津波太郎と言われた町
田老の町に降りていく国道45号線は、まずこんな看板に迎えられます。
b0067012_0484923.jpg

他には見られなかった、昭和の三陸大津波を喚起する看板。
明治・昭和の大津波で甚大な被害を受けたこの町ならではの、防災への意識、取り組みがあったのでした。

それは、万里の長城と言われた長大な防潮堤、防波堤、河川堤防という万全の備えとなって、町を守ってきたのです。

その、10メートルを越す防潮堤は、
b0067012_0562314.jpg

国道に沿い、南北にのびていた一つは、ほぼ元の状態を保っていますが、東西にのびるもうひとつは、津波の第一波で、
原型を留めないほどに破壊されてしまいました。→ 参考 日経新聞4月4日

そして、町は今。。。。。
b0067012_1224575.jpg

町の入り口に積まれた、瓦礫の山。
b0067012_0592646.jpg

綺麗に土台だけ残った、住居。
b0067012_0594120.jpg

駅併設の観光センター。右奥が田老駅。
b0067012_175448.jpg

津波の被害を最小限に抑えた、北リアス線架橋。津波の時は、駅に逃げろと教わり、実行して助かったと言う話もありました。
津波は、高く作られた駅のホームにまで到達し、流されそうになるのをかろうじて柱にしがみついて耐えたそうです。
駅の山側の集落は、リアス線のおかげでかなり被害が少なく済んだとのこと。頑丈な架橋が、宮城における仙台東部有料道路と似た、防護壁の役割を果たしたのです。
b0067012_1234368.jpg

JFたろう
b0067012_1241481.jpg

他の地域から比べて、圧倒的に瓦礫の撤去が早いようです。町の規模が小さいから、ではないでしょう。
b0067012_135230.jpg

なにか、町再生に向けての、地域を上げてのエネルギーのような物を、強く感じるのです。

道を見てみれば、
b0067012_1254491.jpg

真新しいバス停。ずっと立ち並んでいた商店街は一軒もないものの、土台だけの建物の横にベンチが置かれ、花が飾ってあります。
b0067012_1312871.jpg

仮設新聞販売所。 注目すべきは、「自動販売機」。 これは、他の被災地域では見られなかった物です。
(陸前高田にもありましたが、工事関係者のための物のようでした)
b0067012_1332169.jpg

続々とたてられている、電柱。

命綱のガソリンスタンドも、しっかり営業。
b0067012_1341961.jpg

よく見れば、中はこんな状態のままなんですが。。。。 それでも、やってます!
b0067012_1522440.jpg

津波は来ると思ってた。この後も住民主導でやっていこうという意識の高い町なんだと、仮設住宅でも何人かに聞きました。

たしかにここは、頑張ろうと言う気持ちを、強く漂わせています。
b0067012_1424032.jpg

犬にも、猫にもやさしい町(現にシュナちゃんも仮設在だし、訓練士さんのラブもご同様)。田老、10月はじっくり行きます!

そしてもひとつ発見。
b0067012_1483932.jpg

津波避難の案内板と、ソーラー街灯。

そっかー、ここは・・・・・・ 夜も真っ暗にはならずに済むんだなぁ。。。。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ


by degipochi | 2011-09-22 00:09 | 田老 | Comments(6)
Commented by ぽん母 at 2011-09-22 12:23 x
あの万里の長城のような・・防潮堤
それも・・・ダメだった。。
海は癒してくれるけど、時にむごい事もするね。
家の父も、海で・・・。でも海は好きなんだよね!

昨日岩手のニュースで石神井川映ってたよ~
大丈夫でしたか?
こちらはぽん太の、大いびき中に通過しました(笑)
Commented by degipochi at 2011-09-22 19:46
ぽん母さんへ
そうでしたか・・・・・ あれだけ綺麗な海、でも怖い海ですよね。ネリマは海から遠く、日頃波の音とか実感することはないです。
でも、ママぽんは好きみたいよ。 あの方は、境港(さかいみなと)だから。懐かしいんだって。
やはり海は、大きな大きな存在では、あるんですね。。。

さて、石神井川。いまのところ入った情報では、氾濫はしなかったようです。全国的になったな、石神井川。
Commented by りんまま at 2011-09-22 20:31 x
東部道路もね・・・
最初から避難場所にしておけば良かったんだよね。
でもこの間、浜街道を走っていたら、東部道路が遠かった~
あそこから橋って逃げるなんて無理。
そして今日は通行止めでした。
ガレキの山から自然発火していたユリアゲももしかしたら
この雨の消火したかな・・・
Commented by iimonoarukana at 2011-09-22 22:56
昔・・・新井素子が好きで読みあさり・・・ 石神井は憧れでした
こちらでも 石神井川のニュースが入っていましたよ~
Commented by degipochi at 2011-09-23 20:08
りんしゃんへ
瓦礫があちこちで燃えているって聞いたけど、消火できずに困ってるそうですよね。
いやーー台風で鎮火してくれればまだいいけど、水没で火も消えなかったら、どうなる?
仙台市は、都市としてでかいから、高い所へって言われても難しいですよね。
田老は、すぐうしろが高台でしたもん。走ればすぐ山… すごい地形だなぁ。。
Commented by degipochi at 2011-09-23 20:10
iimonoarukanaさんへ
おかあしゃんが、自慢したい事があるからメールします。って。
よろしく♫


<< おまえ、いつの間にそんな・・・ 台風、群馬を北上中 >>