんとそのお兄さんをピックアップ。ひめポチを車に残し、旅行中唯一の道楽と「紅茶屋しゅん」で昼食。
ふたたび番屋。働く他のメンバーを回収し、cooしゃと合流。猛烈な雨の中、松ぼっくり~国見と戻る。小鉄家と合流。
秋田からよろよろになったミルマロ家帰宅。大にぎわいになる。ドラム缶でキャンプファイヤー、そして花火。

8月19日 荷物の分担に苦労しつつ、ひめポチ号に7名フル乗車、サラっぴは小鉄号へ貸し出し、荷物はミルマロ号へ。
8時半出発。途中大過なく、道の駅東和で休憩し、一気に大船渡へ。早めに会場のYOSHINO珈琲に着いたので、町を回る。
12時、小鉄号、サラっぴを乗せ到着、そのまま帰る。天気も回復、物資譲渡会スタート。評判良く引きも切らず。
途中、抜けだし盛駅見学。ひめポチテラス席で吠え、震度4来る。
3時、陸前高田へ。おばちゃんちにドッグフードと食器など届ける。スイカをいただく。
5時、ふたたび大船渡。大好評にて終了した譲渡会で、一部大きすぎたりした荷を乗せ、国見へ。ミルマロ号にサラっぴ同行。
8時前、番屋到着。大槌への荷物を頼まれ、満載に詰め込む。

8月20日 9時ぽん母号到着。サラっぴぽん母号に。一路釜石~大槌へ。大ヶ口へ物資と洗剤・柔軟剤30個ずつ届ける。
たまりん家到着。えらく先に届いた黒姫のトウモロコシと、福田パンにてパーティー。たまぞう入れ全員で記念撮影。
ひめポチ・ミルマロ・ぽん母号+みるこで、山田町へ出発。道の駅で山田町のおばちゃんと会う。船越公園の現状確認。
山田の仮設住宅へ。大盛況にてすべての物資を出し尽くし、大槌に戻るミルマロ号と別れる。
さらに宮古の近くのおばちゃんちへ最後の物資を輸送。膨大なむかしきうりなどをいただき、宮古経由で帰途に着く。
道中ぽん母号と別れる。いとことその息子をひめポチ号に回収、息子は無理矢理荷物室につっこむ。快適に沈没。
9時過ぎ、国見帰宅。りんしゃんとEmmaちゃんとなぜかcooしゃが待ってる。全員でとてつもなく遅い夕食。撃沈。

8月21日 山田町の野菜で、朝市開催。とにかく配る。田沢湖へ出発。教わった穴場が分からず、適当なところで泳がせる
時間切れにつき、いとこ親子・ママぽんずを田沢湖駅まで送る。途中、見てはいけないババヘラを見つけてしまい、息子驚喜。購入。
帰りに、一口も食えなかったマリちゃんのために、再びババヘラに寄る。狂喜。白浜でヒナタちゃんたちと合流。楽しく過ごす。
3時頃、盛岡ぴょんぴょん舎のテラス席にて昼食。ぽん母さんとラッキー・ぽんちゃん・マロンぴ合流。のち、全員で記念撮影。
駐車場でぽん母さん持参の野菜でまた露天市。Emmaちゃんとりんしゃん・ぽん母さん帰宅。その後黒石からみりんちゃ来る。
Cooしゃ・ひめポチ・みりん号連ねて、支援センターへ。雑巾など最後の物資の受け渡しをし、その後エゴマ醤油ソフトを食う。
御所湖経由で国見帰宅。上記3号にぽん母さん合流で、また大宴会になる。(でもほぼ誰も飲まない)

8月22日 何だかんだで11時半、国見最終出発。一路秋田へ。一時過ぎ、みりんちゃのコルチカム到着。ひめポチずを預けて昼食。
晴れて、買い物。ちっと洒落たものを買い、意気揚々と秋田道経由で帰途に着く。北上あたりから、霧雨。仙台濃霧。また大雨。
惨憺たる悪天候に目より脳がオーバーヒートし、秋田は4時に出発したが、ネリマ到着は深夜一時であった。沈没。

以上であります。 ここにね、どんどん写真とか張り込んでいこうと思うなのよ。 どこまでできんだか。

ま、下のゆる~い動画でも見て、帰ってくださいまし。
ボディボードで漂う、丘マンボウ

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
↑ ついでにこっちも、押してってくださいませ。↑

by degipochi | 2011-08-27 22:50 | おともだち | Comments(2)
盛岡の番屋へ、ご案内~
SAVE IWATEの本拠地は、こちら!
b0067012_1839785.jpg

を目印にしていただいて、その奥に地味にある、こちら・・・。
b0067012_18401173.jpg

ちっちゃい火の見櫓が目印です。来るときは川沿いの道を、スーパーのユニバースを目当てで来てください。

物資の搬入・搬出には、手前にあるこの駐禁と書いたエリアに案内されます。
b0067012_18531374.jpg

こちらで、必要な物資があったら置いていきます、という話をしたところ、
消耗品・紙物・各種洗剤・Lサイズ以上の服と言われました。

男性の下着・トレーナーなど、意外に大柄(太めとも言う)方が多いので、こちらはいつも不足気味のようです。
b0067012_18444855.jpg

むしろ、沿岸部に行くなら、物資を乗せて行ってほしいという話になり、いやこの車には、誰が見たって乗らないでしょう、と
初日の大船渡の後、出直して積むことに。布団・食料品・洗剤・柔軟剤などを持っていく段取りをつけました。

で、せっかく来たし、番屋の中を見学しつつ、どのようなものが用意され、またどのように整頓・陳列させてるか見ていくことに。
b0067012_1850134.jpg

まず入り口。 目立たないが、入りやすい雰囲気あり。鉢物・サボテン・苗などもあります。
b0067012_18513679.jpg

この時はまだ、暑かったしね。 扇風機も抽選で人気だったけど、今はどうだろうか。

では、どんどん見ていきましょう。
b0067012_18554316.jpg


b0067012_18561456.jpg


b0067012_18563857.jpg


b0067012_1856565.jpg

壁を見ると、さすが昔はバリバリ現役だった番屋らしく、
b0067012_18574053.jpg

こんなものが。
b0067012_18583627.jpg

かっこいいだなのよ。
b0067012_1859650.jpg

けっこう物が揃ってるな、というのが実感。 きちんと目的別に並んでるし。破綻している様子はない。
でも、見に来ている人はそんないない。やっぱり、届けに行く・取りに来るという流通の問題が大きいんだろうね、なんて話をしながら、
b0067012_1902110.jpg

ひめポチはいとこの息子を絞めている。
どうも、自分より下、ということを念入りにお教えしているつもりのようで。 
b0067012_192325.jpg

荷物持ってなくてもまっすぐ上がるのはとても危険、という昔ながらの階段を上って、二階へ。
b0067012_194194.jpg

こちらもかなりの品揃え。
b0067012_1942780.jpg

小物や、数の少ない物は、
b0067012_195666.jpg

透明なプラケースなどに入れて、名札がつき、どこに有って在庫がどのくらいか、見てすぐ分かるようになっています。

持ち込んだ物資は、来るたび自分でチェックして、在庫が切れないようにするようです。
b0067012_1965476.jpg

在庫チェックの間も、勝負のつかない犬と子供の殴り合いは続行ちう。
b0067012_1982466.jpg

犬の右ストレートパンチって・・・・・ やだな。

b0067012_199628.jpg

b0067012_1992533.jpg

b0067012_1994215.jpg

b0067012_1995944.jpg

冷房のない古い建物は、ずっといるとけっこう暑い。(8月18日現在ではね)
b0067012_1911314.jpg

でも、扇風機一台で過ごせるんだから、東京なんかの暑さとは、ぜんぜん違うんだな。 建物の風の通りも、違うんだな。
b0067012_19121663.jpg

ふたたび、急な階段を下りまして、
b0067012_19145976.jpg

いや、よっぽど注意しない人がやっちゃったんだな。。。

一階を巡ります。
b0067012_19135230.jpg

b0067012_19155455.jpg

b0067012_1916762.jpg

b0067012_19185934.jpg

b0067012_19191162.jpg

b0067012_19193558.jpg

充実した棚の中で、ひときわすかすかで目を引くのが、
b0067012_1922054.jpg

食料・調味料の棚。 だって、どこも食料は足りている、て言ってたのではなかったか?

どうやってこの物資を、日頃沿岸部に運ぶのか?と、食料は実は不足しているのか? という二つの疑問。

それは、じきにわかったことではあるんですが。。。。

とにかく、じっくり見せていただいたSAVE IWATEさんは、間違いなく実働しておられました。 みんな頑張っておられました。

もし、盛岡方面にボランティアで来られる方、被災地に物資を運ぶボラをしてもいいなと思われる方。
b0067012_19232812.jpg

ぜひ一度、番屋まで。 仕事はいっぱいあってよ。

にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

by degipochi | 2011-08-27 19:12 | 大地震 | Comments(0)
頑張るライフライン
筆頭はこちら
b0067012_1325167.jpg

移動セブンイレブン。 物によってはATM機能付き。 

これは、ものすごくありがたい。 だって、町には(この場合は南三陸町)銀行の一軒だって残っていないわけだし、だからと言って峠を越えて隣の町へ、と言ったら石巻? とにかくとてもつなく遠いわけです。

続いて、こんな
b0067012_13285712.jpg

b0067012_13292836.jpg

瓦礫と廃棄物の隣に、
b0067012_13295264.jpg

プレハブの仮設セブンイレブンあり。
b0067012_13322419.jpg

ちゃんと、仮設トイレもついてます。手洗いもあり。  
b0067012_13432110.jpg

コンビニはまさに、町のオアシスか命綱とも言えるでしょう。35度近かった町の中で、ここに来れば少しだけど涼しく、
b0067012_13363622.jpg

品物も揃っており、
b0067012_1344639.jpg

ボランティアの方々の買い出し、車で来る方などで大変活気に満ちておりました。仏花・団子などのお供え物もありました。

6月には、直ぐ下まで取りのけられない瓦礫があり、
b0067012_13475496.jpg

すごく内陸にはいるし、坂のてっぺんなのに、まさかここまで来たとか?と思いながらも、
b0067012_13483847.jpg

実際、しんと人気がない白い窓を見ると、やられたんだな・・・と 納得せざるを得なかった、名足のファミリーマート。
b0067012_13502076.jpg

無事、復活。
b0067012_13504972.jpg

こちらも千客万来。

ほかでも、
b0067012_13523987.jpg

プレハブにて仮営業中のとなりが、
b0067012_13532395.jpg

こんなにダメージをうけてて、それでも大分改装が進んでいるようで、さらにとなりが、
b0067012_13535766.jpg

ガソリンスタンドだったりすると、どれくらい努力してここまで復旧したか、と気が遠くなります。

大谷海岸付近
b0067012_13561867.jpg

原型とどめない元の店の残骸のとなりで、
b0067012_1358938.jpg

とりあえず、始める!て店や、
b0067012_13584758.jpg

まったく手つかずにしか見えない家のとなりで、
b0067012_1404361.jpg

なんか、割と平常営業な(でも屋根無いよね)感じで、話し込んでいたり。

そうそう、ここも復活していました!
b0067012_1411370.jpg

道の駅。 よ~く見ると、はまなすステーションの文字がぶら下がってたり、二階のレストランのいすが積み重なったり、
見切り発車ではありましょうが、とりあえずやろうって意気込みは十分です。ここが開いてるだけでも、ずいぶん人の動きが出ます。

まだまだ、報告しましてよ♪

by degipochi | 2011-08-27 14:05 | 南三陸町 | Comments(0)
ひめポチ通信
全国の、ひめポチがアメオンナだと堅く信じているみなさんへ。
本日、関東に降りましたゲリラ豪雨で、ネリマは一時間に90.5㎜ちうとんでもない土砂降りになりましたが、ひめポチ近辺は無事です。
ちっと最大降雨のポイントからずれたらしい。 ま、そりでもマンホールから水が噴水みたいになり、坂道が滝のようでしたが。
そんな中でも、隙をついて散歩に行くひめポチは・・・・ チャレンジャーなのかアホなのか、もはや分かりませんなのよ~。

とりあえず、ご報告まで
by degipochi | 2011-08-26 22:50 | 練馬モノ | Comments(10)