<   2015年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
池袋質屋まつりのご案内
唐突ですがご案内。
今年も催される、池袋質屋まつりの会場にて、おかあしゃんの東北写真展が同時開催されます。 詳細こちら。


会期・6月26.27.28の三日間。
場所・池袋サンシャインシティ 展示ホールA-1


b0067012_2342889.jpg




三鉄全面再開、陸前高田の喧嘩七夕、六魂祭などなど・・・・

ご存知の通り、何万枚もの写真・・・・からの、選りすぐり(数の点でね)の数十点です。

大船渡の甘ほたて、田老のワッフルなど、コビル(三時のおやつ)も取り揃えております。

お近くにお越しの折は、ぜひぜひお寄りくださいませ。




にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

こちらも押していただけますと。ポチよろしく。

by degipochi | 2015-06-23 19:49 | イベント | Comments(3)
下りにもドラマが有り
頂上を極めるまでが山登りではない。



そう、 汗をしたたらせながら無心に登り、

ピークを踏んだ後、心穏やかに振り返るとその降りてゆく道に、


b0067012_1571610.jpg

茶屋が有る。

「茶屋なくて、なんの山登り」とまで言う者も居る。
b0067012_159745.jpg

どんな長い道のりもそこに茶屋が有り、湯気を立てる食べ物が有ると信じれば頑張れる、と。
b0067012_21320.jpg


それは、よこしまな考えであろうか。
b0067012_1595772.jpg




よこしまでしょうな。

茶屋が大事すぎて、その間の景色をぜんぜん見てない、なんてこともありますからね。

展望台然り、東屋然り、しまいには木のベンチ然り。次の休憩場所に向かってただもうダッシュ。

だったら山じゃなくていいじゃねーか、ということで。
b0067012_242488.jpg

そのエネルギーには頭が下がるが。

要は、そのどん欲な意欲ならぬ胃欲がね・・・・  だって次の茶屋がどこにあるのか(そもそもこの山に有るのか)、地図もガイドブックもないのに、よく知ってるもんだなと思って。
b0067012_273592.jpg

ここに山登りの醍醐味あり。 

高尾山山頂直下、やまびこ茶屋。 テラス席と言うが屋根も壁も有るので、実質店内ワン可。
b0067012_28252.jpg

意外なとこにワン可があるもんだ、ということで。
b0067012_2101884.jpg


さて、一休みしたら下山にかかります。
b0067012_2105128.jpg

どうしたんだ、というくらい奇麗な個室みたいなトイレで準備整え、登りとは違う四号路を行きます。
b0067012_2121820.jpg

下りにはこの道は良かった。稲荷山コースほどつるつるしてない。
b0067012_213493.jpg

木漏れ日の中、いわゆる森林浴をしながらゆる〜と下って行く気分の良い道。
b0067012_2142441.jpg

新緑と言うには遅いけど、それでも緑の色が爽やか。
b0067012_2151488.jpg

ひめポチもたいそう機嫌良く、前に前に♪ むしろリード持ってるおかあしゃんの方が引っ張られとる。
b0067012_2165366.jpg

分岐点で一服していたグループの方に、「どっちが散歩されてるの〜(笑)」と声かけられたり。
そりゃ本気で走ったり歩いたりしたら、犬の方が早いですって。

吊り橋到着。
b0067012_2185743.jpg

しっかりした橋だけど、やはりちゃんと揺れます。 見ただけでも渡らない犬もいますが、
b0067012_2214231.jpg

この方は問題なく。そう言えば救助犬の訓練で、はしご渡りとかやったな〜と思い出しました。
あの時会得した高所渡り、障害物乗り越えなどの技術は、すべてその後「あくたれ」に活用されました。

クンレン失敗。


あ、そうこうしてるうちに
b0067012_2232199.jpg

浄心門に着きました。 山頂と登山口の真ん中、ケーブルとかリフトで来られるあたり。
b0067012_2285833.jpg

立派です。 やはり由緒ある山だなと思うひと時。
そして、
b0067012_230227.jpg

こんなものも有るあたり、不思議なんだよな。  ↓これとか。
b0067012_2312864.jpg

あとさる園とか、ビアガーデンとか、ちょっと小洒落た土産物屋とか。
b0067012_2353342.jpg

なんか聖俗まざった不思議な空間になっとります。
b0067012_2332064.jpg

だから、この胃欲満々な世俗の垢を全身に纏った方も、
b0067012_2344470.jpg

そりゃはしゃぐ訳で。

寄るか。 お前は今日、山登りが目的でここに来てるんだ。
b0067012_2365198.jpg

いちいちソフトの看板見るたんびに寄ってたら、帰る頃には朝より太っとるわ。

それが、高尾山のヤバいとこですな。 腹減った時に胃袋を満たすところがいっぱいある。 ありすぎる。
b0067012_238421.jpg

眺めのいいとこで一枚写真撮って、とっとと退散。

このまま一号路を歩いて降りようかと思ったが、そうだリフトって乗ったことなかったと言うことになり、
b0067012_2402185.jpg

また歩く方は出直すことにして安直に帰途につきました。

当然、犬は抱っこで可。 なんか後ろの方とか・・・・ 笑ってる気がする(汗)。
b0067012_2413081.jpg

リフトって、なにか入れ物が必要なケーブルより、ゆるいよね。

見晴らしよく、気持ちがよろしい。 そして意外に長い。
b0067012_2422582.jpg

で、見晴らしの割に高度感は無し。 万が一落ちても、怪我しないなちう高さ。
b0067012_2435589.jpg

寝とる。 ベンチとは違うんだが・・・・ 揺れてるのはあまり気にならないらしい。
b0067012_2444588.jpg

前に、どこかのリフトでわーわー騒ぎだして、あら高いところが苦手になったのかしらと思ったら、
風が寒かった、ちうことがあった。 寒さに対しての許容範囲は犬にあるまじき狭さである。
b0067012_24658100.jpg

はい、ふもと着。

b0067012_2482225.jpg

途中、いまどき珍しい、写真係のおっちゃんが居て写真を撮り、降りるともう出来上がっている。
あれ、逃げも隠れも出来ないから、言うなれば強制的に撮られるけど、買うひとってどれだけ居るのかな。

そして、居並ぶ土産物屋の間を帰る。
b0067012_2504699.jpg

諦めない犬が一匹・・・・・・

リフトで疲れて寝てたと言うのは、ただの充電だったらしい。
b0067012_2521394.jpg

そりゃ、土産物屋だもの、入り口とか壁が無いだけだ。welcomeと信じられるおまえは、立派だよ。
b0067012_2523520.jpg

これにて高尾山ハイキング、終了〜♪




にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

帰りは正体無し。お疲れさまでしたなのよ〜♪

by degipochi | 2015-06-20 02:56 | 山登り | Comments(4)
高尾山を攻略する
こんなところに来ております。
b0067012_125368.jpg

どこぞの郊外の可へに来たのかと思ったら、
b0067012_1261796.jpg

山であったなのよ。
b0067012_1264145.jpg

あらずいぶんちう車場から遠い可へだなのね、地図まであるだなのと思ったら、ほんとに山登りであった。

とちう、どんどんお店が出現するから、マリちゃん的にはそこでもいいとゴネたんだが誰も聞かず。
だって、そんなあなた、山ちうもんが近くにあるとは信じられないでしょうが。
b0067012_1285351.jpg

まさかネリマから一時間もかからずに、山に登りに来れるとは、マリちゃん思わなかったなのよね。
b0067012_1314369.jpg

しかし、ほんとに山であった。しかもちょー有名な山。

孝雄さんですって。


え? ちがう?



あ、 高尾山。

いいじゃないの、痔が違ったくらい・・・・ あら、今もなにか有ったわね(ほんとにこの字が筆頭で変換だった・・・汗)。
b0067012_1332162.jpg

とりあえず、この超有名な高尾山に登ることになりました。コースは表参道ともいう一号路ではなく、「稲荷山コース」。

お稲荷さんが祀ってあるから「稲荷山コース」なんでしょうな。
b0067012_137980.jpg

ケーブルとかで頂上まで行ったことしかない、東京のもっとも身近な名山、高尾山。
JRと京王電鉄の駅からもめちゃめちゃ近く、ほとんど坂道の公園感覚で訪れがちですが、一号路でないルートを選ぶと、意外にちゃんとした山道だよと言われました。

登り始め、いきなり長い階段で、
b0067012_1405373.jpg

ペースの合わない即席チーム、先導車の足に後続車がつっこみ、早くも事故。

なにしてんだか。
b0067012_1424925.jpg

つまらぬ巻き込み事故は、大事故の危険が有ります。 少し間を空けて歩くように。

そして、一時間半の稲荷山コースはスタートしたのであります。

日常の散歩では、三歩と言われ、陸ガメと言われ、ドナドナド〜ナ〜と歌われ、悪意が有るのかと思うくらい
引きずってでも前に進まない、歩くの嫌いなあくたれ犬が、
b0067012_1443128.jpg

山ではまぁ歩く。

ペースが上がらなかったのは最初だけ。
b0067012_1475210.jpg

b0067012_1481075.jpg

b0067012_1482821.jpg

ウォーミングアップが進むにつれ、なんだかどんどん溌溂として参りまして、
b0067012_1521075.jpg

休憩すれば笑顔は極上、
b0067012_1525288.jpg

歩いていても笑顔は極上、
b0067012_1534630.jpg

このなかなかに岩場っぽい斜面を、それはそれは(誰が見ても)意欲的に
b0067012_1545447.jpg

敏捷にこなしていくのでありました。

やはり、猟犬だなと。
b0067012_1561678.jpg

こんな犬っぽい前向きな姿勢、都会に居てはぜったいに見られないぞ。
b0067012_1575996.jpg

途中に有った展望台からの見晴らしもなかなか良く。
b0067012_1583782.jpg

花も・・・・・ あんまり咲いてなかったな。

ここ稲荷山コースというのは、ずっと稜線を歩く日なた道、ということだったんだけど、前日の夜に降り続いた雨のせいでかなりぬかるんでおりました。

粘土質の地面が、意外に滑るんだよね。

私もつまらぬところで転びました。まぁ見事にばったり。
どこも怪我しなかったが、粘土な土がべったり魚拓みたいにくっついて、誰が見ても「ヒドく転びました」風。
b0067012_265692.jpg

ほら、このへんの土の感じ。 つるっつるしてるの分かるでしょう?

雨上がりにお越しの方、意外にすべるのでお気をつけ下さいませなのよ。
b0067012_281658.jpg

もう一息じゃい。

基本的に、高尾山というのは犬に寛容で、ケーブルは入れ物が有れば乗れるしリフトもオッケー。
b0067012_285262.jpg

頂上の茶屋には、犬が店内可の店も有るときた。

すれ違う登山者のみなさんも、基本的にはフレンドリーですな。
ただ、「ワンちゃんここまで来れるの? すごいねぇ」的な意見多数。
いや〜この犬が日頃カメなのは置いていて、小さくとも猟犬がこの山を登るのは、なんも難儀では無いでしょう。
b0067012_2153343.jpg

3キロちょっとのそこそこアップダウンもある山道。進むに従ってどんどん元気になって行き、
最後の頂上への坂道、引っ張られて遂に息の上がったおかあしゃんを差し置いて、
b0067012_2181954.jpg

先行する仲間に向けて、一目散。

犬ってすごいねぇ。日頃歩いてなくてもこの馬力。 毎日、ちゃんと歩いている犬は、どんだけ走れるだろう。


・・・・人間は、そんなスピードで階段駆け上がれません。肉離れます。


はい、登頂。
b0067012_221183.jpg


はい、脱線。
b0067012_2212933.jpg

ひめポチ、その店じゃない。 ワンちゃん可のお茶屋さんは別の店です。

ちうことで、後半に続く。



にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

ちょっとヒートなサラっぴは、おうちでお留守番です。出番ないでち。。。(涙)

by degipochi | 2015-06-19 02:22 | 山登り | Comments(2)
この旅の特長と言えば
ずっと晴れだったんです。 腫れたではない。晴・れ・♪ あり得ないでしょ? 時代は変わっただなのよ。
b0067012_0175430.jpg

秋田市から男鹿半島に向かう国道7号線の眺め、いとうるわしく。
b0067012_020134.jpg

南にははるかに鳥海山が見え、
b0067012_0203080.jpg

ほら、鳥海山。 なんと秀美な稜線であろうか。
b0067012_021364.jpg

やや北には、男鹿半島と寒風山が見え、
b0067012_0222649.jpg

こうやって眺めるに、男鹿半島ちうのはちょっくらチョイと覗いてみるエリアじゃないなと思い、
b0067012_0233433.jpg

寒風山をふくめて、じっくり一日かけないと回れないよとのアドバイスを受け、今回は遠景のみ。
b0067012_0291255.jpg

b0067012_0292794.jpg

どこに行っても、誰も見てなくても、花は奇麗。 色が都会のより断然鮮やか。 何が違うんだか。
b0067012_030234.jpg

町から15分も走れば、こんな風景なんだから、すごいよね。東京だったら、一時間も走って・・・・
伊豆か?  いやまだたどり着かないな。千葉?  いや〜こんな眺めは・・・

秋田周辺、まだまだ書きます♪



にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

by degipochi | 2015-06-12 00:33 | 旅行など | Comments(2)
ゆるっと温泉
本日もみなさまお忙しいことと思います。

まあまぁ仕事の合間に、気持ちをゆるめまして、こちらでもご覧くださいませ。
b0067012_1024557.jpg

若人の、国見温泉露天風呂、水泳シーンでございます。

もとい。
b0067012_104277.jpg

入浴シーン・・・・・ いややっぱり、水泳だな。

カメかマンボウが海面を漂うがごとき先輩の入浴と違い、若人はなんか勘違いしてるらしく、がっつり泳ぎます。
b0067012_1044222.jpg

そして、出遅れた先輩が山登りで汚れた泥を落として、ようようお湯に浸かる頃には

b0067012_105359.jpg

終わっているのであります。

起きてんのかと思ったら、
b0067012_1051721.jpg

寝落ち。
b0067012_105313.jpg

ぐでぐで。泥酔したかのように正体無し。ちょっとイビキなんて掻いちゃったりして、可愛いのであった。

さ、午後の仕事。意欲湧きますかな。



にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

出て来たら出て来たで、この方寒くて寝るどこじゃない。犬かホントに。

by degipochi | 2015-06-10 10:09 | 旅行など | Comments(2)
けっきょくネリマからお届け
国見はWi-Fiだけが使えて電話が圏外。なので、私のMacは外ではiPhoneとインターネット共有で使っとるため、なんとかなるかと頑張ったが×。たぶん、やり方はあったと思う。しかし出来ないものは出来ない。で、途中一泊した山田の嶋田鉱泉は、いさぎよく全部圏外。その他の昼の時間はすべて移動。
b0067012_1354380.jpg

こりでは、とうてい記事をアップすることはできませんな。

ようやく帰って来た次の日はほぼ疲労で使いものにならず、ようやく今日あたりから始動です。

まぁ〜盛りだくさんだったね。
b0067012_138188.jpg

雨の予報を覆し、みりんちゃんと一緒に晴天の六魂祭見たり、
b0067012_139025.jpg

ミス六魂祭的なきれぃなお姉ちゃん達と握手したり、
b0067012_1462851.jpg

街中のお花畑をみんなで散歩したり、
b0067012_1394999.jpg

みりんちゃんのお店で、お友達のさくらちゃんとランちゃんと、みんなでしつけ教室したり、
b0067012_1413288.jpg

なまはげに会ったり、
b0067012_14219.jpg

お約束、国見の風呂に入ったり、
b0067012_1425066.jpg

あこがれの名峰、秋田駒ヶ岳に登ったり(あの日は本当に、晴れたが風が強かった)
b0067012_1432541.jpg

(でも背丈の低い犬んとこは、意外に風が当たらないんだね)
b0067012_1444859.jpg

登山口で終わるサラっぴは限界に挑戦、4年ぶりの大御所は年齢に挑戦。いずれも勝利したり、
b0067012_146429.jpg

お約束、聖地松ぼっくりでアイス食ったり、
b0067012_14836.jpg

山田でおばちゃんとちっと語り合ったり、
b0067012_1483879.jpg

(これはこれでねぇ・・ 集落を一歩出ると、ほんとにまだこんなだったりするんだな。 ここは荒神神社に行く道)
b0067012_1501043.jpg

(工事中につき通行止めというが、工事車両は居やしなかった)
b0067012_1512495.jpg

田老でドンコ丼いただいたり、
b0067012_152481.jpg

6年ぶり、ロクちゃんちに寄ったりした。

総走行距離1950キロ。

帰りの道中は、すべての晴れのツケを払うように、ず〜〜〜っと雨だった(あげく霧)。帰ったら腕が筋肉痛。

なにから書くかね。

すでに、燃え尽きた感があるんだけどね。

とりあえず、本日ここまで。


にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

by degipochi | 2015-06-08 01:56 | 旅行など | Comments(4)
六魂祭
相変わらず圏外の国見から今日は。ようやくWi-Fiが使えるようになり、ゆるっとアップ出来ることになりました。ただ遅いので。。。少しずつね。

b0067012_922475.jpg

b0067012_9221429.jpg

みりんちゃんと一緒のリポートでした。
とりあえずあげてみるぞ。
by degipochi | 2015-06-03 09:17 | Comments(6)