カテゴリ:大地震( 107 )
ややこしい東北道無料化
12月1日より3月31日まで、東北道3県全面無料化、という記事はご存じでしょうか。
ここで間違ってはいけないのは、「被災3県無料化」ちうこと。浦和(川口)からではない。福島入って最初の「白河IC」からになる、ちうやつです。全車種・全日・でも全域ではない。え?
↓ 書き直しました
東京から行く場合、白河までは普通に高速料金はかかる。連続走行ということなので、そのまま目的地出口から降りるらしい。

で、二本松に行くには東京から白河は有料。白河から二本松までが、無料。あら、そうなの・・・て感じ。
b0067012_1951751.jpg

ちうことで、おかあしゃん。遠路はるばると岩手に行く時ゃSAVE IWATEさんにお願いしておりましたが、ここで改めてボランティア申請をするべく、福島に問い合わせてみました。

まず、二本松VCにもなっている、二本松社会福祉協議会に。
返答 仮設住宅は、二本松市の管轄ではなく、避難している浪江町の管理下にあるので、そちらに。はっきり言えば管轄外。

ということで、続いて浪江町仮役場(在二本松市)の、代表番号→ボランティア受付→物資担当→住宅支援と来て、ようやく担当者にたどり着きました。

今まで、浪江町にボランティア車両の申請はあまりなかったらしく最初、高速のことだったらNEXCOにかけたらだの不思議な展開になり、いや行政のことですと言ってあわてて担当が代わったり、てんやわんやな雰囲気が電話の向こうから漂ってくる気配・・・・
b0067012_19513985.jpg

結局分かったのは、個人→個人宅へ支援物資の運び込みは、ボランティアとしては対象外ということと、町としてボランティアの要請は出さないということ。じゃあ、個人のボランティアはどうする?と聞いたら、その代わりに、一定の形「仮設住宅全体への物資提供・チラシ制作・集会場使用・仮設代表者への連絡や挨拶」を取っていただければ団体のボランティアと認められる、と言う。
それなら、チラシ以外は大体やってきたことだし、OKなのではないかという展開になり、町ではあくまでも申請書は発行しないので
浪江町の社協があるから、申請書発行はそっちだという。最終的に、浪江町役場の担当者から、話を繋いでいただくこととなりました。

これで発行されるかどうかは、現在確約されておりません。(ここまでやったのに)

008.gif あぁ~ ややこしいっっ042.gif 



浪江町仮役場の方々、二本松に居るということは、おそらく皆さん仮設住宅にお住まいでしょう。人手も足らず忙しかろうと思います。
問い合わせの返答の電話は、なんと6時半でした。ずいぶん遅くまでやっているんですね・・・・


それでも、もうちょっとうまく、遠隔地と現地の要望を繋ぐ事ができればいいのになぁ。
b0067012_20232870.jpg


にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

by degipochi | 2011-11-29 19:38 | 大地震 | Comments(8)
ご紹介記事と毛布と布団と
ひめポチキャラバンの、あったかグッズを送ろうキャンペーンにご賛同いただきました「喋るヒト。」さんに、ご紹介いただきました。
001.gif ありがとうございます 001.gif

毛布・掛け布団・キッチンマット・バスマット・毛糸関係など、キャラバン隊の冬季キャラバンはいたしませんが、072.gif送ってはおります。

だってね、
b0067012_0592561.jpg

これは無いと思うのよ。カーテンが掛かっているから、あれ、もう一部屋あるんですか?て聞いたら、ううん壁よ。これ掛けたら
少しでも寒さが違うから、て遠方の家族に送ってもらったカーテンを、窓でもなんでもないところに貼っていたり(実際壁は冷たかった)
b0067012_122374.jpg

その他にも、キッチンマットを何枚も重ねて床に敷き、薄っぺらい床からの冷気をなんとか防ごうと努力してたり、
b0067012_1204883.jpg

自称6畳の部屋なんだけど、その中にどんっと突き出す形で押入が突き出していて、その隣りに申し訳程度の窪みがあり、
(窓の奥にカーテンがありますが、当然こちらも壁です。でかい窓があるわけでは、ありません)
b0067012_171069.jpg

残ったスペースはどう見たって4畳半しかなく、そのど真ん中に妙にでかいコタツがあり、しかもそれにはコタツ布団が無いわけで。

仮設全戸へ人数・部屋数に関わらず、おんなじ大型コタツを配る平等ちうのは、果たしていかがなものか?
写真は許可を頂いて撮影しております。

ただいまの気温。11月27日午前1時現在、二本松の気温は零度を下回りました。
(その後さらに経過観察 なんとこの日は岩手沿岸部や盛岡より寒く、雫石と同じ温度経過でした。寒すぎだろ008.gif)

少しでも快適に、寒い夜を暖かく過ごしていただきたい。ご協力、お願いいたします。


001.gif そうそう、本日ふたたび都内キャラバンしてきました。 001.gif

ありがたくも掛け布団から座布団、毛布に食器、カーペットと盛りだくさんに出して下さった方あり。また車が満タンになりまして・・・・

これ、絶対必要とされるモノだけど、どっかに送るにゃ多すぎるし重すぎるなと。
で・・・・  なんとか、もう一回なら二本松に行けんじゃねーかと。あそこなら雪は降るまいと。

そしたら、前から申し出のあった大人用の自転車とか持って行けんじゃないかとか、子供用の自転車の話しも来てたなとか、湯たんぽも10個ほど手元にあるしプラケースもあるし・・・でも、自転車載せたら他は乗らんぞとか、、アタマ悩ませちう。

その横で、
b0067012_1374773.jpg

大イビキ掻いて寝ているヤカラがいるので、おいオマエはいい気なもんだよなと覗いてみたら、

b0067012_1385288.jpg

起きてた。


もとい。





目をひん剥いて爆沈していた。 (コエ~・・・)


重力に負けて、上瞼が上がり切っちゃったらしい。 あんまりにも怖すぎるんで、声も掛けないでほっといたら、
b0067012_1404726.jpg

瞬きしないんで充血し、ほとんどホラーになり果てておりました。

地蔵あらため、和風ホラー犬。

君はまだ、二本松ふたたびの計画を知らない。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ

by degipochi | 2011-11-27 00:53 | 大地震 | Comments(24)
さて、お知らせあれこれです
まず、グリーンバンビさんところで「G&B Project 第2期」スタートいたしました。今度は可愛いポーチだよ~058.gif
↓ 前回はこんなんだったね ↓
b0067012_18332659.jpg

072.gif ぜひ、ご覧になって。 で、ご協力くださいませ~。 072.gif

そして次。11月19日に、小雨の中行われた大船渡は盛駅前の「3鉄祭り」の写真が、届きました(こりはメールで)
b0067012_18505417.jpg

ご覧のような天気ではございましたが、大盛況だったようです(ここでも女性パワー強し)。 ようございました。
b0067012_1853590.jpg

久しぶりに賑わうホーム。 行き先表示の釜石まで、今は行けないにしても、きっとそのうち。
b0067012_1854280.jpg

その名も晴れ晴れしい、レールスター試乗会。
b0067012_18575421.jpg

そして、これは私もやりたい。三鉄運転手体験。
後ろ姿からでも、子供達の超笑顔になっているのが、はっきり分かります。 いいなぁ~楽しそうだなぁ。

家族総出で参加できた、この3鉄祭り。この日に合わせて送っていただきました支援物資、食器に服に毛糸に・・・
b0067012_1919084.jpg

山田町のおでんせ市再び、スゴイ熱気だったようです。 ほとんど完売とか。 喜んで頂けて、なによりです。

また、反射式石油ストーブの届いた方から電話ありまして、とっても喜んでいるという話の間に、それはそれは明るい調子で
会社と自宅が流されて、でも、子供も含めて家族は無事だからいっかーとか、仕事も探してるんだけど、なかなかねーとか、
知り合いにストーブ来たんだ♪ って言ったら、え うちにも欲しい・・・て言われたとか。あの、ストーブ余ってるって報道ありましたが・・・
陸前高田の仮設でストーブが何カ所からも届いて、使う場所も置いとく場所もないしどうすんだみたいな話でしたが。 ここにも格差が。

まだまだいっぱいあるけど、いったんここまで。


ついでに、軽井沢紹介しちゃおう。
b0067012_19224379.jpg

いかにも軽井沢な方々の集う、☆の温泉はハルニレテラス。

どことも知れぬマボロシの可へに向かって爆走する、犬二頭。
b0067012_2037339.jpg

確かに、人様の邪魔にならないように、V字に別れて足をすくったりしないようにとは言ったが、
b0067012_20374084.jpg

何だか可笑しい。

特に、その先輩。 あなたはなぜ、
b0067012_20392071.jpg

そんなに道路の枠の上を歩くことに拘るんでしょうか。 まさかと思いますが、この、細っけーー松葉がチクチクするとか?

するとか? 





するんだね?


それが証拠に、木道になったとたんに真ん中を爆走なさり、一気にテラス中心部に突入。
b0067012_20421539.jpg

ちなみに、可へはない。 

ワンちゃんオッケーのテラス席は、いやと言うほど並んでるが、ワンメニューはなくってよ~。 あぁマボロシのワン可へ。。。。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ


by degipochi | 2011-11-25 18:19 | 大地震 | Comments(10)
無事帰還祈願一発
えーーと言うことでございまして、明日、二本松に行って来るわけですけれども。なぜか天気も良いようなんですけれども。
同行するおかあしゃんが変な夢を見たとおっしゃるので。国見の山道での軽トラとバックミラー一騎打ち、という奇跡のような確率の
battleをデジャヴーのように言い当てたお方ですので、事故るちう夢見は、こちらとしてはかなりなわけです。
b0067012_2027064.jpg

いや、それは、こちらとしてはいつも慎重かつ丁寧に運転しているのだけれど。 はたからそう見えなくても。
b0067012_20282196.jpg

そーーなんです、今回が一応、2011キャラバンの仕上げ。危ないことは多々あったけど、そこそこ巧く乗り切ったと思ってたのに
ポイント溜まって最後にどん。ちうのは勘弁なわけです。
そんなこともあるかもなぁと思われる方。 明日一日、なんとなく心の隅で、マリちゃん達無事かな、と想っててくださいまし。
帰ってきて、うちの駐車場で隣の車にぶつけても詰まらないので、ちっと長めにお願いします。

そりでは。 プチ遠征に行って来ますなのよ。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ


by degipochi | 2011-11-12 20:33 | 大地震 | Comments(10)
ツイッターではないんだが
佐々木のおばちゃんから電話あり。送られてきた「かいまき」をあるお宅に届けたら、なんか、ちょっと、おばちゃんがビックリするくらい喜んでくれたらしい。日頃の行動とあまりにも違った反応だったらしい。
そう、そんなこともあるんだな。 届いたごくごく普通の「ある物」で、もうちょっと頑張ろう、冬を越そうと思い立ってくれるなら、支援物資はただの物ではないんですね。こういう話は他でもあれこれ、聞きます。  送ってくれてありがとう001.gif
by degipochi | 2011-11-08 14:05 | 大地震 | Comments(10)
あれこれ連絡事項
2日沈没してました。 と言いたいところですがコタツ貰いに行ったり(帰り一通出口でUターン)、仕分けしてもらった物資をでかい7ヶ口、色々ツテあって池袋の黒猫しゃんまで運び込みました(なぜか着払い伝票に書いてしまいすべて書き直し・・涙)。
ま、お約束通りちう感じで、動いててよ。

057.gif ご報告 057.gif


1.山田のおばちゃんたちがキャラバンして、無事に田老に支援物資(毛布・湯たんぽ・服など)届けました。
ところが。ひめポチがいないのに、なぜか雨・・・・
会場になる体育館の建物に、車のお尻をつっこんで全部濡れずに運び込んだそうです。その直後に湯たんぽはなくなった、と。
どこまでも広がっていく、湯たんぽの輪。。。。 コタツに入れて使ったり、電気代節約して日中から抱えてる人(多分高齢者)もいるとか。
とりあえず写真は撮ったから~送りますよ、て言ってたけど。おばちゃんうちのアドレス知ってたっけ? 聞かれた記憶がない。
   
どうもホントに「送ってくる」らしい。紙焼きして郵便で。

そのうち、着くんでしょう。

そしたらスキャナーで読み込んで取り込んでアップします。。。。 


2.今晩、ネリマのすぐ近い沼袋ちう町で、田老の集いがあります。その名も「田老」という、居酒屋さんです。
遠く田老の方も来るそうなんで、ちょっくら顔を出してこようと思ってます。 なんかご縁があるみたいですね~。

3.運びきれなかった物資が、まだまだ第二基地にあるのですが、これ積み込んで 11月13日(日)、001.gif 日帰りで 001.gif

二本松の仮設住宅に行って来ます。
メンバーは、うちと日頃野菜積んでる1.5トントラックと、りんしゃんとそのお友達・・・くらいかな?です。


こちらの方々は、福島原発のせいで浪江町から避難してきた方々です。手荷物一つで、と言う点では津波被災と変わらない。
でね。今、直接聞いたお話では、コタツはうちの仮設(50軒)では一家に一台、配られた。でもこたつ掛けはない。 いやだから、どうしてそうなるかな(ガックリ)。コタツだけあっても足らないでしょうが。
これに関しては、順次ニュースアップしていきます。

とりあえず、掲示板でした~
b0067012_142415.jpg

フルーツの福島だなのよ キノコの福島だなのよ おかあしゃんの福島だなのよ~・・・ マリちゃんは熊本だが026.gif
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ


by degipochi | 2011-11-08 10:30 | 大地震 | Comments(8)
とてつもない高さ
秋の岩手。 その典型的な県道を行く。
b0067012_034310.jpg

のどかなのどかな風景がつづきます。 でも・・・・

北山漁港のすさまじい破壊ぶり
by degipochi | 2011-11-02 01:51 | 大地震 | Comments(2)
おかあしゃん、確認す
速報です!!

産業文化センター(通称アピオ)に問い合わせました。
昨日お休みだった担当者と、ようやくお話ができました。

物資は動いています!!

建物の管理事務所とまずつながり、そのおじさんの情報では、
「今日もトラック二台分、出てったとこだ。アリーナの二階席部分まで支援物資で埋まってたけど、それもだいぶ減ったよ」
「送ったタオル・水など、緊急時を過ぎたため、自治体で受け取られず戻ってきたものもあることは、ある」

そして、自分は県からアピオの管理を任されている事務所の者だけだから、ということで
アピオ内部にある、支援物資管理のための事務所(県管轄)へつないでもらい、

岩手日報の記事は誤報だったもよう。
何枚かは確かに、処分せざるを得ないものもあったので、それも管理していた。それのことかも。
基本的に個人の対応は、していなかった。できれば団体名が欲しい。これは前から聞いたとおり。
との話を聞きました。

そしてさらに、支援物資の管理などを統括する、岩手県庁を紹介され、
県民暮らしの安全課に電話。
(HPからここを検索するのは難しい。 電話で問い合わせた方がずっとスムーズでした)

会議中の担当者から、すぐ折り返し連絡あり、
県としては、今まで処分ということはしてこなかった。ここに来て、棺と食料品の期限の切れた物を、一部処分せざるを得ない状況と判断している。
毛布が残った、という記事に関しては、なぜ1000枚まで増えたのか、わからない。誤報です。あの記事を読んでのクレームも、多数来ており、岩手日報には、記事訂正の要望はしたのですが、とのこと。

県庁としては、たとえば山田町に500枚とは言えど「配布キャラバン」に行っている(ホントにキャラバンて言うんだ)。
そして、田老の話をしたところ、「あぁ~・・・ 田老ですか・・・。 田老に関しては、宮古市の管轄なので、市からの援助要請が上がってこなかったので、気になってはいたのですが、県としてもそれ以上のことはできませんでした」と。

県にある支援物資としては、すでにアピオにある物だけになっているので、毛布も配布先は決まっており、順次配布している最中です。
混乱している最中とは異なり、若干は個々への対応(あくまでも団体)も出来るようにはなってきています。
ただ、どうしても書面での手続きが必要となってくるので、書式をお送りします。と返答を頂きました。
それに団体・車両ナンバーなど書き込めば、物資搬出の手続きは出来るようです。
ただ、もう被災地で要求されているような物資が、残っているかどうか。。。。。 とも。


ということで、物資は、動いている。

ただ、結局、毛布はないんです。


県庁・アピオへの要望メールにご協力くださいましたみなさん、ありがとうございました。
県側の話は、以上でした。これがすべて正しいかどうかは分かりませんが、まったく間違ってもいないでしょう。
もしかすると岩手日報の記者が取材したときには、まだ毛布はあったのかもしれないけれど、もう配布先も決まりました。
事態は我々が考えているより、遙かに早く展開しているようです。

まず速報と言うことで、書き直しつつアップしています。ごめんなさい!

by degipochi | 2011-10-28 14:11 | 大地震 | Comments(14)
スーパーダイジェスト of 第五次ひめポチキャラバン隊2
10月17日(月) 夜半から暴風雨。沿岸部晴れのツケは、しっかり国見で祓う。ん?払う。紅葉最盛期空しく落ち葉が地面に積もる。
早朝、降りた雫石から曇り、9:30に盛岡駅にて都司先生、太田先生の調査隊と合流。紅葉の中東北道を北上す。
b0067012_14261041.jpg

九戸で降り久慈へ。駅前近くを通過するが、このエリアでは特に津波の被害は見て取れない。かなり復旧した一角らしい。
国道45号線(この辺では浜街道という)を南下、陸中野田駅に併設の道の駅で休憩、昼食。この後休憩スポット無し。
b0067012_14313720.jpg

十符ヶ浦(とふがうら)。北リアス線の線路完全に無し。防潮堤破壊。この後、米田地区(津波遡上高37メートル)、普代村水門・漁港、
b0067012_14353155.jpg

北山漁港など視察する。北山漁港、三台連ねて突入したはいいが道の崩落著しく、また途中からすっぱり落ちているので、
b0067012_1437065.jpg

視察時間よりも現地からの脱出の方がよほど時間を食ったのではないかと思われるくらい。ものすごいやられ方をしている。
その後、明戸、羅賀(ここに津波で運んでこられた巨大な津波石がある。礫岩)、田野畑道の駅をいったん経由し、
b0067012_14385946.jpg

島越(しまのこし)


90を越える世帯が、2軒を残し何もない。駅舎も床だけ、リアス線も橋脚のみ、橋桁を含むすべては海と反対側に倒れたという。
島越について詳しくは、吉村昭先生の「三陸海岸大津波」を読まれることをお勧めします。

夕日に染まる中、田老はグリーンピア三陸宮古の坂を下り、小堀内(こぼりない)漁港。ここは37.9メートルの遡上跡がある。
b0067012_1448580.jpg

見下ろす崖けわし。ちなみにマリちゃんのところまで津波は来たと考えられるらしい。どうやってここを数分で登るのか、無理と見える。
田老港。ついに日没。かの万里の長城を見る。
b0067012_14524598.jpg

実は下部構造と上部構造のあいだにジョイントとなる部分が見あたらない、という話。すっぱりと上がない。また防潮堤の高さも、
海面から10メートルであって堤自体が10メートルあるのではない、と言う。

ここでタイムアウト、単独で大槌はたまりん家に向かう。途中、町唯一のローソンで明日の予定を現地にファックスする。
「9時には到着できて、準備にかかれます」  これが次の日思わぬ展開に。。。。

b0067012_1457216.jpg

ありがたく夕飯をいただき、沈没。みるこの前にあるトイレットペーパーの魔法陣は、うちの若人がやっちまった粗相のマークです。
遠く二階でたまぞうがぎゃん吠え。 出かけんの察して鳴いとるなと思いつつ、次の日に備え全員が早々に沈没。

18日(火) ヴォーグ社さんから直に、ここ禁断の第六基地(大槌まで基地化するのは、、、てねぇ)へと送られた大量の毛糸を押し込み、
b0067012_15154956.jpg

吠えたくるたまぞうを積み込み、出発。 
一路田老へと向かう。途中、吉里吉里、瓦礫から発火して一週間も鎮火しない山田町(燃えてるのは例の船越公園です)、
泊まるはずだった宮古と通過し、道の駅田老で休憩。積み込んだたまぞうはすでに大人しく、この後の行程にも支障なし。

グリーンピア到着。ぽん母家・ロクちゃん家・cooしゃん・八戸組、みごとに同時到着。時間の余裕もはんぱないなとホッと安堵。
ただなぜか・・・・ おばちゃん達も大量に居る・・・・・ 11時のはずだが・・・・。
「九時半に変更だそうです」
いや聞いてません。誰が変更言いましたか。おかあしゃん? え、ファックス? そんなこと書いたか?
b0067012_15364777.jpg

言ってても仕方ないので、挨拶一発、足元で尻掻いてる犬に蹴りを一発、譲渡会は突如スタート。
b0067012_15391850.jpg

詳細はまた書こうと思うが、とにかく凄かった。持ち込まれた物量も、おばちゃん・おじちゃんの人数も、熱気もけた外れ。
b0067012_15403911.jpg

食器は出した瞬間に無くなっていき、箸置きも完売、毛糸も編みかけだろうがほつれていようが、「あっここ靴下のかかとだっ良かった~編み方わかんなくて~」「ばぁちゃんこれ持ってって、暇なときにほぐせば全部使えるし」とか、ま、数分で。
l詳細は、ロクちゃんぽん母さんのリポートをどうぞ。
b0067012_15475015.jpg

終了の記念撮影。左端はたまぞう。全く吠えてません。段取りは、たまりんしゃんの種明かしをどうぞ。
b0067012_15493656.jpg

全員でグリーンピアの敷地内散歩。ホテルの方も顔を出し、手作り品コーナーなど視察?する。そして、
b0067012_15502955.jpg

新しくオープンした仮設店舗「たろちゃんハウス」の善助屋食堂にて昼食。どんこ唐揚げ丼など旨し。
b0067012_161733.jpg

仮設ハウス内、あの9月に行ったとき、店舗も道具もすべて流されて真っ暗な顔をしてたおじちゃんの店舗もオープンしてた。
借金してすべて買いそろえて、これからどうなるか分かんないと言いつつ、おじちゃんの笑顔は10歳も若くなってた。

5台揃って、次の会場へ向かう。場所は「豊間根地区産直販売組合 よっておでんせ市」。会場名を知らずに出発するという相変わらずの杜撰さで、ちゃんと通り越し、峠一つ越えてUターンする。ふたたび大行列が見える。
b0067012_1634622.jpg

猛烈な勢いで準備。中でやらずに外に並べているわけではない。並べきれずにはみ出した物資である。とにかく、すごい量で、、
b0067012_1681696.jpg

途中宮古で買い足して貰った湯たんぽも、ちっとは戦力となるかなと案じるが・・・
ロクちゃんぽん母さんの写真、たまりんしゃんのリポにも有るとおり。バーゲン会場のような素早さで消え去りました。

恐るべし、湯たんぽ。
b0067012_169890.jpg

すべて終了しての記念撮影。現地のおばちゃん達もいい笑顔であります。

その後、遠い山形へ帰るロクちゃん達は先に発ち、佐々木のおばちゃんちに寄り山野草・米・きうりの漬け物など膨大な頂き物を。
何しに来たんだか分からないくらい重くなった車体で、再び国見へと向かい、途中山田で八戸ちょび隊と別れ、盛岡近くで
ぽん母部隊と別れ、ひめポチ家・たまりん家・cooしゃんとで国見到着。 また8時半。
b0067012_16175314.jpg


19日(水) たまぞう改造計画などを練りつつ、ゆるゆるだらりと過ごす。
b0067012_1619675.jpg

たまぞうも風呂に入り、
b0067012_1619254.jpg

ひめポチずも風呂に入り・・・ なんだこれ
013.gif
b0067012_16243088.jpg

ひめポチの聖地巡礼に、みんなを付き合わせ、


そして夕刻、なんだかすっかり大人しゅうなったたまぞうと一泊二日の内陸ツアーを満喫したたまりんしゃんを伴って、遠野に。
b0067012_16201657.jpg

ここでお二方をたまりん家のじぃじとばぁばに受け渡し、すべてのミッション終了。みたび国見に帰り、温泉・食事・だらだら・車の清掃と
次の日一日を過ごし、21日にネリマへと帰ってきたのであった。あ、気になるでしょう天気。 ちゃんと・・・057.gif雨でしたよ057.gif
那須高原を過ぎたら、霧雨なのに土砂降りなんでやんの。さすがだなのよ。

とりあえず、ダイジェスト紹介、終わり。はい、誰がいつ来て何に参加したか、ちゃんと覚えてて言える人~。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
by degipochi | 2011-10-23 15:00 | 大地震 | Comments(17)
スーパーダイジェスト of 第五次ひめポチキャラバン隊
まず、ご支援くださったすべての方に、無事に帰ったご報告とどこも盛況であったお礼を申し上げます。

ほんとうにありがとうございました。

では、ダイジェストいきましてよ。

10月15日(土) 14日の夜10時キャラバンを借り出したひめポチキャラバン隊は、男手の多さのおかげでアッと言う間に積み込みを
完了し11時には一時解散。丑三つ時にふたたび集合し、なんとほぼ時間通りに出発したのであった。6泊7日、東北譲渡会と
たまりんさんお疲れ慰安の旅。
b0067012_872751.jpg

大雨は降っても、これは恒例。つつがなくキャラバンは進行し、6時には那須高原SAにてもなか家、ペットライフチームと合流、
途中国見SAを経て仙台北部道路→三陸道とはいり矢本PAにてりん家と合流、挨拶した後ここで初めてカルガモのようになって
隊を成し三陸道を南三陸に向けて進むも、途中あえなくキャラバン号が勘違いにてインターを降りてしまい行方不明になる。
教訓 沿岸部では都市の中でも携帯の圏外が多くなります。団体行動には無線が望ましいでしょう。アトノマツリ
b0067012_812064.jpg

でもまぁなんとか個別に5台ともマリンパルに到着し、子供達の大歓迎の元お楽しみ会のような譲渡会が開催される。写真りんしゃん。

この後道を渡ったホテル観洋にて自由に昼食。東京の参加者全員口を揃える、絶品海鮮丼を頂く。
b0067012_8453989.jpg

りんしゃん、あなたもカルチャーショックだったかもしれないが我々も相当ショックだった。ありが当たり前な環境は東京的には当たり前ではない。
こういうことひとつひとつが相互理解につながるのだと思う、三陸の海鮮丼でした(一部北海道産であるにしても)。
昼食後自由行動。歩くも良し買い物するも良し、まずはじっくり南三陸を見ていただくことにし、平貝のおばちゃんちに毛糸調達。
あったか上着を渡しに行ったのに柿とミカンと大量にご馳走になり、マリちゃんに至っては愛犬の形見とも言えるジャーキーを代わりに食べてとすべて貰い受ける。その後気仙沼へ。
b0067012_88843.jpg

本店は倒壊状態だがかろうじて津波を免れた、男山の醸造倉を探し、お約束通り急坂の路地に入り込み難渋する。
でも新酒は買えた♪ ここで後発部隊のいとこカー合流。助手席まで埋まった物資に良く捕まらなかったなと感心しきり。
存外男山で時間を食ってしまい、お魚いちばは諦め(水位が危険)、それぞれの本日の宿を目指し解散。ナビの指示する道は、
b0067012_882544.jpg

気仙沼の中でもとりわけ凄惨な一角だった。船の大きさを見よ。匂いも市街地の水没も著しく、6月にでもタイムスリップしたかのよう。

気を取り直し、遠野は徳田屋旅館へ。部屋にはすでに布団も敷いてあり、寝たい衝動を振り切って食事するのは大変だった。
b0067012_884378.jpg

同じ頃、トモチカくん・いとこなど男衆は住田町基地へ、もなか家は水沢へ・・・のはずがなぜかみりんちゃと盛岡・三千里で夕飯。
体力あるな。あるのか?

10月16日(日) 雨は上がる。朝9時に遠野道の駅にて、りん家・ペットライフ・もなか家・りー家集合。キャラバン組んで高田を目指す。
竹駒町の仮設マイヤにて住田町組、秋田のヒナタ家と合流する・・・が、後続のりん家・もなか家が見あたらない。竹駒のGSで別れ、すぐ合流と思ったら、、、 なぜか被災した市街地に迷い込んでいた。今は一般車両進入禁止です(建前は)。
b0067012_9291571.jpg

なんとか集合、採れたてランドで買い物もし、そのまま8台で高田のおばちゃん宅に行って物資搬入の暇も与えられず、つみれ汁・栗ご飯・おばちゃんがさばいたかつをなどを振る舞われる。ものすごい量。新しくシェパードの子犬がいた。マリン・二ヶ月半。
b0067012_9342196.jpg

ふたたぴ8台連ねて、いよいよ大船渡に向かう。楽勝で着くはずがまずキャラバン号が信号で千切れて行方不明。回収に時間がかかり、焦ったかバイパスと市街地へ行く道路を勘違いし、ついに道に迷う。
連絡は先頭の自分が走って口頭にて「間違えましたっ」戻ってまた走って、「方向転換しますっ」で左折しようとしたら駅(の残骸)周辺は、道路水没・瓦礫散乱など状況悪く、そのまま45線に出てUターンし、もう一度住宅地を抜けようとチャレンジして、ついに本当に水没した道路に立ち往生する。一台ずつ方向転換。
待ち合わせに遅れること30分、現地の有志の方の案内にて、仮設巡りをする。
b0067012_947343.jpg

二カ所はぞろぞろと行き、一カ所はムズカシイエリアとのことで(いや最初のとこだって、相当な場所でしたがね)二台だけ行き、
もう一度行けと言われても辿り着かない。よくあの重いキャラバン号が登り切ったもんだ。「先生っキャラバン君がいませんっ」しばしば。
b0067012_9454448.jpg

地元で個人でも精力的に活動されている、タケノ文具店さんにも、かなり置く。看板ネコが3匹居るらしい。そして最後に、
b0067012_9514860.jpg

YOSHONO珈琲店さん。 リポートは、ヒナタちゃんりんしゃんりーしゃん
ここで、毛糸・生地・服・ツリー・はんてん・食器に本・・・ あらかた無くなり、残りは三陸鉄道・盛駅に置いていただく。めでたく完売♪

キャラパン号はすでに帰途に着き(ほらレンタカーだから、10時になると魔法が解けちゃう)、いとこ号も帰京、トモチカ君は盛岡へ、りー家・ヒナタ家・もなか家は一路遠野経由で帰宅、ひめポチ号と一足先に帰ったペットライフ号は同じルートで国見へ、なぜかりんしゃん号だけナビに騙されふたたび陸前高田へ・・・・ なぜそんなに高田に呼ばれる007.gif

ようやく8時半に着いた国見は、ビールが旨かったっす。
b0067012_107269.jpg

はい、確かに君は飲んでません(笑)。 これで、前半終了~。 まだまだまだ続きましてよ。
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ


by degipochi | 2011-10-23 08:41 | 大地震 | Comments(3)