勿来(なこそ) 岩間町 竹ノ花
小名浜を西へ10数㌔。津波をかぶって完全停止したが、電力不足緩和のため、夏に向けての再開を期待される勿来発電所
ほぼすべてがなくなった竹ノ花地区、そして発電所横に綿々と連なる瓦礫の山と廃車の列。
それだけ知っていて、この写真を見ていただければ十分だと思います。 そして、最後の動画を見てください。

b0067012_0315818.jpg


b0067012_0321558.jpg


b0067012_039262.jpg


b0067012_0393924.jpg



b0067012_0353058.jpg


b0067012_0335992.jpg


b0067012_0355096.jpg


b0067012_036117.jpg

薬師堂。
b0067012_0363271.jpg

その土台は20㍍ほども海に近い。
b0067012_0365316.jpg

この近くに建っていた、多くの家屋が撤去された中、ぽつねんと残る薬師堂。
b0067012_037216.jpg

もしかすると、ここの主はすでにいないのかもしれない。
b0067012_0403536.jpg

同じように、誰も乗る者のないバイクが、泥だらけで転がっている。
b0067012_041027.jpg

かなたの発電所は、今ふたたび動きだそうとしている。そして、目の前の集落は、昔から更地であったかのようだ。

綺麗に取り払われてしまったこの竹ノ花に、どれくらいの家が建ち並んでいたか、まったく想像が出来なかった。
何軒か残った、屋内をすっかり波で持って行かれた家だけを見て、この5月9日の地区の様子を思い描けるはずもない。
ここにあった家々の住人は、今どこに? 避難所?親戚の家? またこの地区に家は建ち並ぶのだろうか?

誰も帰ってこなければ、この地域には最初から集落など無かったかのように、6月12日の竹ノ花は静かで寂しい波の音だけしていた。

b0067012_0374476.jpg

by degipochi | 2011-06-13 19:45 | 大地震


<< いわき・久之浜(ひさのはま) いわきサン マリーナ周辺 >>