たい焼きの春
ちょい前だけど、徒歩10秒のとこにたい焼き屋が出来て、ひめポチ達は熱烈歓迎ちう。
b0067012_23112298.jpg
慣れない手際とたい焼きの型だったのか、最初はおいどーするこの後。て味だったんだけど、みるみる向上。
b0067012_23113963.jpg
今では、どこに出してもおかしくない(自分の店かい💦)たい焼き専門店である。

週替わり、気まぐれと変化球も多い。

しか〜も。焼きたては羽根付きである。
さらにその羽根が、時にやたらとゴージャスなのである。

羽ばたけるんじゃないかってくらい。
b0067012_23115163.jpg
なので、💕絶賛熱烈大歓迎💕て事になるんだが、
時に、
b0067012_23120527.jpg
誠に残念ながら、
b0067012_23121360.jpg
中身がチョコだったりすることも、あるんだな。
b0067012_23190864.jpg
じゃん。

ほら、気まぐれだから。

チョコも美味しかった。けど、これ果たしてたい焼きなのか?て疑問はわく。

他にもピザとか、りんごペーストとか、サラミみたいのとか。でも、どれもなんとなく成立してるから、たい焼きってスゴイ。

あ、今の季節のオススメは桜餡です。これはふつーに美味いよ😋
b0067012_23224263.jpg
桜なら食べられるからちょっと寄越すでち〜〜(涎)

# by degipochi | 2018-03-17 23:10 | Comments(0)
またこの日が巡ってくる

待ち望んでいるわけでもないけれどまたあの日がめぐってくる。
b0067012_09585624.jpg
3月11日。

7年前の、3月11日。
b0067012_09581543.png
(写真は2011.4.1 釜石・大槌・陸前高田)

あえて当時の写真をあげたのは、特に東京など都会に於いて、あまりにも「過ぎた話」という空気が強くなっているからです。

場合によっては、タブーなのか? というくらい強く「スルーしたい感」を感じることもあります。
遠すぎるのか? それとも個人がどうこう出来ない規模だから躊躇して一歩下がるのか? もう7年経つし、と本当に単純に信じるのか?

確かに。
b0067012_10111768.jpg
三鉄は全面再開しました。
(写真は2014.4.5の三鉄南リアス線盛駅)
b0067012_09593874.jpg
難工事を乗り越えて、島越駅も復活しました(2014.4.6)。
 
b0067012_10110367.jpg
待ち望まれて復活した三鉄は、今日も、あたりまえに走っているのでしょう。

いのちの道路と言われる三陸道も、信じられないくらいのピッチで開通、延伸を続けてます。
b0067012_10160178.jpg
行きにくかった南三陸も、山をぶち抜いて出来た道路のおかげで、一気に近くなりました。

移転なった、本設の「さんさん商店街」
b0067012_10173055.jpg
明るく、広々と。駐車場も整備され、観光される方にとってはいい立ち寄り場となっているようです。

しかし、海を直に見る立地で風が強く、夕方になると一気に冷え込むことも。以前のさんさん商店街に比べて飲食店も減ってしまったようです(入居料がね・・・)。
b0067012_10181992.jpg
そもそも、三陸道がずっと北まで繋がったら、わざわざここに降りる人はどれだけいるんだろう。。。
b0067012_10233551.jpg
陸前高田。
b0067012_10300766.jpg

旧市街をすべて埋め尽くす、という桁外れのかさ上げをものすごい勢いで終え、
b0067012_10250089.jpg
はやくもその上に、東京か神奈川の郊外にでもあるような、洒落た明るい町を作り上げています(2017.9.21)。

一見、どこまでも吹き抜けるように平らでまっすぐで、新しい良い町の印象を受けますが・・・すでに20センチも沈下している場所もある、と先日ニュースにもありました。折々、造成の経過を見て来て、それは当然と感じます。20センチどころではない沈下が起こるでしょう。

さまざまな利権、さまざまな地形的な条件などが重なって、ここに大きな人災が起こる可能性はかなり高い。

町が再生する、と言っても、町の形が残っての再生と、完全に消えた町があたらしく作り直されるのでは、まったく意味がちがいます。
5年かそこらでなんとかなるものではないはず。

これと同じことが、東京で起こったら?

堅牢な建物が多いからだいじょうぶという話ではないはずです。
人口・インフラ・食料など、まったく桁外れの東京。

東北のいくすえをきちんと見ずに、いつ来るかわからぬ首都大災害に対応できるのだろうか。


そんなことを考える、3月11日にしたいですね。



# by degipochi | 2018-03-11 10:41 | Comments(0)
サラっぴの夢ついえる
昨日の、サラっぴが全部食べたいって夢見てた(実は大変恐れ多いことなんですよ)、新カステラ桜味さんですが、
b0067012_01061511.jpg
そりゃあとの祟りが恐ろしいから、ひめぽっちゃんにもお裾分けしましたさ。

ほんとにちょっとだけね。

そしたら・・・・


b0067012_01062230.jpg
肉食獣がちっちゃな獲物を丸かじりするような迫力で、もぎ取られました。

いたいけな、ふわふわで溶けちゃいそうなカステラだったのに。。。。

あげく「喉ごしだけじゃないの。ちっ。足らねーよ」とのことです。
感謝の無い犬だ😓


そしてこちら(人間側)は本日、この不安定な台風みたいな天気の中、久しぶりに外食。

b0067012_01063267.jpg
驚くなかれ、店内どう見ても平成に増えたものはひとつもなかろう、という超「昭和」な食堂にて、シェフやコック長が作るのではない、「昭和な中華」を満喫。

五目チャーハンもギョウザもよく分からないハムカツも、カツからポテサラから焼豚まで乗ってるサラダセットも、なんだかみんな懐かしく旨かった。
b0067012_01064287.jpg
石神井公園の辰巳軒。

ほんとに、ビックリするくらい昭和。でも、安く旨く、おばちゃんも親切。こういうとこホッとする。犬禁かどうかは知らない。


なんにしても・・・・・

b0067012_01065041.jpg
サラっぴわぁ。もうちょっとサラっぴだけ多く、食べたかったでちね〜。
(ねーちゃと競争して食ったおかげで、ほぼ食べた記憶なし)


# by degipochi | 2018-03-06 01:05 | Comments(0)
ひな祭りにカステラを
ひな祭りさん。

可愛いサラっぴに、て 美味しいさん届きました。
b0067012_00435028.jpg
新カステラしゃん🎶

焼きたてふわふわの、スポンジケーキとカステラと蒸しパンが混じったみたいな不思議なオヤツ。
b0067012_00462729.jpg
しかも、季節限定。サクラ味のカステラしゃんまであるでち。

これ、ぜんぶぜんぶ、サラっぴにどうぞ。でちて。
b0067012_00463568.jpg
みんな食べちゃって良いからね、でちて。


嬉しいでちね、サラっぴわ✨🎶✨🎎✨



てな夢を
b0067012_00465794.jpg
見ている若人でありました。

幸せだなおまえ。

もし、リアルにそんなことが起こったら
b0067012_00471472.jpg
ただじゃ済まないと覚悟さないだなのよ。

3月3日のひな祭りは、ナゾの戦い😅

# by degipochi | 2018-03-04 00:42 | Comments(6)
サラっぴの日常
ねーちゃといっしょだと、どうにも次女キャラなサラっぴでち。
b0067012_00453606.jpg
この、いくつになっても濃いキャラの大御所には敵いませぬ。
b0067012_00455048.jpg
なんちう立派な佇まい。。。

なので、ねーちゃが寝ているときくらい、ちっと頑張ってみる。
b0067012_00414821.jpg
なにをって?

そりゃー ねーちゃを(ちょっとだけ)越えている自分を頑張っているでちよ。

ほら。
b0067012_00424063.jpg
頑張ってサラっぴ、ねーちゃを枕さんにしてるでち。ねーちゃのお尻さん、ちょうど良い高さなんでちね。

・・・ねーちゃ、起きないでちよね。


とまぁこんな風に、永遠の次女キャラは、8才になっても8歳半になっても、いつまでもねーちゃを越えられないのであった。

ねーちゃの壁、果てしなく高し。


いま、たまたまサラっぴだけ一人横のソファで寝てるんだけど、
b0067012_00441682.jpg
なんだかね〜 絵にならないの。

所在なげっちうか、
b0067012_00410993.jpg
苦悶の表情にしか見えん。

鼻つぶれ 子ブタのような イビキかな

やっぱりあなたは、ねーちゃのお尻を抱えて寝てなされ。


# by degipochi | 2018-03-03 00:57 | Comments(0)