とてつもない高さ
秋の岩手。 その典型的な県道を行く。
b0067012_034310.jpg

のどかなのどかな風景がつづきます。 でも・・・・




でも北山崎の少し南、おみおしトンネルの手前を右に曲がり、
b0067012_0493557.jpg

寂しい林道をずんずん降りていくと、いきなり、
b0067012_0502937.jpg

こんな景色が目に入ります。

この光景を、よく覚えていてください。 情報によって物の見え方が変わる、ということがあとでよく分かります。

背筋が寒くなるくらい。
b0067012_0524680.jpg

まず誰でも気づくのは、道の崩落。ポールなどの変形。むき出しになった斜面などでしょう。
b0067012_0595279.jpg

そして、なんだかひしゃげたような形になって、道路は終わってます。 この先、行くも方向転換もできまい。
b0067012_102187.jpg

どう戻るのかは、あとで考えるとして、それにしてもこの道路の破壊ぶりはすさまじい。
b0067012_0575486.jpg

都司先生の先導の元、ぞろぞろと港・・・・ 元港を目指す。 と言いつつ、どこが港だったやら全く分かりません。
b0067012_13163.jpg

素人にも見て取れるものと言ったら、側溝からなにから吹っ飛ばされてる道路の状態と、妙に目立つ断崖の小山くらい。
b0067012_133657.jpg

ここで唐突に、道路は断ち切られてます。
b0067012_1112295.jpg

下を覗けば、まったくの空洞。全部持って行かれたんでしょうか。ただ、林道に沿って小さな沢があったので、そこにかぶせてあっただけの道路なのかも知れません。それだったら、弱いでしょう。

それにしても・・・・なんだか無気味に、むき出しになった岩山だなぁと思ったら、
b0067012_16465.jpg

他もかなりの高さまで、土が削り取られていたり、木肌がむき出しになってたりするんですね。

ところで、写真の真ん中あたり、ものすごくちっちゃいんですがピンクのテープみたいなのが樹に巻き付いているのが見えますか?
b0067012_193621.jpg

こちらの、道路の右側の絶壁も、
b0067012_1161267.jpg

見えるかな? 真ん中のちょっと上当たり、一番高い木になるかな、幹にテープが。
b0067012_1175835.jpg

このテープは、「ここまで津波が来た」という印に付けられたものなのです。

そう思って二枚上を見てください、この高さ!
b0067012_1194567.jpg

道路左側、少し奥にあるこの絶壁にも、
b0067012_121491.jpg

とてつもない高さに、テープが巻き付けてあります。
(それと、二つの山の間の地面の色。どうも他と違いすぎます。津波でえぐり取られたのではないでしょうか)

その場所を枝の状態や目撃情報などで特定し、テープを巻きに行く人がいる、ていうことも凄いけど、そこまで一気に来た津波。
だれが数分で、そんな高さまで崖を登れるでしょうか。名フリークライマーだって、無理でしょう。
先生の測定に寄れば、テープの標高は22メートルだそうです。なんか、もっと高いように見えますが。
とすると、田老の37.9メートルという遡上高は、どんな高さなんだか。。。。11階建てのビルに相当すると言われても、想像できません。

幸いにしてこの漁港は、小屋などはあっても人は住んで居らず、人的被害はなかったようです。せめても、ですね。

調査隊はこれより現地撤退、、、 これが案の定大変なことで、
b0067012_1293428.jpg

人間が方向転換するようには車は行かず、
b0067012_1315878.jpg

崩落箇所を避けて、延々バックする羽目に。
b0067012_1323083.jpg

落ちるぞ下手すると。 間違いなく圏外だし、JAF呼ぶったって来るまでどれくらいかかるやら。

先生に「4月に来られたときも、こんなんして戻ったんですか?」て尋ねたら、
「んーーもっと手前で車を降りたかも知れない。こんなとこは通らなかったかなぁ良く覚えてないです」と。

あんまり気にしてないですな。とにかく目的の場所しか見てないし記憶してない、それもまたスゴイです。

さて、戻っていく道すがらも、あのピンクのテープがあちこち貼られているのが、今度は気になって気になって。
b0067012_140188.jpg

ポールのてっぺんとかロープとかにも貼られてる。 じゃあそこまでしか津波は来なかったか、て言ったら、それはどうだろう。

道路の崩落は、もしかして地震に寄るものではとも思ったんだけど、その割には南三陸に至る道路にあったような亀裂や段差がない。
そして、よく見れば、こんなところにも
b0067012_1434895.jpg

テープは巻き付けてあるんです。
b0067012_1442311.jpg

木の根も、えぐり取られてむき出しなんだよね。。。。

北山漁港が、どれくらいの津波に遭ったか、もうひとつ背筋の寒くなる証拠があります。 それは、
b0067012_1382260.jpg

何度も出てくるこの変な形の山の、
b0067012_1483170.jpg

山頂部分。
b0067012_1574791.jpg

かすかにテープらしき物が、見えませんか。

ここまで波がかぶったのではなく、波の下に沈んでしまったというのは、立ち会わなかった人間に想像できる光景ではありません。

報道には決して出てこない、「誰も知らない現場」です。

追加 震災前の北山漁港の写真を見ると、ずいぶん地形が違います。道路から見て左の二山は、どうもそれほど離れてなかったような、ひどく間をえぐられているように見えます。かつての写真がないので、これ以上はわからないけど、物凄い力だったのでしょう。

by degipochi | 2011-11-02 01:51 | 大地震 | Comments(2)
Commented by よっこたん at 2011-11-02 21:01 x
先日はお世話様でした。すっかり興奮もおさまることもなく帰宅しても踊りまくっておりました。
ゆっくり休む間もなく次から次えと大移動しながらのボランティア
ご苦労様です。
体大丈夫ですかみんな気を付けてくださいね!
ありがとう御座会いました(*´∀`*)
Commented at 2011-11-03 11:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 本日、好天につき 田老の、笑顔 >>